犬が『食中毒』を起こしているときの症状3選

犬が『食中毒』を起こしているときの症状3選

犬の体にとって毒となるものを摂取したときに起こる『食中毒』。万が一、愛犬が食中毒を起こした時にいち早く気づくことができるように、その症状を知っておいてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

症状①嘔吐、下痢(血便・血尿)

具合が悪そうなブルドッグ

犬が食中毒を起こしたときに最も起こりやすい症状が嘔吐や下痢です。どちらも消化器系に異常を来したときに起こる症状で、原因となるものを摂取してすぐに吐き出すこともありますし、消化してから胃腸に異変が起きて嘔吐や下痢が発生することもあります。

四つ足で動く犬は人間に比べて嘔吐しやすい動物のため、ちょっとした刺激で吐いてしまうことがあります。そのため、中には様子を見ていて問題ない場合もあるでしょう。嘔吐の回数が少なく元気な様子の場合や、散歩中に草を食べたあと、空腹時に泡のような胃液を吐いたときなどは食中毒などとは関係ないことが考えられます。

下痢も同様で、食事だけでなく気候の変化やストレスなどが原因となることもあり、多くの犬が経験することだと思います。こちらもすぐにおさまって元気な様子が見られれば、様子を見ていて問題ないでしょう。

食中毒の場合には、よだれが止まらなくなったり、泡を吐いたり、嘔吐が何度も繰り返されたりします。中毒症状が起きてしまっていると、胃の中のものがなくなってもえずいて吐き続ける様子が見られます。

また、嘔吐や下痢が長引くと栄養の吸収ができなくなったり、脱水症状を起こしたりすることがあります。食中毒の場合、繰り返し嘔吐し食欲廃絶、元気消失します。胃腸炎が起きた時の嘔吐に比較して回数がはるかに多いので、明らかに食中毒かどうかの判断がつかない場合でも、これらの症状が続く場合は、動物病院で診てもらうようにしてください。

症状②食欲不振

フードの入ったお皿の横に伏せる犬

嘔吐や下痢のように明らかに胃腸に異常があらわれていなくても、食中毒の症状が出ていることがあります。中毒物質を取り込んだ量が少なかったり、取り込んだ毒物の毒性が低い場合は食欲不振、体調不良のみの場合もあります。毒性のあるものを摂取したときに、消化器官に負担がかかったり、刺激が与えられて食欲が低下したりすることがあります。

動物は怪我や病気をしたときに、その部分を休めることで回復を図ります。そのため胃腸の状態が悪いときには、食べることをやめて胃腸が自然に回復することを待つのです。

そのため、普段は食べることが大好きな犬の食欲がなくなったときや、食べずに寝てばかりいるときは食中毒など体に異常が起きている可能性を考えてください。また、ぐったりした様子が見られるときは、できるだけ早く動物病院で診てもらうことをおすすめします。

症状③けいれん発作・呼吸困難

ぐったりと横になっているビーグル

食中毒の症状の中で、重症だと考えられるのがけいれん発作や呼吸困難です。犬が倒れた状態でけいれんを起こしたり、泡を吐いたり、チアノーゼを起こしたりといった症状が出た場合、放置すると死に至る可能性もあるので迅速な対応が必要です。

食中毒によってこのような症状が出るのは、犬の体にとって毒性の強い食べものや薬物、化学物質などを摂取したときに起こりやすいとされています。

「犬が食べてはいけない」とされているチョコレートやネギ類、ぶどうなどを食べたときを始め、たばこや医薬品を飲んでしまったり、散歩中に除草剤の撒かれた草を食べてしまったりという場合にも見られます。

また、アレルギーを持っている食べものを口にしてしまったときにも、一気に重症化する可能性があるので食べものの管理は十分に注意しましょう。

まとめ

ブドウやチョコレートと白い犬

食中毒は最悪の場合死に至る恐ろしいものですが、犬にとって日常的に起こりうるトラブルです。食中毒を起こす原因は非常に多く、すでに記載したようにチョコレートやネギ類など人間にとって身近な食材で重い中毒症状が発生することがあります。

また、カビの生えた食べものやじゃがいもの芽のような自然毒が原因となったり、種類によっては観葉植物などを口にして中毒を起こしたりすることもあります。

愛犬を食中毒から守るためには、私たち飼い主が食べものや身の回りのものに気を配って、適切な管理を行うことが大切です。犬にとって危険のあるものは何かということを把握して対策を取り、万が一に備えて食中毒の症状についても知っておくようにしましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。