犬に体罰を絶対にしてはいけない理由4選

犬に体罰を絶対にしてはいけない理由4選

皆さんは、愛犬に対して、どのようにしつけを行っていますか。一昔前は、ダメなことを学習させるために、軽く叩いていたという時代もありますが、今では体罰に値します。今回は、改めて犬に体罰をしてはいけない理由を考えてみましょう。

お気に入り登録

犬の叱り方…間違えていない?

伏せて上の方をみつめる犬

愛犬がいたずらをしたり、物を壊してしまったりしたとき、皆さんはどのように叱っていますか。大声で怒鳴ったり、叩いたりして「ダメなこと」と叱りつける方法は、一昔前には横行していましたが、今は体罰に当たるためしてはいけない叱り方として浸透しています。

犬を叱る際は、できるだけ低いトーンで、ぴしゃりと「ダメ」と一言言い放つ方法が正解です。このとき、しっかり犬の目を見て言いましょう。もちろん、1回では正しく理解することは難しいですが、叱った後に一定時間、飼い主が構ってくれないなどの態度を取ることで、徐々に「これをして『ダメ』と言われた後、飼い主さんが構ってくれない」と学習していきます。

1回で理解させることは難しいですが、正しい方法で根気強く教えていくことで、愛犬に恐怖を与えることなく、正しく信頼関係を築きながら教えることが可能です。

犬に体罰を絶対にしてはいけない理由

紙の筒を持つ人の手と怯える犬

叩いたり、蹴ったりといった体罰は、絶対に犬にしてはいけません。これは、多くの飼い主さんが理解していると思いますが、具体的に、なぜ犬に体罰をしてはいけないのか、改めて考えていきましょう。

1.飼い主が恐怖の対象となってしまうから

まず1つ目の理由として、体罰によってしつけを行ってしまうと、犬が飼い主に対して恐怖を感じ、信頼関係が崩れてしまったり、間違った関係を築いてしまったりする恐れがあるからです。すでに信頼関係を築いている場合は、「なんだか飼い主さんが急に怖くなった」と感じ、一気に信頼関係が崩れてしまう可能性が高くなります。

また、これから関係を築いていく子犬期の段階であれば、暴力によって支配するという間違った関係性を築き上げてしまうため、その後、無駄吠えが多くなるなどの弊害が生まれます。

本来、安心して頼れる飼い主であるはずが、愛犬にとって恐怖の対象になってしまうと、愛犬は心を休める場所がなくなってしまいます。常にストレスを感じて生きなければいけなくなるため、非常に可哀想な思いをさせてしまうのです。

2.人間に対する不信感がトラウマになるから

人の手を怖がっている犬

飼い主に体罰を受けながら育った犬は、飼い主に対して支配による主従関係が出来上がるケースが多いです。その分、飼い主に対する恐怖の感情が他の人へと向けられ、人間に対してトラウマになってしまう可能性が高まります。

散歩に連れて行っても、他の人がすれ違うたびにビクッと怯えるような様子を見せたり、他の犬や飼い主さんが近付いてきても、逃げたり怯えたりするような態度を見せたりします。あまりにも人間に対する不信感が募ってしまうと攻撃的な行動に出ることもあるので、体罰は愛犬の社交性を奪ってしまうことにもなりかねません。

3.飼い主を敵と認識して攻撃的になるから

姿勢を低くして唸っている犬

体罰をしていると、あるときから犬が「この人は自分の仲間ではなく、敵なのかもしれない」と認識するようになり、飼い主が指示するたびに唸ったり、吠え掛かったりと攻撃的になることがあります。この認識が強まるにつれて、飼い主が近付くだけで唸って威嚇するようになったり、噛みつこうとしたりするようになることも。

これではお互いに安心して生活できませんし、愛犬をしっかりコントロールできていないという点に関しては、通常のお世話が難しくなります。

実際、愛犬を正しくしつけることができずに途方に暮れ、保健所などに愛犬を預けてしまう飼い主は後を絶ちません。1つの命を迎えるということは、最期までしっかりお世話をするということです。体罰はこの重要な責務を妨害する行為でもあるのです。

4.加減によっては怪我をしてしまうことも

体罰の加減によっては、犬の体に大きな負担をかけてしまい、足腰を悪くしてしまったり、怪我をしてしまったりする恐れがあります。体罰は心身ともにダメージを与える行為なので、絶対にやってはいけません。

まとめ

子犬をしつけている少年

いかがでしたでしょうか。多くの飼い主が、動物に対する体罰はいけないことだとわかっているはずです。今一度、なぜ体罰をしてはいけないのか、体罰をしてしまうと愛犬がどうなってしまうのかを考えて、自分のしつけ方法の見直しに繋げましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。