犬が快適に眠れる『ベッド』の特徴3選!正しい選び方やNG行為を解説

犬が快適に眠れる『ベッド』の特徴3選!正しい選び方やNG行為を解説

犬にとっても睡眠はとても重要です。愛犬が安心して質の良い睡眠をとるためには、快適なベッドや寝床環境が必要ですよね。今回は、犬が快適に眠れるベッドの特徴や、選び方、さらに寝床のNG行為を解説します!

お気に入り登録

犬のベッドは選ぶところから良質な睡眠への道が始まっている!

リビングに置かれた犬用ベッドに座る犬

近年、犬に関するグッズが幅広く展開されるようになり、その中でベッドも種類が豊富になっています。大きさはもちろん、形状やデザイン、素材など、様々なベッドが店舗に置かれています。

しかし、最も重要なことは、愛犬に合ったベッドを選ぶこと!以下のポイントを押さえて、愛犬に合ったベッドを選ぶようにしましょう。

  • 愛犬の体のサイズにフィットしたベッドを選ぶ
  • 性格によって平たい形状orドーム型で分かれる
  • 噛み癖や引っ掻き癖がある子は壊しやすい素材を避ける
  • 高齢犬は大きめのベッドを用意してあげる
  • できる限り洗えるベッドを選ぶ

ベッドは大きすぎても小さすぎてもいけません。狭いと窮屈で眠りにくくなりますし、大きすぎると落ち着かないという犬も多いです。しかし、高齢犬の場合は、全身を伸ばした状態で眠ることも多いので、大きめのベッドの方が適しています。

また、ドーム型のベッドは周りが囲われているため、落ち着いて眠れる犬がいる反面、臆病な犬や怖がりな犬の場合は、ベッドの中に入ることを怖がってしまうことも多いです。愛犬の性格を考慮した上で、形状を選んであげてくださいね。

ベッドの中には、ふわふわで気持ち良さそうなデザイン性の高いベッドも多くあります。しかし、噛み癖や引っ掻き癖のある犬は、すぐに食い千切ってしまう恐れがあります。このような犬の場合は、少し噛んでも壊れない丈夫なベッドが良いでしょう。

犬が快適に眠れるベッドの特徴3選

ドーム型ベッドで眠るチワワ

少々先に紹介した選ぶポイントにも重なる点がありますが、ここでは犬が快適に眠れるベッドの特徴をより詳しく紹介します。

1.自分の体に合ったサイズのベッド

犬用ベッドの中で寛ぐ犬の横顔

先にお話ししたとおり、犬が快適に眠るためには快適さと安心感が重要です。そのため、ベッドが体に対して小さすぎると、窮屈で眠りにくかったり、体勢を直しにくかったりします。では、大きければリラックスして眠れるのかというと、そうでもありません。

体に対して大きすぎるベッドは、犬がベッドに入っても面積が余るため、その余った面積が落ち着かず、そわそわしてしまい眠れない犬も多いです。

これは完全に体が守られていない状況に置かれていると感じてしまっているためです。したがって、ベッドは愛犬の体のサイズにちょうど良い大きさの物を選んであげることが大切です。

2.適度なふかふか感のあるベッド

ベッドにもいろいろな種類がありますが、適度にクッション性のあるふかふかなベッドは、やはり好む犬が多いです。そこに寝転ぶだけで包まれるような安心感があるからでしょう。

しかし、この「適度」という点がポイントです。あまりにふかふかし過ぎているベッドは、かえって体を守られている感覚が薄れてしまったり、生地が薄く、すぐに破れて中の綿が出てきてしまったりします。犬が快適に眠るためには、適度なふかふか感が最も適しているのです。

3.洗濯ができるベッド

当たり前ですが、犬のベッドは使えば使うほど汚れます。しかし、水洗いできないタイプのベッドでは、清潔な状態を保つことができないため、ある程度使ったら買い替えなければいけません。

汚いままでは、愛犬も快適に眠ることができません。そのため、水洗いできるベッドを選び、定期的に水洗いし、清潔な状態を保ってあげましょう。

水洗いでも、手洗いしなければいけないタイプの物と、ネットに入れることで洗濯機で丸洗いできる物で分かれます。手洗いは面倒だと感じる方は、洗濯機で丸洗いできるタイプの物を選ぶことをおすすめします。

快適な睡眠を妨害…犬のベッドにしてはいけないNG行為

部屋に置かれた犬用ベッドの前に立つ柴犬

どんなに快適なベッドを選んでも、設置場所やベッド周りの環境によっては、快適な睡眠を妨害してしまうこともあります。以下のような行為は、犬の睡眠の質を悪くしてしまう恐れがあるので、控えてください。

  • 窓際に置く
  • テレビの横などの騒々しい場所に設置する
  • 周囲360度が空いている場所に置く
  • 飼い主や家族の気配が感じられない場所に設置する
  • エアコンや暖房器具の風が直接当たる場所に置く
  • 直射日光が当たる場所に置く

窓際や音が発生する機器の横に設置してしまうと、騒々しい音や外から聞こえる音が気になってしまい、なかなか眠りにつけません。また、ベッド周りが柵や壁に全く囲われていないと、全方向を警戒しなければいけないため、本当の意味で休むことができないのです。

そして、直射日光が当たる場所は、じりじりと皮膚が焼けるような感覚に不快感を覚えたり、夏場は熱中症に陥る恐れがあったりするので危険です。

犬は家族の気配を感じることで安心できるため、家族の気配が全くない場所に設置してしまうと、結局ベッドに向かってくれない…ということもあります。家族の姿が見える場所に置いてあげましょう。

まとめ

犬用ベッドの中で気持ち良さそうに眠る子犬

いかがでしたでしょうか。犬に良質な睡眠をとってもらうためには、犬が快適に眠れるベッドを用意してあげることが大切です。新しいベッドを新調しようと考えている方は、今回紹介したポイントを参考に、愛犬に合った快適なベッドを選んであげてくださいね!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。