犬が肥満になってしまう絶対NGな生活習慣4選

犬が肥満になってしまう絶対NGな生活習慣4選

犬が肥満になってしまうと体に様々な悪影響を与えてしまうことになります。重い病気を抱え込んでしまう原因にもなるので、日頃から愛犬が太り過ぎないように愛犬の生活を管理してあげることが大切といえるでしょう。あなたは愛犬が肥満になりやすい行動を行っていませんか?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.与えているご飯の量が多すぎる

飼い主の持つフードを待っている犬

犬が太る原因は基本的に人間と同じになります。

  • 食べ過ぎている
  • 運動不足
  • 太りやすい体質
  • 太りやすいものを食べている

犬も上記のようなことが原因で肥満になりやすいといわれています。肥満になってしまう犬は特に『食べ過ぎ』が原因になっていることが多く、飼い主が犬にとって必要となるフードの量よりもたくさん与えすぎている場合がよくあります。

愛犬が美味しそうにフードを食べている姿はすごく可愛いので、ついたくさん与えがちになるかと思いますが、太らせすぎてしまうと体に様々な悪影響を与えたり病気を発症してしまったりする可能性が非常に高いといえますので、与えすぎないように気をつけてくださいね。

ちなみに一日に与えるフードの量は食べさせているフードによって異なります。ですので、フードの袋に書いてある給与量の表を見ながら愛犬に合ったフードの量を決めるようにしましょう。

規定量を守ってあげているのに体重が増えるのであれば、少しあげる量を減らした方が良いでしょう。減量用のドッグフードに変更することも検討しましょう。

2.あまり運動をさせていない

リードの前に伏せて散歩を待っている犬

『運動不足』も犬が肥満になる原因の1つといえます。もし愛犬を散歩に全然連れて行っていなかったり、家の中で遊ばせたりしていないのでしたら、愛犬にNGな生活を送らせているといえるでしょう。

たとえ愛犬にとって理想的な量のご飯だけを与えて肥満の予防をしていたとしても、摂取したエネルギー(カロリー)と同等量のエネルギーを消費しないでいると、結果的に少しずつ体重が増えて肥満になってしまうことが多いのです。消費できず余った栄養素は脂肪などに変換され体内に蓄えられます。蓄えられた量が多くなると肥満状態になってしまいます。

過度に運動させるとかえって関節や心肺機能などに負担をかけてしまう可能性がありますが、毎日最低限の運動をさせることは犬の健康を維持したり肥満を予防したりするために大切なこととなります。

ですので、できれば1日に2回ほど愛犬に適した長さの散歩を行うようにしてください。また、散歩に連れていけないときは家で一緒に遊んだり、オモチャを使って遊ばせたりするようにすることをおススメします。

3.オヤツをよく食べさせている

骨の形をした犬用おやつを見つめる犬

毎日与えるご飯の量をキチンと守りながら適度に運動をさせている。なのに何故か愛犬の体重は増える一方…。そういった場合は『オヤツの与えすぎ』が肥満の原因になっているのかもしれません。

しつけが上手くいったり、お利口にしたりするとご褒美として愛犬にオヤツを与える人は数多くいると思います。その行為自体は間違っておらず、むしろ良いことだと思います。

しかし褒めるときに毎回オヤツを与えていると当然のように愛犬の体には少しずつカロリーが蓄積されていくことになり、結果的に太ることになってしまうことが多いようです。

おやつも1日に必要なカロリーの中に含めましょう。一般的におやつはフード量の1割までと言われています。ごほうびのおやつは小さいもので十分です。例えばビスケットをあげるなら1枚ではなく、何等分かに割ってあげましょう。

最終的にはおやつをご褒美で与えてほめるのではなく、言葉でほめることを重視していきましょう。おやつをあげるために主食を減らすのは栄養バランスが悪くなるのでお勧めできません。

4.人間の食べ物を与えることが多い

フォークに刺さった人間の食べ物を欲しがるパグ

犬が肥満になってしまう原因として多いのが『人間の食べ物を与えている』です。食事をしているときに愛犬がすごく可愛い顔をしながらあなたが食べているものを欲しがる。そんな愛犬の姿を見たことのある人はとてもたくさんいることでしょう。

そして懇願するかのように見つめてくる愛犬を見て、つい食べ物をあげてしまう人も数多くいると思います。お気持ちはすごくわかるのですが…、人間の食べ物を与えるのは犬にとってNGな生活習慣となるので要注意といえるでしょう。

人間が食べる食べ物は味が濃くてカロリーが高いものが多く少量でも犬が太りやすくなってしまいますし、シッカリした味つけの食べ物に慣れてしまうことで犬が自分のフードを食べなくなってしまう可能性が高いといえます。

また料理された人間の食べ物は犬にとって塩分が多すぎることがほとんどで、犬にとって有害な食べ物の成分が混ざっていることも多く、犬の体に悪影響を与えてしまうことがよくあるのです。基本的に人間の食べ物は犬の体に悪いので愛犬が欲しがっても与えないようにしましょう。

ダメなことだとわかっているけれど愛犬におねだりされると食べ物を与えずにはいられない…。という場合はあらかじめ味付けをせずに茹でただけのササミや豚肉、牛肉や馬肉などを用意しておねだりをされたときにそれらを少し与えると良いと思いますよ。

ただ、おねだりをされる度に食べ物を与えていると愛犬がワガママな性格に育ってしまいますので、甘やかしすぎないように気をつけてくださいね。

まとめ

ご飯のお皿をくわえている犬

今回は犬が肥満になってしまう絶対NGな生活習慣を4つご紹介しました。

  • 与えているご飯の量が多すぎる
  • あまり運動をさせていない
  • オヤツをよく食べさせている
  • 人間の食べ物を与えることが多い

上記の飼い主がする行為は犬が太りやすくなるNGな生活習慣となります。言い方を変えますと…、

  • 毎日理想的なご飯の量だけを与えるようにする
  • 毎日適度な運動をさせる
  • オヤツは少しだけ与えるようにする
  • 人間の食べ物は与えない

この4つを守ることで肥満を予防することができるといえます。犬が肥満になる原因は様々ありますが、ほとんどの場合飼い主の行為によって犬は太ってしまうことが多いそうです。

愛犬が健康な体を維持できるか。もしくは太っていろいろな問題に悩まされることになるかは飼い主であるあなた次第となりますので、愛犬がしんどい思いをしないように日頃からキチンと食生活を管理するようにしてあげましょう。いつまでも愛犬が健康でいられると良いですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。