『ストレスが溜まりすぎている犬』がする行動5選

『ストレスが溜まりすぎている犬』がする行動5選

近年、犬もストレスを溜めすぎると、精神病になることがわかりました。そのため、飼い主は愛犬がストレスを溜めていないか日頃から観察し、ストレスが溜まっている犬にはケアが必要です。今回は、ストレスが溜まりすぎている犬がする行動を紹介するので、参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬はどんなことにストレスを感じるの?

寂しそうに外を見る犬

犬は仲間意識が強く、警戒心が強い動物です。そのため、飼い主のちょっとした行動や接し方、さらに環境の変化などに対して、とても敏感に反応します。例えば、以下のようなことに対してストレスを感じやすいです。

  • 飼い主が構ってくれない
  • 長時間の留守番が多い
  • 激しく怒られる
  • 同じ空間にいるのに無視される
  • 常に騒々しい環境で過ごす
  • 新しい家族が増える(あるいは去る)

他にも家族仲が悪かったり、ケージの配置場所が悪かったりするなどの理由でもストレスを溜めてしまいます。そして、ストレスを溜めすぎてしまうと、精神病を患ってしまったり、そこから免疫力が低下し、病気の原因になったりします。

また近年、ストレスを溜めすぎることで、自傷行為にも似た行動をとる犬の報告も多くされています。こうなってしまう前に、飼い主は日頃から愛犬の様子をしっかり観察し、ストレス度を把握しておく必要があります。

ストレスが溜まりすぎている犬がする行動とは

怯えて家具の下に隠れる子犬

犬はストレスを溜めすぎてしまうと、ある行動を起こします。ここでは、ストレスを溜めすぎている犬がする行動を紹介するので、以下のような行動が見られた場合には、スキンシップの頻度や接し方、環境の見直しなど、適切なケアを行いましょう。

1.前足を舐め続ける

自分の前足を舐めているビーグル犬

犬がストレスを溜めすぎてしまうと、何かに夢中になることでストレスを紛らわせようとすることがあります。その行動の1つに、前足を舐め続ける行動が挙げられます。一心不乱に前足を舐め続ける愛犬の姿を目撃したことはありませんか。「毛繕いでもしているのかな?」と見逃しがちですが、実は非常に強いストレスを感じているサインです。

そのまま放置していると、ストレスにより免疫力が低下したり、皮膚炎を発症したり、エスカレートすると自傷行為に発展したりする恐れがあります。無理に止めてしまうと余計にストレスを感じてしまうので、他に興味のある物をちらつかせて、夢中になる対象を変えるなどの方法を試しましょう。

2.自分のしっぽを追い続ける

前足を舐め続ける行動と同じ症状として、自分のしっぽを意味なく追いかけ続けるという行動が挙げられます。こちらも自分のしっぽを追いかけ続けることで、寂しさなどのストレスを一時的に紛らわせようとしているのです。

中にはちょっとした暇つぶしで追いかけていたり、自分のしっぽに興味を持ったりすることで、しっぽを追いかける行動を起こす犬もいます。しかし、あまりにも頻繁に追い続ける行動が見られる場合は、ストレスが溜まっているサインと考えましょう。

3.物や内装を破壊する

ドアをボロボロに破壊する犬

ストレスを溜めすぎている犬は、その怒りや悲しみを物にぶつけることで解消しようとします。その結果、ソファーやクッションをボロボロにしたり、中には壁やドアの塗装をバリバリと剥がして破壊したりする犬もいます。破壊衝動は非常に強いストレスの表れです。そのまま放置していると症状がより深刻になる恐れがあるので、早めに対処しましょう。

4.トイレの失敗が増える

トイレの失敗が増えるのも、ストレスが溜まりすぎている犬によく見られる行動です。理由は2つあります。

1つはストレスが溜まりすぎてしまい、以前のように冷静に物事を対処する余裕がなくなっていることが原因です。以前は当たり前にできていたことも、ストレスが溜まりすぎてしまい、情緒が不安定になっているため、冷静に行動に移せないのです。

もう1つの理由は、トイレを失敗すれば飼い主が構ってくれると思っているからです。これは、寂しさがストレス要因になっている犬によく見られます。以前、トイレを失敗した際に、飼い主が「も~!」と構ってくれたことに対して嬉しさを感じてしまったことを覚えているのです。

どちらにせよ、ストレス要因には変わりないので、激しく叱ったり声をかけたりすることはせず、黙々とひたすら片付けるようにしましょう。

5.無駄吠えや鼻鳴らしが増える

何もないところで突然吠える無駄吠えが頻発したり、時折寂しそうに「クゥ~ン」と鼻を鳴らすような鳴き声を出したりすることが多くなるのも、ストレスサインの1つです。ストレスが溜まりすぎてしまい、そのストレスを吠えることで発散する犬もいれば、ストレスによって情緒が不安定になってしまい、ついつい鼻で鳴いてしまう犬もいます。

無駄吠えや鼻を鳴らす行動は、寂しさから来ることが多いです。鳴き声を出しているときは必要以上に構わず、鳴き止んでから、しっかり向き合うようにスキンシップをとってあげましょう。

まとめ

椅子に座る女性の膝の上で寛ぐ犬

いかがでしたでしょうか。犬はストレスを溜めすぎてしまうと、問題行動を起こしたり、健康面に悪影響を及ぼしたりします。愛犬の心身の健康のためにも、こうしたストレスサインにはいち早く気付き、原因に適した対応を取りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。