仲が良くない犬同士がしている仕草や態度4つ

仲が良くない犬同士がしている仕草や態度4つ

犬の世界においても、人間同様、相性の良し悪しは必ずあります。みんながみんな仲良く出来るとは限りません。では、仲が良くない犬たちは、どのような仕草を見せるのでしょうか。

お気に入り登録

仲が良くない犬同士が見せる仕草

犬歯剥き出しで喧嘩する犬

1. 犬歯を剥き出しにして唸る

姿勢を低くして犬歯を剥き出しにしているときは「いつでも噛み付いてやる!」と攻撃態勢を取っています。鼻の上にシワを寄せて低い声で唸っていたら、相手を追い払おうとする気持ちを表しています。

2. ずっと吠え続けている

吠えるドーベルマン

吠える行為には「恐怖・威嚇・不安・要求」など様々な理由があります。どれにも共通するのは、相手や飼い主へ状況を知らせるサインだということです。いずれにせよ吠え続けているのであれば、仲良くなるには少々時間がかかると思います。

3. お互いに歩み寄る気配がない

見つめ合う犬2匹

一定の距離を保った状態でお互いに近付く様子がなければ、警戒心が解けていない状態と言えます。犬同士の挨拶におしりの匂いを嗅ぎ合うコミュニケーションがありますが、距離があるうちはそれもなかなか不可能に近いでしょう。無理に近付けようとするのは、控えた方が良いです。

4. 背中の毛を逆立てている

毛を逆立てている犬2匹

気持ちが高まり、緊張して興奮状態になると、首筋から背中にかけての毛が自然と逆立ちます。あまり見かけない姿を見て、驚く飼い主さんもいるでしょう。相手に自分を大きく、強く見せようと主張している仕草になります。

喧嘩になってしまう原因は?

喧嘩をしている犬2匹

上下関係を決めようとしている

犬の感情の一つに「序列意識」があります。例えば多頭飼いの場合、後から来た犬に対して、先住犬が上下関係を作ろうとします。飼い主の愛情を独り占めしようとする嫉妬心も、喧嘩になる要因となり得るのです。

基本的な社会化が出来ていない

ポメラニアンの子犬2匹

生まれ持った気質もありますが、子犬は社会化をマスターするまで、周りとの接し方が上手に出来ません。じゃれているうちに相手を噛んだりすることで、加減が分からず喧嘩が勃発したりします。成犬であっても、他の犬と接する機会が少なかったりすると、社会化出来ていないことがあります。

相性がイマイチな犬たちとは?

並んで伏せをしている柴犬

性別:オス✖️オス

絶対とは言い切れませんが、オス犬は縄張り意識や闘争心が強く、お互いに相手を威嚇しようとするため、トラブルに発展しやすいです。去勢手術をすると落ち着くこともありますが、一番飼うのが難しい性別のペアになります。

性格:気が強い犬✖️臆病な犬

じっと見つめる黒い犬

極端に臆病な性格の犬は、一方的に吠えられたりマウンティングされたりすると、怯えてストレスだけが蓄積されていきます。おとなしくしているように見えるのは、一生懸命嫌な状況に耐えているだけかもしれません。将来犬嫌いに育つ原因ともなり兼ねないので、初対面の犬と接するときは注意して見守りましょう。

まとめ

仲良く並ぶダックスフンド

最初こそ仲が良くないように見えても、会う回数を重ねて接していくうちに、関係性を構築出来るケースもあります。一度喧嘩をしたからといって、仲良く出来ない訳ではありません。

社交性のある犬に育てるためには、小さいときからたくさんの人や犬に会わせて、周りと触れ合う機会を作ってあげることです。子犬の吸収力は想像以上!積極的にドッグカフェやドッグランへ連れ出しましょう♡

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。