犬が『飼い主を守っている時』にしている行動や仕草4選

犬が『飼い主を守っている時』にしている行動や仕草4選

この記事では、愛犬が飼い主さんのことを守っている時の行動や仕草をいくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

飼い主を守っている時にしている行動や仕草1:吠える

芝生の上で誰かに吠えている犬

まず紹介する飼い主を守っている時にしている行動は「吠える」です。犬はあらゆる時に話せない代わりに吠えます。その中でも飼い主さんに何かを感じて守らなくてはいけないと思った際に吠える場合は、威嚇することで飼い主さんを守ろうとしているのです。

しかし、吠えた際に守ってくれているワンちゃんの気持ちを考えて褒めてあげるのは良いことであるかもしれませんが、無駄吠えの習慣化に発展してしまう恐れがあるため、何でもない時に吠える場合はしっかり注意をすることによって、ワンちゃんも飼い主さんも暮らしやすい環境によりなるかと思います。

飼い主を守っている時にしている行動や仕草2:間に入る

誰かに向かって吠えている犬

次に紹介する飼い主を守っている時にしている行動は「間に入る」です。他の人や動物が飼い主さんに近づこうとした際に間に入った場合だと、相手を牽制してこれ以上近寄らせないようにして飼い主さんのことを守っていると考えられます。

家庭内などでワンちゃんが知っている人同士が口論している時になだめようとしたり、間に入って注意を引こうとしている場合、その時ワンちゃんは仲裁をして、仲直りしてほしいと思っている可能性が高いです。

飼い主を守っている時にしている行動や仕草3:噛み付く

誰かの右手を噛み付いている犬

また、「噛み付く」という行為をするのも飼い主を守っている時にする行動です。そもそも犬は怒ったときや身の危険を感じた時に噛み付くことでその恐怖に打ち勝とうとします。それと同様に飼い主さんのことを守ろうと思った際に、相手に対して噛み付くことがあります。

飼い主を守っている時にしている行動や仕草4:飼い主の前に出る

飼い主に抱えられて目の前の人に吠えている犬

最後に紹介する飼い主を守っている時にしている行動は「飼い主の前に出る」です。飼い主さんに対してとても忠実で正義感の強いワンちゃんであると、自分の身を投げ出してでも飼い主さんを守りたいという気持ちが強く、飼い主さんの敵である対象の目の前に立つことにより気を引き寄せ飼い主さんのことを守ろうとします。

まとめ

飼い主に頭を撫でられている犬

このように愛犬は飼い主さんの身に危険を感じたり、守らなくてはいけないと思ったら何かしらの行動をすることが分かりました。しかし、このような行動をするのも飼い主さんとの間に強い信頼関係があるからです。

普段から愛情を持って育て、褒める時は褒めて、いけないことをした際は注意するなどのメリハリのある行動をすることによって愛犬は飼い主さんのことを大切な存在であると認識して、時には身を投げ出してでも守るという行動をするのではないのかと思います。

もし、愛犬がこのような行動や仕草をして守ってくれたのかなと思ったのであれば、その際はたくさん褒めてあげてください。ワンちゃんも喜んでくれるはずです。ただし必要以上に他者に攻撃的になることのないよう、行動の線引きは飼い主さん自身できちんと行うようにすることをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。