犬の目から涙が出ているときに考えられる原因3つ

犬の目から涙が出ているときに考えられる原因3つ

わんこは人間のように悲しくて涙を流すことはありません。ですが目の疾患など健康上の問題のために涙が出ることがあるので、そんな場合は注意が必要です。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の涙の仕組み

犬の目のアップ

そもそも犬の涙はどのようにつくられるのでしょうか?涙が生み出される基本的な仕組みは人間と同じです。

涙はまず上まぶたの裏側にある涙腺で作られ、結膜から分泌されます。分泌された涙の役割は、この結膜や角膜をうるおすことにあります。結膜や角膜を十分にうるおし役目を終えると、涙は目頭にある涙点という穴に吸収され、鼻涙管を通って鼻に流れていきます。これら涙の分泌にかかわる器官を総称して涙器と呼びます。

通常であれば涙は分泌されても鼻に流れていくため、目からあふれること、すなわち涙が流れることはありません。しかし、この一連の流れの中に何か異常が生じた場合、涙の量が増えたり減ったりといった症状が現れることになるのです。

1.結膜炎

病院で目を診察されている犬

わんこの目のトラブルで最も多いのが結膜炎です。結膜炎とは名前の通り、結膜に炎症ができる疾患です。結膜炎は人間でもよく聞きますよね。わんこの結膜炎も人間の結膜炎と同様、かゆみや痛みが生じて涙や目やにが大量に分泌されます。

原因

結膜炎の原因は大きく2つに分かれます。1つはゴミが目に入ったことや強くこすったこと、シャンプーや薬剤が目に入ったことなどによる外的な刺激によるもの。もう1つはウイルスや細菌による感染性のものです。前者はほとんどの場合、刺激を受けた片方の目だけに症状が現れるため明らかです。

2.流涙症

涙目になっている犬の顔アップ

名前の通り、常に涙があふれて止まらなくなる疾患です。涙が止まらないと目頭に炎症ができるのはもちろん、涙と一緒に分泌される目やにで目の周辺や鼻の脇が汚れて湿疹ができることもあります。

原因

先ほどご紹介した結膜炎で涙の量が増えたり、涙を排出するための器官である鼻涙管がつまったりすると、涙の排出ができなくなって行き場を失った涙があふれ出る場合があります。

3.ブドウ膜炎

ウインクしている犬

ブドウ膜とは聞きなれない名称ですが、眼球の内側にある虹彩、毛様体、脈絡膜の3つを総称したものです。この血管の多いブドウ膜に炎症が起こるのがブドウ膜炎です。この部分が炎症を起こすと組織内で出血が起きたり、腫れ上がったり痛みが生じたりするため、犬が気にしてこすったりすることで涙が多量に出ます。

原因

ブドウ膜炎のはっきりした原因はまだ解明されていませんが、こちらも結膜炎が遠因となって引き起こされる場合や、細菌やウイルスの感染による場合もあります。また中毒やアレルギー反応の一部として起こった例も報告されています。

まとめ

犬を抱っこした飼い主と話す獣医師

いかがでしたでしょうか?目は視覚を司る重要な機関であることから、目にまつわる疾患は飼い主さんも特に心配になってしまいますよね。また目の疾患で厄介なのは、内科療法の場合に目薬が処方されることが多いこと。

人間でも目薬が苦手な人は少なくないですから、素人が嫌がる愛犬に目薬をさすのは大変苦労します。ともあれ、病気の発見が遅れて愛犬の視力を奪われることになっては一大事です。おかしいなと感じたらすぐに動物病院を受診するようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。