『犬を幸せにする方法』4選

『犬を幸せにする方法』4選

この記事では「犬を幸せにする方法四選」をテーマに、愛犬を幸せにする様々な手段を紹介します。身近なことから幸せにする方法は存在しますのでぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬を幸せにする方法その1:犬の正しい知識を身につける

机の上で本をくわえている子犬

犬を幸せにする方法としてまず紹介するのが「犬の正しい知識を身につける」です。犬のことを理解して正しい知識を身につけるというのは、より愛犬との距離を縮めるのに大切なことです。

距離を縮めることによってワンちゃんも飼い主さんに対して一層信頼できるようになり、一緒にいることが嬉しいと感じるようになります。そして、このような関係が続くことによって愛犬は飼い主さんと出会えて良かったと思えるようになり幸せになるはずです。

そのため、愛犬の犬種や、愛犬自体のことでまだまだ分からないことがあるのであれば、正確な知識を身につけるようにしてください。

犬を幸せにする方法その2:愛情を伝える

頭と頭をつけている飼い主さんと犬

次に紹介する犬を幸せにする方法は「愛情を伝える」です。飼い主さんの愛情は愛犬に伝わっていますか?いくら好きで可愛がっていたとしてもその気持ちが間違って伝わっていたら愛犬は飼い主さんの正確な気持ちが分からないままです。

犬の性格や環境の違いによって様々ですが、愛犬に対してどのように接したら愛情が伝わるかをよく考えた上で行動したら、きっと幸せだと感じてくれるはずです。

犬を幸せにする方法その3:好きな事をさせてあげる

サングラスをかけている幸せそうな犬

また、「好きな事をさせてあげる」ということも犬を幸せにする方法の一つです。

ルールを守らせるためや、問題行動をするためにしつけをすることは当然のことです。その際に愛犬の行動を一時的に規制することがあるかもしれません。この行動はルールを教えるために仕方のないことです。

しかし、愛犬が何かしたわけでもないのに行動を規制して、好きなことをさせてあげないのは窮屈な思いをし、幸せと真逆の感情を抱いてしまうかもしれません。そのため、場合によっては事前に規制しなくてはいけない愛犬の行動があるかもしれませんが、なるべく好きなことをさせてあげると幸せだと思ってくれるはずです。

犬を幸せにする方法その4:ストレスを与えない

走っている幸せそうな犬

最後に紹介する犬を幸せにする方法は「ストレスを与えない」です。人間も同様ですが、ストレスが多いと幸せから遠ざかってしまいます。

そのため、ストレスを与えないような暮らしを愛犬とすることで幸せだと思ってくれるはずです。犬はストレスが多いと何かしらの行動をします。普段から愛犬の様子を見てそのような行動をしていたら、ストレスが多いというサインでもあるので、ストレスフリーな環境を作るようにしてみてください。

まとめ

飼い主さんと愛犬の手

このように愛犬を幸せにする方法はいくつもあり、共通していえるのが愛犬に寄り添い犬のことについてよく理解するということです。

ワンちゃんは話すことが出来ないので声の大きさや高さ、普段からの振る舞いなどの行動でしか気持ちを伝えることが出来ません。そのため、飼い主さんがワンちゃんのことを好きであるという気持ちが伝わる態度を普段からするようにして、出来るだけ時間を使うと愛犬も飼い主さんと一緒にいて幸せだと思ってくれるはずです。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。