犬がしている『愛情不足サイン』5選

犬がしている『愛情不足サイン』5選

犬は飼い主からの愛情に敏感です。「なんだか最近、かまってもらえる時間が少ないな…」と感じると、愛情不足サインを出していることも…。今回は、そんな犬が出している『愛情不足サイン』をいくつか紹介します。

お気に入り登録

犬がしている『愛情不足サイン』に気付いて!

床に伏せて上目遣いをしている犬

皆さんは、愛犬がこっそりだしている愛情不足サインに気付いていますか。「構ってもらえない」「寂しい」「退屈だな」といった気持ちが、行動や仕草に表れていることがあります。では、どのような愛情不足サインがあるのでしょうか。

1.どこかへ行こうとする飼い主を追いかける

飼い主が外出しようとしているとき、あるいは飼い主が他の部屋へ行こうとするとき、愛犬が「どこに行くの?」という視線を送りながら、後を追いかけてくることはありませんか。飼い主の様子を探るために後追いすることは珍しいことではありません。

しかし、あまりにも頻繁に後を付いて回ったり、常に飼い主の後ろを付いてまわったりするような行動は、愛情不足サインの可能性が高いです。飼い主に構ってもらいたいという思いが強く、構わずにどこかへ行こうとしている飼い主に寂しさを感じているのです。

2.物に当たるような行動を見せる

ソファーをボロボロに破壊している犬

物を破壊したり、くわえて振り回したりといった物に当たるような行動を見せるようになった場合、飼い主からの愛情不足を感じています。「飼い主さんが構ってくれない」「遊んでくれない」というストレスを解消するために、破壊行為で欲求を満たしているのです。

その他にも、突然無駄吠えをするようになったなどの問題行動が頻発するようになった場合、愛情不足を強く感じていることが多いので、愛犬のケアに努めましょう。

3.執拗に自分の前足を舐め続ける

前足を舐めているポメラニアン

愛犬の様子を遠くから見たとき、愛犬がしつこく自分の前足を長時間、舐め続けているという光景を見かけることはありませんか。これはストレスサインでよく見られる『常同行動』の一種です。

飼い主に構ってもらえない寂しさや、飼い主が外出している留守番中によく見られる仕草で、この行動が続いてしまうと、前足の皮膚が炎症を引き起こす恐れがあります。

そのため、犬の自傷行為とも言われています。同じ行動を夢中になって繰り返すことで、嫌なことやストレスを忘れることができるという考えから起こしている行動です。愛情不足を感じている愛犬には、おもちゃで一緒に遊んだり、スキンシップを十分に行ったりしましょう。

4.トイレの失敗が増える

今まできちんとトイレでおしっこやうんちができていたのに、ある日を境に、突然トイレの失敗が増えたという場合も、ストレスから落ち着きがなくなり、トイレを失敗している可能性が高いです。

また、愛情不足によって、「飼い主さんの気を引こう」とわざとトイレを失敗し、駆け寄ってきてくれる飼い主に嬉しさを覚えている犬もいます。このような場合は、エスカレートしないよう、叱ったり怒鳴ったりせず、黙々と片付けるようにしましょう。

5.同じ場所に居座り元気がなくなる

ソファーの上でじっとしている犬

健康な成犬が、同じ場所から動かなくなり、何となく元気がなさそうな様子を見せる場合、様々な理由が考えられます。その理由の1つに、愛情不足が挙げられます。

飼い主からの愛情を感じられないと、寂しさが限界に達してしまい、精神的に参ってしまいます。すると、何をするにも気力がなくなってしまい、活発に動こうとしなくなります。

まとめ

飼い主の膝の上に乗って撫でられている犬

いかがでしたでしょうか。今回紹介したような愛情不足サインが見られた場合、毎日10分~15分でも、愛犬とだけ向き合う時間を作り、おもちゃで遊んだり、スキンシップをとったり、マッサージをしてあげたりしてください。愛情不足が解消されれば、問題行動もなくなることが多いですよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。