犬に噛まれやすい人が無意識にしているNG行為3選

犬に噛まれやすい人が無意識にしているNG行為3選

犬に威嚇されたり噛まれたりすることが多い人には、いくつ化の傾向や共通点が見られます。ここでは、犬に噛まれやすい人が無意識のうちにしているNG行為を紹介します。

お気に入り登録

NG行為①犬の反応を見ずに触っている

犬の耳を触っている人の手

犬を触っているときに噛まれたことのある人の中には、「ただ触っていただけなのに突然噛まれた」と言う人もいます。しかし、実際には噛む前に犬がいくつかの“サイン”を出していることが多いのです。

触っている方は「触らないでほしい」という事前の兆候やサインに気がついていないことから「突然噛まれた」と感じますが、犬の方からすると「サインを出しても気持ちが伝わらない」と思って、噛んで相手を遠ざけるという行動に移ってしまうのです。

そもそも触られることがあまり好きではない犬もいますし、長い時間触られることが好きではない犬などもいます。また、体の中でも触られるのが嫌な場所というものもあります。

首元や背中などは触られて心地良いと感じやすい場所ですが、その反対に足先や尻尾、耳、マズルなど体の先端部は神経が多く敏感なので触られることを嫌がる犬が多いとされています。また、強引に触られることで痛みを感じて噛んでしまうということもあります。

犬を触るときには、心地良さそうにしているかということなど犬の反応を確認することが大切です。また、嫌がっている犬を強引に捕まえて抱っこしたり触ったりするのも、噛まれやすい行動なので気をつけてください。

NG行為②犬をからかうような行動をしている

飼い主に抱っこされながら近くの女性に牙をむく犬

犬と遊ぶことが好きな人の中には、わざとからかうような行動を取る人もいます。犬が驚いたり、嫌がったりしているときの様子や表情がかわいくて、ついふざけてしまう人も少なくないと思います。

元々信頼関係が築けている間柄であれば、それほど大きな問題にはならないかもしれませんが、場合によっては噛みつきなどのトラブルにつながることもあります。

ぐっすり寝ているところにわざと驚かせるように声をかけたり、おやつやおもちゃをじらすように見せびらかしたりすることで、犬から噛みつかれてしまったという事故はめずらしくありません。

驚いた拍子に噛んでしまった場合などは、犬も力加減ができない状態なので危険です。また、大好きな飼い主さんを噛んでしまうことで、ショックを受けてしまう犬もいます。

NG行為③犬を極端に怖がっている

大型犬をこわがって騒ぐ子ども

数年前に、犬に噛まれやすい人に関する興味深い研究結果が発表されました。イギリスにあるリバプール大学で行われた研究調査によると、「感情が不安定な人や神経質で心配性な人ほど犬に噛まれやすい」ということがわかりました。

感情のレベルを7段階にわけて安定している状態を7、不安定な状態を1とした場合、レベルが1つ下がるごとに犬に噛まれる危険性が33%も上昇しているのです。そのため、犬を目の前にしたときに怯えた態度を示したり、強い不安を感じていたりすると犬に噛まれやすい傾向にあるということになります。

ただし、現時点ではなぜ犬が人間の不安感に反応して噛みつき行動に出るのかという、明確な関係性は明らかになっていません。神経質で感情的な人が見せるどのような行動、仕草が犬を刺激するかはわかりませんが、強い恐怖心や警戒心を犬が“敵意”として感じ取っている可能性なども考えられます。

そのため、犬に対して恐怖心を感じているときは、目の前に怯えたり大騒ぎしたりせず、静かに距離を取るようにすると噛まれるリスクが軽減されるかもしれません。

まとめ

人の手を噛むチワワ

犬の好き嫌いに関わらず、犬に噛まれやすい人がいます。犬に噛まれる理由は、必ずしも敵意や攻撃性に基づくものばかりではありません。人のことは好きでも、長い時間触られることが苦手だったり、触られたくない場所を触られたりすることで拒否の気持ちをあらわすために噛んでしまうこともあります。

また、からかわれて驚いたり、嫌な気持ちが積み重なったりしてつい噛んでしまうということもあるでしょう。このような理由による噛みつきを防ぐには、犬の表情や態度をしっかりと観察して、気持ちに寄り添った行動をすることが大切です。

また、犬に恐怖心を抱いている人は噛まれやすい傾向にもあるので、極端に怯えた態度を見せたり大騒ぎしたりしないようにしましょう。必要以上に犬を刺激しないように、落ち着いて静かに離れるようにすることをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。