犬にとってNGな『おしゃれ』4選!ヘアカラーは危険?マニキュアもあるって本当?

犬にとってNGな『おしゃれ』4選!ヘアカラーは危険?マニキュアもあるって本当?

近年、犬のおしゃれは幅広く展開されるようになりました。洋服や靴、ヘア飾り…ある程度ならば、共有の楽しみとして許容できますが、行き過ぎると犬にストレスがかかったり、健康に悪影響を及ぼしたりするので注意しなければいけません。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬のおしゃれは幅広く展開!でも…

おしゃれをしてポーズをとる3匹のトイプードル

ここ10年ほどで、犬のおしゃれコンテンツはとても拡充してきました。犬の洋服や靴などの被服類はもちろん、その他にも美容コンテンツが増えてきているように思います。

飼い主と飼い犬が一緒に楽しめるコンテンツが増えている一方、行き過ぎたおしゃれによって、犬にストレスを与えてしまったり、犬の健康に悪影響を及ぼしたりしているケースも度々起こります。

こうした例を見ると、愛犬にかわいい姿をしてもらいたいと思う飼い主は多いですが、犬はアクセサリーではないということを今一度、再認識するべきタイミングが来ていると言えます。

犬にとってNGな『おしゃれ』4選

耳に飾りをつけた犬

犬のおしゃれは幅広く展開されるようになりましたが、その中には、犬にとって不快に感じるおしゃれや、実際に健康被害が出ているおしゃれもあります。では、どのようなおしゃれが悪影響を及ぼすのでしょうか。

1.過度な装飾の付いた服

一昔前から販売されている犬の洋服は、現在ではたくさんのデザインや素材の物を見かけますよね。中には、飼い主さんとペアルックを楽しめる洋服もあります。

しかし、犬の洋服に過度な装飾は必要ありません。ジャラジャラと装飾が付いていると、犬も気になってしまいストレスが溜まりますし、噛み千切って誤飲の原因となることも考えられます。

また、アレルギー体質の犬であれば、装飾の素材によってアレルギー反応を引き起こすこともあります。装飾物を気にしてかじっているうちに外れてしまい飲み込んでしまうと大きさによっては腸が閉塞してしまい命に係わるかもしれません。犬の洋服は、基本的に機能性を重視し、装飾もできるだけシンプルな物をチョイスし、その中からかわいい洋服を選ぶようにしましょう。

2.毛を染めるヘアカラー

赤いかつらをかぶるジャックラッセルテリア

近年、犬の毛にカラーリングするサービスを展開しているサロンがあることをご存じでしょうか。意外と多く、トリミングサロンなどでカラーリングというサービスがメニューに加えられている店舗も珍しくありません。

しかし、人にも同じことを言えますが、毛を染める行為は毛を傷める行為です。犬の毛は人間の毛ほど強度が強くないため、犬の重要な要素である毛を傷めてしまうことに繋がります。

また、カラーリング剤が皮膚に付いてしまうと、人間よりも弱い皮膚を持つ犬は、皮膚炎を引き起こすなど健康被害が出てしまうケースもあります。ヘアカラーは必要なおしゃれではありません。健康被害が出るリスクを考えましょう。

3.爪に色を塗るマニキュア

マニキュア瓶とビーグル犬

最近、カラーリングだけでなく、犬用のマニキュアも販売されるようになりました。しかし、やはりこちらも犬にとっては必要なおしゃれではありません。基本的に、犬には無害な材料を使っているマニキュアが大半ですが、犬にとって、爪によくわからない物を塗られるという行為そのものがストレス要因となります。

また、マニキュアによっては、毒性のある材料を使っている商品もゼロではありませんし、マニキュアを塗った爪からマニキュア独特の臭いが漂い、その臭いにストレスを感じる恐れもあります。おしゃれはすべて飼い主の判断ではありますが、愛犬にとって悪い影響を与える可能性のある物は、できるだけ控えるべきでしょう。

4.厳つい装飾の首輪

犬の首輪も様々なデザインの物がありますが、首輪にジャラジャラと装飾が付いていたり、硬めの素材を使った装飾が施されたりしている場合、犬の首に刺激を与えている恐れがあります。

金属に反応して皮膚炎を引き起こすこともありますし、装飾が当たり、こすれて皮膚を傷めてしまうことも珍しくありません。あまり派手な装飾や厳つい装飾は避け、愛犬が常に着けていても、皮膚に悪い影響の少ない首輪を選んであげてくださいね。

まとめ

洋服を着て芝生に伏せるチワワ

いかがでしたでしょうか。愛犬がおしゃれな格好をしてくれると、飼い主としては「かわいい!」と思うかもしれません。しかし、その裏で愛犬がストレスを感じていたり、健康上問題が起こる可能性もあることを理解しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    犬は着せかえ人形でもコスプレイヤーでもない。過度な装飾、過度な洒落など犬には不要、犬が洒落ようなんざ思わない。犬は犬として尊重するのが飼い主だろう。そもそも何ために犬飼った?可愛いが理由ならそのままで良くね?犬の装飾は全て機能性で選ぶ。俺もそう。服も首輪も生活用品も全て機能で選ぶ。無駄なことに金はたくより愛犬の為に本当に必要なことに金はたいたほうが良い
  • 投稿者

    40代 女性 匿名

    我が家のわんこ達は肌トラブルを起こしやすいので、機能性重視の服を着せています。
    例えば、夏はUVカットで熱を吸収しない薄い色で天然素材の物だったり、冬の散歩は動きやすくて暖かい素材の腕と脚もカバー出来るフルガードタイプを選んでいます。
    値段や可愛いデザインに惹かれがちではありますが、購入時に少しお値段がはっても結果、わんこ達がストレスなく快適に過ごせる服を選びたいと思っています。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。