犬が飼い主の喧嘩を止めようとしている時にする仕草や行動5選

犬が飼い主の喧嘩を止めようとしている時にする仕草や行動5選

犬の学習能力は、私たちの想像を遥かに超えています。「空気を読むのが得意」と言われるくらい、賢い動物なのです。今回は、飼い主の喧嘩を見たときの犬の心理や仕草について考えてみましょう。

お気に入り登録

飼い主が喧嘩中の犬の心理

毛布にくるまる犬

悲しい気持ち

自分の家族が口論していたら、犬だって嫌なはずです。険悪な雰囲気を感じ取り、震えることだってあるでしょう。喧嘩が終わった後も飼い主が不機嫌だったり、泣いている姿を見たら、犬が悲しい気持ちになるのは容易に想像出来ます。

ストレスを感じている

喧嘩中は感情が昂っているため、冷静な判断が出来なくなります。感情的になって、愛犬が近くにいることすら忘れてしまうんですよね。犬は争いごとが嫌いなので、怒鳴り声はストレスの元です。おなかを下したり食欲不振に陥るのは、ストレスから来る症状です。

喧嘩はやめて!犬の取る仕草

人の手を舐めるパピヨン

1.飼い主の手を舐める

飼い主の注意を自分に向けさせようとするとき、手を舐めることがあります。「どうしたの?大丈夫?」と心配してくれているのでしょうか。家族を想う愛情深さが感じられる仕草です。

2.間に割って入る

飼い主を落ち着かせようとする行動に、間に割り込む動作があります。これは、牽制に加えて自らの不快感を伝えようとしています。居心地が悪く、「もう喧嘩は見たくないよ!」と喧嘩を仲裁しようとしているのでしょう。

3.クンクン鳴く

弱々しい声でクンクン鳴くときは、不安を訴えている合図です。クンクン鳴きは甘えるときにも使われますが、声のトーンによって意味合いが変わってきます。自分が怒られていないと分かっていても、言い争う声は犬に恐怖を与えています。

4.周りをウロウロする

精神的に不安定になると、部屋の中をウロウロと歩き回り、落ち着きがない様子を見せます。喧嘩を止めたくても、どうしたらいいか分からないのでしょう。大好きな家族が喧嘩し、傷付く姿を決して見たくはないのです。

5.吠える

犬の吠えには色々な感情が隠されています。飼い主の喧嘩中に敢えて吠えているときは、「喧嘩はダメ!仲直りしなくちゃ!」という気持ちが込められている気がします。犬に注意が移り喧嘩を中断したら、まんまと策略に乗せられていますよ!

犬にとって、飼い主の喧嘩は悪影響?

喧嘩をしているカップル

飼い主の喧嘩は、犬に悪影響を与えるのでしょうか。答えは当然「Yes」です。継続的に過剰なストレスがかかると、「常同症」「肥満症」「無気力症」など、心の病気を発症しやすくなります。

喧嘩をせずに済むならそれが一番ではありますが、やむを得ず喧嘩が勃発しそうな場合には、別室へ移動し、犬の前での口論は避けて下さい。

家庭円満の秘訣は「愛犬」?

ウインクするコーギー

犬は場の空気を和ませるのが上手です。見た目の可愛さだけに留まらず、愛嬌たっぷりの仕草で家族みんなを笑顔にしてくれます。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、心にゆとりを与えてくれる存在だと私は思っています。

人間って心に余裕があると、ポジティブな思考になって穏やかに過ごせるんですよね。平穏な生活を守る家庭円満の秘訣は「愛犬」かもしれません♡

まとめ

笑顔で写る家族と犬

思い切り本音を言い合う機会、たまには必要だと思いますが、喧嘩は結構な労力を使いますし、何より愛犬を不安にさせます。一人の時間を作ったり、他にイライラを解消する方法があれば、喧嘩なんてしなくて済むと思います。最近話題の「アンガーマネジメント」も感情コントロールの手法です。興味がある方は調べてみて下さいね☆

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。