犬が『嫌な気持ち』になっている時にする仕草や行動5選

犬が『嫌な気持ち』になっている時にする仕草や行動5選

皆さんは、日頃から良かれと思って愛犬に様々な厚意を行動に移していると思います。しかし、人間と犬では嬉しいことや嫌なことが少々違うため、実は嫌な気持ちになっていることも…。今回は、犬が嫌な気持ちになっている時にする仕草や行動を紹介するので、参考にしてください。

お気に入り登録

犬が嫌な気持ちになっているときにする仕草や行動とは

飼い主の手で顔を触られて不満そうな犬

「これをすれば喜んでくれるのでは」「こうすることで健康になるはず」など、飼い主の視点で日々、様々なお世話を愛犬に施していますよね。しかし、犬が「本当は嫌なのに…」と思っていることも…。ここでは、犬が嫌な気持ちになっているときにする仕草や行動を紹介するので、このような仕草や行動が見られたら、接し方やお世話の方法を見直して見てください。

1.ぶるぶるっと体を左右に震わせる

体を左右に振るビーグル犬

愛犬を撫でたり触ったりしたとき、突然体を大きく左右にぶるぶるっと振るわせる仕草を見せることはありませんか。この仕草は、犬が不快に感じてる際、その原因を取り除こうとして起こす行動です。

つまり、触られた場所が嫌だったか、あるいは今は構ってほしくないタイミングだったのかもしれません。このような仕草を見せた場合は、一言声をかけてから、静かにその場を離れて遠くから見守ってあげましょう。

2.視線を逸らす

愛犬と遊んでいるとき、お世話をしているとき、叱っているとき…ところどころで見られる視線を逸らす仕草。これも不快や不安を表すカーミングシグナルです。

「なんだか嫌だなぁ」「イライラするなぁ」「もう終わりにしてよ」と不満を感じている時や拗ねている時などに見せることが多いです。しなければいけないお世話であれば、我慢してもらうしかありません。終わった後にご褒美をあげましょう。

3.大きなあくびをしてみせる

大きく口を開けてあくびをする柴犬

犬のストレスサインの1つに、あくびがあります。あくびをしている姿を見ると、「眠いのかな」と思いがちですが、あくびは眠気を表す仕草だけではなく、不満などのストレスを表す仕草でもあります。

触ったときにあくびをされた場合は、「今は構ってほしいタイミングじゃないんだよね」という意思表示であることもありますし、お世話をしているときであれば「早く終わらせてよ」という意味であることが多いです。

4.重心が後ろに置かれている

向かい合っている相手から逃げるように、重心が後ろに置かれている場合も、不快な気持ちになっているサインです。特に警戒心の強い犬や臆病な犬に多く見られます。この行動は、触ってきた相手や近寄ってきた相手に対して嫌な気持ち(基本的に警戒や恐怖)を抱き、「それ以上、近寄らないで」と警戒を前面に表しています。

散歩中に出会った子供や初めて会う犬などに見られることが多いですが、時々歯磨きやシャンプーなどをしようとする飼い主に見られることもあります。時間を置いてから再度チャレンジしてみましょう。

5.自分の鼻をペロッと舐める

伏せた姿勢で自分の鼻を舐める犬

犬は嫌な気持ちになり、落ち着かないときには、自分の鼻先をペロッと舐めることで落ち着きを取り戻そうとします。つまり、自分の鼻先をペロッと舐める仕草は、嫌な気持ちになっているサインです。

特に不安を感じていたり、イライラしていたりするときに見られることが多いので、何が原因で嫌な気持ちになっているのかを考えてみましょう。原因がわかったら、その理由を解消してあげるような対応を取ることで、愛犬のストレスを軽くしてあげることができます。

まとめ

ソファーに座る犬を見つめる女性

いかがでしたでしょうか。犬が嫌な気持ちになっているとき、様々な仕草や行動で意思を示しています。しかし、ちょっとした仕草が多いので、飼い主であっても見逃しがちです。日頃から愛犬の行動を観察し、できるだけ多くのストレスサインを察知できるように努めましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。