犬にチョコを絶対に与えてはいけない理由3選【バレンタイン注意】

犬にチョコを絶対に与えてはいけない理由3選【バレンタイン注意】

「犬にチョコレートを与えてはいけない」という情報を耳にしたことはありますか?実はチョコレートには、犬に食べさせてはいけない食品の中で、“ワースト1”と言える程の危険が潜んでいます。その理由とは…?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

危険!犬のチョコレート中毒

お皿に載ったトリュフ

チョコレートの原料であるカカオには「テオブロミン」という苦み成分が含まれています。犬の体はこの物質の分解速度が遅いため、許容量を超えて中毒症状を起こしやすくなっています。犬にチョコレートを与えてはいけない理由や中毒症状の詳細について、確認していきましょう。

犬にチョコは絶対ダメ!な理由3選

テーブルの上のケーキを見つめるトイプードルとダックスフンド

1.「テオブロミン」を含んでいるため

チョコレートに含まれる「テオブロミン」、人間には利点とされていますが、犬にとっては有害な物質です。この成分は犬の心臓や筋肉に強い興奮作用をもたらすため、最悪死に至る恐れがあります。

2.「カフェイン」を含んでいるため

「カフェイン」には中枢神経を刺激する働きがあり、過剰に摂取すると、めまいなどの症状が表れます。お茶やコーヒーに比べると含有量は多くはないものの、チョコレートにもカフェインが含まれています。

3.「脂肪分」を含んでいるため

チョコレートは「脂肪分」の多い食品となり、急性膵炎を誘発する可能性があります。急性膵炎は発症してから進行が速いのが特徴で、激しい腹痛を伴う怖い病気です。

種類別 テオブロミン量の違い

チョコレートとココアパウダー

テオブロミンの含有量は、チョコレートの種類によって異なります。ホワイトチョコレートとビターチョコレートを比較すると、その差は一目瞭然です。

《チョコレート100gあたりの含有量》

  • ホワイトチョコレート:3.7mg
  • ミルクチョコレート:150mg〜240mg
  • ビターチョコレート:500mg〜1,100mg
  • 製菓用無糖チョコレート:1,300mg

高カカオを謳っているチョコレートほど、犬にとっては有害だということが分かります。上記以外に「ココアパウダー」にもカカオが使われているため、同じく誤食には注意してください。

チョコレートによる中毒症状

お皿に載ったお菓子を見つめるチワワ

チョコレート中毒の症状は、すぐ表れることもあれば、12時間以上経ってから表れることもあるため、数日間は油断禁物です。

《軽度の症状》

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 脱水症状

《中度の症状》

  • 心拍数の増加
  • パンティング

《重度の症状》

  • 発熱
  • 痙攣
  • 昏睡

チョコレートによる中毒症状は約90〜100mg/kg、致死量は約100〜200mg/kgとされています。犬の大きさや食べた量によって重症度が変わるため、少しでも食べた形跡があったら、すぐに動物病院を受診してください。

まとめ

立ち上がってケーキを見つめるボーダーコリー

犬はチョコレートの匂いや味を好みます。そのため、飼い主が気付かないうちに、隙を見て食べてしまうことがあるのです。しかし、残念ながらチョコレートに有効な解毒剤はありません。もし誤って食べてしまった場合には、獣医師の判断で催吐処置や胃洗浄が行われます。

まもなくやってくるバレンタインデー。手作りチョコレートを考えている方は、テーブルの上に作りかけのチョコレートを置きっぱなしにしないよう、十分気を付けていただきたいです。美味しそうな香りに釣られて、犬は食べるチャンスを窺っています。

人間の食べ物を犬に与える場合は、本当に与えて問題ないものかどうか、きちんと調べてからあげるようにしてください。たとえ少量であっても、チョコレートは絶対駄目ですよ!危険性を認識し、犬の健康を守りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。