犬を不幸にしてしまう『絶対NG行為』4選

犬を不幸にしてしまう『絶対NG行為』4選

この記事では、愛犬を不幸にしてしまう飼い主さんの絶対NG行為をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬を不幸にしてしまう絶対NG行為1:健康を考えない

ソファーの上でくつろいでいる肥満の犬

犬を迎え入れたことに満足してしまい、きちんとした身の回りのお世話をしなかったり健康管理をしなかったりすること、それは愛犬を不幸にしてしまう絶対NG行為です。

犬は会話をすることができないために、体調が悪いからといって自分から病院に連れて行ってと催促することができません。そのため飼い主さんが常日頃から愛犬の体調の異変に気付けるぐらい接していたり、万が一様子がいつもと異なっているのであればすぐに病院に連れて行ったりするなどの行動をしなければいけません。

また、定期的に健康診断に行ったり普段からフードの成分を気にしたりするなど、愛犬のことを考えた行動をする必要もあります。

犬を不幸にしてしまう絶対NG行為2:構ってあげない

寂しそうに外を眺めているパグ

犬はお家の中で最も頼りにしている飼い主さんといつでも遊びたい気持ちでいます。それなのに構ってあげずに放っておいたり、時には無視をしたりするようであれば、それは犬を不幸にしてしまう絶対NG行為です。

人間は自分から外に出ることができ、様々な刺激を受けることができますが、犬にはそのようなことができません。そのため、何かをするにしても飼い主さんの存在が必要になります。飼い主さんから接するという行動がなければ、愛犬の方から飼い主さんに対して、何かしらの行動をすることがありますが、それでも無視されてしまうと、誰も頼りにできないことから苦しみ、不幸な気持ちになってしまいます。

犬を不幸にしてしまう絶対NG行為3:ルールを教えない

飼い主のズボンの裾に噛み付いている子犬

他の人や犬、もしくは別の動物に迷惑をかけてしまう行動をした際に注意しなかったり、最低限のルールやマナーを教えなかったりすることや、しつけをしなかった場合、それも犬を不幸にしてしまう絶対NG行為です。

特に大事な期間は子犬のときです。子犬のときに善し悪しを分別するしつけをしないと成犬になった際にいくら注意しても、改善させることが困難になってしまいます。

そうなってしまうと他の犬や人と仲良くなることができなくなったり、場合によっては噛み付いたり吠え続けたりするなどの迷惑行為をするようになり、疎まれる存在として認識されてしまうかもしれません。そのため最低限の社会のルールを教える必要があります。

犬を不幸にしてしまう絶対NG行為4:飼い主中心の考え

上目遣いでこちらを見つめている犬

犬の気持ちを考えずに飼い主さんの都合の良いように物事を考え、飼い主中心の接し方を愛犬にしているのであれば、それも犬を不幸にしてしまう絶対NG行為です。

愛犬がされたら嬉しいことを飼い主さんのその日の気分によってしなかったり、態度をコロコロと変えたりしているのであれば、愛犬は困惑しますし自分から要求することも難しいために、悲しい気持ちや不幸であると感じてしまうかもしれません。

まとめ

ハートのクッションに足を乗せて寝転ぶ犬

以上のように、飼い主さんの行動によっては愛犬が不幸になってしまうことが多々あるということが分かりました。

愛犬との距離感や思いやりを考え、話すことが出来ない犬の立場を考えた行動をすれば愛犬も飼い主さんと出会えてよかったと思える幸せな毎日を過ごせるのではないのかと思います。

迎え入れた愛犬をぜひ幸せにしてあげてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。