犬に着せるべきではない『服』4選

犬に着せるべきではない『服』4選

犬の洋服はたくさんの種類があるので愛犬にどの服を着せればいいか迷ってしまう…。そんな飼い主はたくさんいることと思います。犬の服選びで失敗しないためにはどのような服を避けるべきなのでしょうか。犬に着せるべきでない服の特徴を4つお伝えします。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.タイトすぎる服・小さすぎる服

タイトな服を着ている犬

近年、犬用の服は数多くの種類が販売されています。可愛くてオシャレなデザインの服がたくさんあるので愛犬にプレゼントする服を選ぶのが楽しみ!という飼い主も数多くいるのではないでしょうか?

そんな犬の飼い主の楽しみの1つでもある『服選び』ですが、犬用の服はちゃんと体にあったものを選んであげないと愛犬がストレスを感じたり、関節などを痛めてしまう原因になったりするので気をつけて選ぶ必要があります。

たとえば『タイトすぎる服』や『愛犬の体に対して小さすぎる服』はNGな服といえるでしょう。愛犬の体に対してタイトすぎたり小さなつくりの服は体が動かしにくくなってしまうので、ストレスを感じやすくなってしまいます。

また、無理に着せることで関節を痛めたり血行が悪くなって体調不良の原因になってしまう…といった可能性もありますので、たとえオシャレなデザインだとしても愛犬の体に対してピッチリした小さい服は着せないようにしてあげてくださいね。

ちなみにタイトな服でもニット素材のような伸縮性のある生地や、動きやすいように設計されている服はほとんどの場合着せても大丈夫といえるでしょう。

2.ぶかぶかすぎる服

ぶかぶかな服を着る犬

体に対して大きすぎる服も着せるべきでない服の特徴の1つといえます。私たち人間は大きくてぶかぶかな服を着てもそれほどデメリットを感じないと思います。しかし、犬に大きな服を着せる場合には少なからずデメリットがあるのです。

  • 歩きにくくなる
  • オシッコやウンチが服につきやすい

主に大きい服にはこのようなデメリットがあります。体に対してぶかぶかな服を着せると足に服がまとわりついて愛犬が歩きにくくなってしまいます。

また、丈が長いぶかぶかな服を着せているとオシッコやウンチをしたとき服について不衛生になってしまうことも少なからずあるといえるでしょう。家の中にいるときはそれほど問題ないといえますが散歩に連れて行くときはストレスを感じさせながら歩かせてしまうことになるので、基本的には大きな服を着せるのは控えた方が良いといえるでしょう。

3.足や肩周りのサイズが合っていない服

ぴっちりなフードのチワワ

大きさは丁度良いんだけれど愛犬が歩きにくそうにしている。服を着せると体がカチコチになったかのようにぎこちなく歩く。といった場合は着せた服が愛犬の体格に合っていない可能性があります。

犬は犬種やその犬によって足の長さや胴の長さ、肩周りの体のつくりなどが大きく異なります。ですのでサイズ感は丁度良いけれどなぜか服が体に合わない…。といったことが時々起こってしまうのです。

服によっては親切にどの犬種の体格に合った服なのかを表示していたりしますので、服を選ぶ際はサイズを見ながら愛犬の犬種に合う服かを確認することをおススメします。

ちなみに袖やフードがついているもの、首回りがピチピチになっているといった特徴をもつ服は愛犬の体格に合っているものを選ばないと着心地が悪くなることが多いといえます。

私の個人的におススメする服は袖がついていないノースリーブ型(タンクトップ)の服となります。袖がついていない服は様々な体格の犬に合わせやすく動きやすいものが多いので、愛犬の服選びに慣れていないのでしたらまずノースリーブ型の服から検討してみると良いと思いますよ。

4.重い服

しっかりした服を着ている犬

寒い季節のときは愛犬になるべく暖かい服を着せてあげたいですよね。寒い時期には温かさを重視しすぎて『ガッチリした服』や『重い服』を着せてしまうことがあるかもしれませんが…、そういった飼い主の優しさは犬にとってはあまり良くないことといえそうです。

もう少し具体的に言いますと中型犬や大型犬のようなガッチリとした体型の犬はあまり気にする必要はありませが、体の小さな小型犬にはなるべく軽い服を着せることをおススメします。

体重が数キロしかない小型犬に重たい服を着せてしまうと…、ご想像のとおり服の重さによって疲れやすくなってしまいます。また、重い服やガッチリしたつくりの窮屈さを感じる服を着ることで動きにくくなってしまうともいえるでしょう。

本来楽しみな時間であるはずの散歩のときに、重たい服によって愛犬が疲れやすくなるのは可哀想ですよね。場合によっては運動不足や体調不良の原因にもなることもありますので、服を選ぶ際は服の『重さ』にも目を向けるようにしましょう。

まとめ

ニットの服を着ている犬

犬の服は実にたくさんの種類のものが販売されていますので、どれがいいのか迷ってしまうことがあると思います。そういった場合は『NGとなりやすい服の特徴』を知っておくと服選びを失敗しにくくすることができるといえるでしょう。

  • タイトすぎる服小さすぎる服
  • ぶかぶかすぎる服
  • 足や肩周りのサイズが合っていない服
  • 重い服

愛犬の体に対して上記の特徴をもつ服は、愛犬にストレスを感じさせたり体に負担をかけたりしやすいので選ばないようにすることをおススメします。愛犬にとって着心地の良いオシャレな服を見つけることができると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。