犬が『飼い主に嫌われた』と感じてしまう行為5選

犬が『飼い主に嫌われた』と感じてしまう行為5選

大好きな愛犬の事は、いたずらをされても失敗されても嫌いになることはありませんよね。しかし、飼い主の行動を見て、犬自身が「嫌われちゃったかも…」と落ち込むことはあります。今回は、犬が「飼い主に嫌われた」と感じてしまう行為を紹介します。

お気に入り登録

犬が「飼い主に嫌われた」と感じてしまう行為とは?

ソファーの上で休む犬

犬がいたずらをしたとき、「何でこんなことするの…」と少し苛ついてしまうことは飼い主ならよくあることです。しかし、そんなときに見せる飼い主の行動で、愛犬が「飼い主に嫌われたかも…」と落ち込んでしまうことも…。では、飼い主のどのような行為が愛犬をそのような気持ちにさせてしまうのでしょうか。

1.大声で怒鳴る

粗相をして飼い主に叱られている犬

愛犬が悪いことをしたとき、つい大声で「何しているの!」と怒鳴ってしまう飼い主は珍しくありません。しつけと称して怒鳴る人もいますが、実際、犬は怒鳴られても反省するわけではありません。飼い主に怒鳴られてしまうと、「こんな悪いことをしたから叱られてしまった」と思うより先に、「怖い」「嫌われたかも」という思いが強く湧き上がってしまいます。

しつけとしても、信頼関係を築く上でもあまり良い効果は期待できないので、叱る際に大声で怒鳴ることは控えてください。

2.マズル部分を掴む

一昔前は、犬が無駄吠えをしたときなど、しつけとしてマズル(鼻)部分を掴んで「ダメ」と教える方法が一般的だと考えられていました。しかし現在、この方法は推奨されていません。

犬にとって、マズル部分は非常に重要な場所です。食べ物を食べるために重要な口、犬にとって重要な判断要素となる嗅覚を使う鼻がマズルなので、この部分を掴まれることは、たとえ飼い主が相手であっても恐怖を感じる行為なのです。そのため、飼い主がしつけとしてマズルを掴んだ場合も「嫌われたかも」「敵意を持たれているかも」と勘違いしてしまう恐れがあるのです。

3.叩くなどの暴力行為

叩かれそうになっておびえる犬

現在では、暴力による支配行為が虐待に当たるという認識は、広く浸透しています。そのため、多くの人が叩いたり蹴ったりといった暴力行為はしていないと思います。

しかし、現在も叩くことでしつけをする飼い主は一定数いますし、中にはつい叩いてしまった…という飼い主もいるでしょう。叩いてもしつけ上、良い影響よりも悪い影響を与えてしまうリスクが高いです。しつけとして叩くことはやめ、「つい叩いてしまった」という行動も控えるよう意識しましょう。

4.構ってほしそうにしても無視

愛犬から「構って」と合図を送られていることに気づいていますか。飼い主の後をついて回ったり、隣にやってきて前足でちょんちょんと突いてきたりと、様々な仕草で「構って」サインを送っています。こうしたサインに気づかず、とことん無視してしまうと、犬は「もしかして嫌われちゃった?」「だから構ってくれないの?」と寂しく思ってしまいます。

あまりにこうした行為が行き過ぎてしまうと、「もういいや」「飼い主さんなんて知らない」と愛犬側が呆れてしまうこともあるので、信頼関係を崩さないよう気を付けましょう。

5.別の対象に夢中で相手にしてくれない

スマホを見る女性に近づいて様子をうかがう犬

愛犬ではなく、別の対象に夢中になっていて、なかなか構ってくれない…という飼い主の様子を見続けることで、「僕には飽きちゃったのかも」「嫌われちゃったかな?」と勘違いさせてしまうこともあります。

別の対象とは、新しくやってきた子犬や生まれたばかりの赤ちゃん、さらにスマホやテレビ、雑誌といった物も含まれます。子犬や赤ちゃんのお世話は、最優先事項です。

しかし、先住犬である愛犬の存在を無視したり、蔑ろにしたりしていい理由にはなりません。忙しい状況であっても、愛犬も家族の一員です。そのことを忘れず、家族と協力して愛犬に寂しい思いをさせないよう気を付けましょう。

まとめ

ソファーの上でくつろぐ女性に甘える犬

いかがでしたでしょうか。今回は、飼い主がやりがちな行為の中から、特に犬が「嫌われたかも」と思いがちな行為を5つ紹介しました。当てはまっていませんでしたか。心当たりのある方は、今日から少しずつ改善し、愛犬にできるだけ寂しい思いをさせないよう努力しましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    自分の子供に敵意を向けるのは子供を優先してるため嫉妬するからです。でもしっかりと愛犬と向き合えばその子供を群れの一員として認め弱き存在を守ろうとします。もし、自分の子供に敵意を向けていれば愛犬とのコミュニケーションを見直してみましょう。迎え入れた当時だって頻繁に構っていたでしょう。
    要求に答えすぎるのは躾上良くないが無視しすぎも良くない。昔は無視ばかりで自分優先にしてた。今もその主従概念に変わりないが少しは愛犬の要求にも応えている。いつも俺に合わせてるなら少しは俺も合わせてやろうと思う。関係性は崩れてないが信頼関係は以前より深まった気がする関係性は大事だけど嫌われては元も子もない
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。