犬が体をかく心理3選!危険な症状や注意すべき病気とは?

犬が体をかく心理3選!危険な症状や注意すべき病気とは?

犬が体を掻いている姿はよく見かけることがあると思います。日常的な光景ですが、実は病気やストレスなど犬にとっての大きなトラブルが隠されていることもあるので注意しましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

心理①体がかゆい、違和感がある

芝生の上で寝転がっているビーグル犬

犬が体を掻く心理としてまず考えられるのが「かゆいから」ということです。当たり前のことに感じると思いますが、かゆみひとつにしても様々な原因が考えられるということも覚えておきましょう。

体にかゆみが起こる原因として、皮膚に何かが触れたり被毛がもつれてひっぱられたりという一時的なことや、乾燥や虫刺されなどのトラブルがあります。かゆみが起こる皮膚トラブルの要因としては、アレルギーやアトピーの症状、細菌や寄生虫感染などが一般的です。

また、外耳炎を発症しているときに耳だけを上手にかけず、頭や首元などを掻くこともあるでしょう。その他にも、甲状腺疾患や腫瘍がなど重大な疾患が原因となっていることもあります。その他にもストレスなどが原因となる場合もあるとされています。

愛犬が皮膚をかく頻度が多くなっていると感じたら、かいている場所を中心に全身の皮膚の状態を見たり、触ったりしてチェックするようにしましょう。かゆみが強くかきむしってしまうと、皮膚が傷ついて出血することもあるので、あまりにもかくことが多い場合は一度動物病院で診てもらうことをおすすめします。

心理②不安や緊張、ストレスを感じている

動物病院で不安そうに立っている犬

犬は、かゆみを感じていないときでも体をかくことがあります。体をかくことは、犬のボディランゲージである「カーミングシグナル」のひとつと考えられています。

カーミングシグナルは、犬が不安やストレスを感じたときなどに自分に気持ちを落ち着かせるために行うボディランゲージです。不安な気持ちや興奮状態を抑えるために、体をかいたりあくびをしたりといった行動をするのです。

しかし、カーミングシグナルは一般的にあまり知られていません。そのため、犬のいたずらなどを叱っているときなどに、このような行動をして余計に飼い主さんから叱られてしまうことも珍しいことではありません。何かを指示したり、叱っていたりするときなどに突然体をかき始めたときには、犬がストレスを感じているのかもしれないと考えてみてくださいね。

心理③敵意がないことを相手に伝えたい

後あしで首元を掻いている犬の後ろ姿

体をかくという行動は、自分の気持ちを落ち着かせるためのカーミングシグナルというボディランゲージだと説明しましたが、それには他の意味も含まれています。自分の気持ちを落ち着かせるとともに、目の前にいる相手に対しても「落ち着いて」と伝えるために行います。

また、初めて会う相手や怒っている相手に対して「敵意はありません」という意思を伝えるためにカーミングシグナルを行うことがあります。飼い主さんに対してそのような様子が見られたら、叱り方や接し方を一度考え直してみてくださいね。

まとめ

後あしで顔を掻いているハスキー犬のパピー

犬が体をかく行動は、皮膚トラブルが起きていてかゆみや違和感を抱いているときに多く見られます。それほど神経質になる必要はありませんが、かく頻度が極端に増えたときや同じ場所ばかりかいていることに気がついたときには、一度全身のチェックをしてあげましょう。

毛をかき分けて皮膚を見たり、手で全身をなでて皮膚の傷や湿疹、しこりなどがないか確認したりするようにしてください。皮膚はかきすぎると傷ついて、余計にかゆくなったり他のトラブルを引き起こしたりすることがあるので注意しましょう。

また、犬は自分の気持ちを落ち着かせたり、相手に対して敵意がないことを示したりするためにも体をかくことがあります。ストレスを感じるような状況や、初めて会う相手の前などで体をかく様子が見られたら、そうした意思表示の可能性も考えてみてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。