犬が睡眠中にしている『危険な行動』4選

犬が睡眠中にしている『危険な行動』4選

飼い主として睡眠中の愛犬の様子は気がかりですよね。すでに寝ている愛犬に異変を感じている方もいるかもしれません。ここでは犬が睡眠中にしている危険な行動4選を注意点を踏まえてご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が睡眠中にしている危険な行動4選

気持ち良さそうに眠っているトイプードル

愛犬の様子が気になるとはいえ、夜になれば飼い主さんも寝なければなりません。そこで注意しておきたいのが寝ている間の愛犬の行動です。

犬が睡眠中に起こす行動には、加齢や肥満など何らかの原因が関係し、思わぬ病気が隠れていることがあります。中には緊急処置が必要なケースもあるので、早めに対処するためにも日頃から観察を行うことが大切です。では、犬が睡眠中にしている危険な行動とはどのような内容なのか、それぞれ見ていきましょう。

1.いびき

熟睡しているブルドッグ

犬も人間のように「グーグー」といびきをかくことがあり、鼻先が短いブルドッグやパグなど短頭種は特にかきやすいです。小さないびきが聞こえる程度であればさほど問題にはなりませんが「ゴー!ゴー!」と急に音が大きくなったり、苦しそうな様子が見られたりする場合は要注意。

よくある犬のいびきの原因には、肥満による喉周りの圧迫、老化による筋力の衰えがあげられます。注意したいのが、軟口蓋過長症、鼻孔狭窄などの咽喉の病気。呼吸器の気道が狭まってしまっているのが原因です。

また、アレルギーや感染症が原因でいびきをかく場合もあります。鼻アレルギーによって鼻呼吸が苦しくなる犬もいます。睡眠中だけではなく起きている間も呼吸が荒く、ゼーゼーと呼吸が苦しそうな場合は獣医師に相談をしてください。

2.無呼吸症候群

ひとつ前の犬のいびきに関連することですが、睡眠中に無呼吸症候群に陥る犬もいるので気をつけなければなりません。短頭種は特にかかりやすく「短頭種気道症候群」と呼ばれる呼吸器の病気が引き金になるケースが多いです。

無呼吸症候群である場合は、睡眠中の呼吸が数秒止まってしまうことがあるので気をつけなければなりません。たとえ軽い症状でも眠りの妨げになってしまい、体力の低下やストレスにつながります。ぜひ睡眠中の愛犬の呼吸が正常か確かめ、不安な場合は早めに獣医師へ相談しましょう。

3.痙攣(けいれん)

睡眠中の犬の足がピクピク動くことはよくあります。しかし、明らかに様子がおかしく痙攣(けいれん)を起こすことも。犬の痙攣の原因には、てんかん、内蔵の機能不全や水頭症、何らかの感染症や中毒などが原因として考えられます。

また無呼吸症候群によって酸素欠乏がおこると、痙攣を引き起こすケースもあるので注意しなければなりません。何度も痙攣を起こす場合は早急に動物病院を受診してください。

4.あくび

大きく口を開けてあくびをしているダルメシアン

これは睡眠中というより起きている間に多く見られる行動ですが、愛犬のあくびが増えたと感じたときは注意深い観察を。犬が何度もあくびをするのは何らかの病気やストレスのサインです。

犬の危険なあくびの原因には、貧血、低血症などがあげられます。起きているときや睡眠中にもあくびを何度も見せる場合は、愛犬の様子を観察してください。それ以外には、虫歯や口の中にトラブルが起きているときにもあくびをすることも。痛みを伴う場合は声をあげながらあくびをします。

また、犬はストレスを感じているときにもあくびを見せます。もし叱っている最中にあくびを見せたら、怒られている理由が犬には理解できていなかったり、長々としかっていて「怒り過ぎのサイン」だと考えてみてください。このように犬のあくびには様々な原因がありますが、様子がおかしいと感じたときは早めに獣医師に相談すると安心ですね。

まとめ

ぬいぐるみと一緒にベッドで眠る犬

寝ている愛犬の呼吸はぜひ定期的にチェックを行い、異変を感じたら早めに相談を行いましょう。短頭種以外の犬もいびきをかくことは珍しくはありません。犬がぐっすり眠れる環境もぜひ整えてあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。