犬から嫌われている時のサイン4選!どんな人が嫌われやすいの?

犬から嫌われている時のサイン4選!どんな人が嫌われやすいの?

自我や好き嫌いがハッキリしている犬は時々人を嫌うことがあります。もし犬と触れ合っている時に今からご紹介する仕草や行動を見かけた場合は犬から苦手だと思われているかもしれません。そもそも犬はどのような特徴を持つ人を嫌いだと感じやすいのでしょうか。

お気に入り登録

1.目を合わせてくれない

何かを見つめるトイプー

犬と触れ合っているときに全然目を合わせてくれない。顔を背けられてばかりいる。そんなときは残念ながら犬に苦手だと思われている可能性があります。

犬が相手と目を合わせないときは『敵意がない』ことを相手に知らせていることが多いそうですが、「僕に構わないで」と相手からの興味をなくそうとしてわざと視線をそらすこともあったりします。

2.あくびをする

あくびする犬

知り合いの犬と一緒にいるとき、その犬が頻繁にあくびをすることはありませんか?もし心当たりがあるのでしたら「この人苦手だぁ~…」そう犬に思われているのかもしれません。

犬は人間と同じように眠たいときやリラックスしているときにあくびが出ることがありますが、緊張や不安を感じているときにもあくびをすることがよくあるのです。なんでも犬はあくびをすることでネガティブな気持ちを落ち着かせようとしているのだそうですよ。

ちなみに犬が仰向けになったりあなたにじゃれたりしながらあくびを行う場合は、反対に安心感を得てリラックスモードになっている可能性が高いといえるでしょう。

3.前足をあげる

犬の足

犬と触れ合っているときに、その犬が片方の前足を痛めたかのようにクイッと上げている。そういった場合も犬に嫌われていたり不安な気持ちにさせている可能性があります。

犬は不安や緊張といった気持ちになると片方の前足を上げることが多く、私の経験から言わせていただきますと大きな声で話す人や乱暴な言動をするいわゆる『怖い人』の場合、犬は前足を上げて「この人怖いよ~…」とサインを出すことが多いように感じます。

4.攻撃的な態度をとる

唸る犬

犬は「この人に近づかれたくない!」と強く苦手意識を感じていると、相手の人に対して攻撃的な行動を行うことがよくあります。たとえば嫌いな人から体を触られそうになったり近づかれたりすると…

  • 連続的に吠える
  • 歯をむき出しにする
  • 唸る
  • 本気で噛む

といった攻撃的な行動を行って嫌な気持ちを伝えることは珍しくありません。犬がこのような攻撃的な行動を行う場合はかなり嫌われている。もしくは警戒されている可能性が高いといえますので、犬に好かれたいのでしたら嫌われる原因を改善するか少しずつ信頼関係を築くことが大切といえるでしょう。

どんな人が嫌われやすいの?5つの特徴

スキンシップをする人と犬

ではどういった人が犬に嫌われやすいのでしょうか。よく知られている犬に嫌われる人の特徴を5つ見てみましょう。

1.触り方が荒っぽい

犬と触れ合うときに触り方が荒い。力をいれながら毛をクシャクシャと撫でている。そういった人は犬から嫌われる場合が多いといえます。私たち人間も頭を思いっきりグシャグシャに触られると「やめてくれー!!」って感じてしまいますよね?犬も同じなのです。

犬と人間とでは力の差がかなりあり、特に小型犬の場合は力を入れて撫でると体に強い衝撃を与えてしまいますので嫌われやすい傾向にあります。ですので触るときは犬が心地良く感じるように力を抜きながら優しく撫でてあげてくださいね。

2.声が大きい・低い声で話す。

声が大きな人も犬に嫌われやすいといわれています。臆病な犬は近くで大きな声を出す人がいると「ビックリするからちょっと苦手…」と感じやすいといえるでしょう。

また、『低い声』も犬は苦手な傾向にあります。低い声を聞くと犬が「怒られている…」と感じやすいので男性は犬に嫌われやすい。という話は割と有名だったりします。しかし、あくまでそういった傾向にあるだけで実際には例外がたくさんあるといえるでしょう。

3.犬がビックリする行動をしている

犬がビックリしやすい行動をとる人も犬に嫌われやすいといえます。たとえば犬の近くでいきなり大声を出したり、寝ている犬に対して勢いよくスキンシップをしたり…。後ろから急に抱っこしたりと犬を驚かせてばかりいる人は犬から苦手意識を持たれやすく「この人の近くにいると寿命が縮んでしまう~…」そう思われてしまうことでしょう。

また、ビックリさせてばかりいると信頼関係も崩れやすくなってしまいますので、愛犬を驚かせてばかりいる場合はビックリさせないようにすることをおススメします。

4.あまり仲良くないのにフレンドリーすぎる

信頼関係が築けていないのにもかかわらずいきなり犬とフレンドリーに接する。そういった行為も犬に嫌われやすいといえます。たとえばあなたは初対面の人にいきなりハグをされたり頭を撫でられたらどう感じるでしょう?ほとんどの人は「うわっ!気持ち悪い」「何この人…怖い…」そう感じることと思います。

犬も同じなのです。全然仲良くない人や初対面の人に馴れ馴れしく触られると嫌な気分に感じやすかったり怯えたり。警戒して攻撃的な行動を行うことが多いといえます。

もし犬との触れ合い方が分からない場合はまず飼い主に犬と触れ合っても良いか聞いた後、少し距離を置きながら犬の反応を見てあなたに興味を持ってくれたら話しかけたり少しだけ撫でて触れ合うようにしましょう。ちょっとずつ距離を縮めていくことで安心感を与え犬に好かれやすくなりますよ。

5.犬が苦手に感じるにおいを身にまとっている

犬は嗅覚がとても優れているのでニオイにとても敏感です。そんな犬は苦手に感じるにおいを身にまとっている人を嫌う傾向にあります。

  • タバコ
  • 香水
  • お酒
  • 柔軟剤の香り
  • 化粧品

など、人工的で強いにおいのするものは犬が苦手な場合が多いといえます。特にタバコや香水、お酒といったものは指先ににおいが染みつきやすいので、犬が手のにおいを嗅いだときに「うわっ!このにおいは苦手だー!」と感じ苦手意識を持つことが割とよくあるそうですよ。

犬に好かれたいのでしたら、まずはにおいに気をつけると良いかもしれませんね。

まとめ

触れ合う人と犬

犬から嫌われている時のサインを4つ、そして犬に嫌われやすい人の特徴を5つお伝えしました。

犬と触れ合っているときに嫌がる素振りを見せたらあなたの何かに苦手意識を持っている可能性がありますので、一度嫌われる原因がないか探ってみましょう。原因を見つけて改善すると、大好きな犬と今よりも仲良くなれると思いますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。