愛犬と遊ぶときに飼い主がやってはいけない『絶対NG行為』5選

愛犬と遊ぶときに飼い主がやってはいけない『絶対NG行為』5選

みなさんは愛犬と遊ぶとき、どのように遊んでいますか。おもちゃを使ったり、頭を使ったりとさまざまな遊びを提案していると思います。今回は、愛犬と遊ぶときに飼い主がやってはいけないNG行為を紹介するので、遊びの参考にしてくださいね。

お気に入り登録

愛犬と遊ぶときに飼い主がやってはいけない絶対NG行為

ディスクを掲げる女の子ととろうとする犬

愛犬と楽しく遊ぶ時間は、コミュニケーションの一環としてとても大切です。しかし、遊び方を間違えてしまうと、愛犬の体に負担をかけたり、関係性が悪くなったりする恐れがあります。ここでは、愛犬と遊ぶときに飼い主がやってはいけない絶対NG行為を紹介するので、正しい遊び方の参考にしてくださいね。

1.二足歩行で歩かせるような遊び

意外とやりがちなNG行為に、愛犬と遊ぶことに夢中で、愛犬に負担をかける体勢をとらせてしまう遊び方があります。

おもちゃを高く掲げて、愛犬に二足歩行させて遊んでいませんか。一見、簡単に二足歩行しているように見えますが、犬は四足歩行が基本です。そのため、二足歩行は後ろ足を痛めたり、腰に負担をかけたりしてしまいます。

この行為を長年続けていると、後々、椎間板ヘルニアや膝を痛める原因となってしまいます。愛犬の健康にためにも、できるだけ二足歩行をさせない安全な遊び方を提案しましょう。

2.引っ張り合いの中で強い力で引きずる

引っ張り合いをする犬

縄のおもちゃを使い、引っ張り合いっこして遊ぶ飼い主は多いですよね。実際、犬の狩猟本能を刺激するため、犬の遊びとして最適です。

しかし、引っ張り合いをする中で、飼い主が力を強く入れすぎてしまうと、愛犬をずるずると引きずってしまうことがあります。あまりにも強い力で引っ張ると、愛犬の足腰や顎を痛める原因となるため、注意が必要です。

引っ張り合いの遊びをする時は、愛犬の力加減や体格に合わせて、負担をかけない程度の力で引っ張ったり、引っ張られたりして遊びましょう。

3.フローリングの上で全力疾走

階段を全力疾走する犬

最近では床がフローリングになっている家が多いですよね。フローリングは、ツルツルしているため、犬にとっては歩くだけでも少しずつ疲労が蓄積しやすいと言われています。

そんなフローリングの上を全力疾走するような追いかけっこやボール遊びをしていると、足腰に負担が掛かってしまい、ヘルニアの原因となったり、転倒して体を強打してしまう恐れがあります。

室内で走り回らせてあげたい場合は、ジョイントマットなどを使用し、ツルッと滑って転倒しないようにしてあげましょう。

4.犬にまったく勝たせようとしない

愛犬と遊ぶ際、飼い主側もヒートアップしてしまい、なかなか犬に勝たせようとしない人がいますが、これは犬の自信を喪失させてしまう恐れがあるため、NGです。

遊びを通して、犬に達成感や満足感を得てもらうことは、犬が自信を付けたり、ストレスを解消したりするために大切です。まったく勝たせていないとストレスが溜まる一方なので、飼い主との関係性も悪くなってしまう恐れがあります。

5.興奮させすぎてしまう

興奮した様子で遊ぶ犬

飼い主と遊んでいると、徐々に興奮状態に陥る犬は多いです。そのまま興奮させすぎてしまうと、必要以上に体力を消耗してしまったり、犬が自分で感情のコントロールができず、しつけに悪影響を与えたりするため、興奮させすぎはNGです。

我を忘れるほど興奮し始めた場合は、一度「待て」や「お座り」などのコマンドで落ち着けてから、再度遊びを再開してください。

そうすることで、興奮しすぎによる攻撃的な行動や体力消耗を防ぐだけでなく、飼い主の指示を聞くというしつけにも繋がります。

まとめ

庭で遊ぶ女の子と犬

いかがでしたでしょうか。愛犬と遊ぶ際、お互いが思いっきり楽しむことは大切ですが、間違った遊び方をすると、愛犬の体に負担をかけてしまうことがあります。安全に遊ぶためにも、今回紹介したNG行為は避けてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。