よその犬から嫌われてしまう犬の特徴3選

よその犬から嫌われてしまう犬の特徴3選

飼い主からすると、愛犬には周りの犬と仲良くして欲しいのが本音です。但し、現実では誰しもみんなフレンドリーな性格とは限りません。他の犬から嫌われてしまう犬に、何か共通点はあるのでしょうか?

お気に入り登録

よその犬に嫌われる犬の特徴

キャンプ場で威嚇する犬

1.周りに対して攻撃的

吠え癖がありすぐ噛み付いてしまうような犬、一見気が強いように見えるかもしれませんが、真の性格は「臆病」「怖がり」ということが大半です。警戒心が強いからこそ、攻撃的な態度を取るのです。しかし、どんな理由があるにせよ、相手には威嚇と捉えられてしまうため、喧嘩に発展しやすくなります…。

2.犬見知りが激しい

他の犬に興味がなく、「一緒に遊ぼう!」と誘われても知らんぷり。なかなか心を開かないのは典型的な犬見知りタイプです。我が家の犬がそうなのですが、遊ぶ素振りを一切見せないため、折角近くに来てくれた犬もそっと離れていくのです。
ドッグランに行っても常にひとりぼっちで遊んでいる姿を見ると、飼い主としては寂しい気持ちになります。

3.積極的過ぎる性格

「積極的」という言葉には良いイメージがありますが、度を越すと嫌なイメージにすり替わってしまうようです。具体的には、相手が嫌がっていても気にせずちょっかいをかけたり、追いかけ回すような犬が挙げられます。

似ているタイプの犬とは気が合いそうですが、静かでおとなしいタイプの犬からすると、しつこく迷惑に感じるかもしれませんね。

友好的な犬を育てるコツは?

横に整列する7匹の犬

初対面の犬とも仲良く出来る友好的な犬を育てるには、子犬の頃から社会経験を積ませましょう。社会経験の有無が、その後の性格を左右する重要ポイントになってきます。

《社会経験を積ませるには?》

  • 年齢性別問わずいろんな人に会わせる。
  • パピーパーティーに参加する。
  • 人間によるお手入れに慣れさせる。
  • ドライブに連れ出す。

犬同士が挨拶する方法

鼻をくっつける犬2匹

人間が他人とすれ違うとき会釈や挨拶をするように、犬同士でも挨拶は行われています。初めて会う犬との挨拶では、ピリピリ緊張した空気が漂いますので、以下の点に注意しましょう。

《犬と犬の挨拶はコレ!》

  • 鼻と鼻をくっつける。
  • お互いにおしりの匂いを嗅ぐ。

《犬同士の挨拶における注意点》

  • 挨拶前に飼い主の了承を得るのがマナー。
  • 正面から近付くことは控える。
  • リードが絡まないよう配慮する。
  • 3頭以上の同時接触は避ける。

犬見知りは克服出来る?

トイプーとキャバリア

犬は元々「犬見知り」な動物です。他の犬の存在に慣れることで、少しずつ犬見知りを克服していきます。誰とも仲良く出来ないと思っていても、思いがけず相性が良い犬に出会うことだってあります。

犬の友だちが出来るかどうかは、飼い主に委ねられているのです。絶対無理そう…と諦める前に、少数でも良いので、友だち作りに挑戦してみましょう♪

まとめ

棒を引っ張る3匹の犬

犬の友だちは必要かと尋ねられたら、正直、犬の気持ちを無視してまで作る必要はないと思います。震えが止まらない程我慢させたり、食欲がなくなるレベルのストレスを与えるのは、あまり好ましくありません。

ですが、遊び相手が出来ると家族とは違った刺激を受けるので、犬の成長に良い効果をもたらすのは事実としてあります。一歩大人になった愛犬の姿、見てみたいと思いませんか?

もし興味が湧いたら、無理のない範囲で犬友を作ってみてはいかがでしょうか。「こんな方法で犬友が出来た!」という経験談をお持ちの方、情報お待ちしています☆

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。