冬には犬も洋服を着た方がいいの?寒すぎて病気になったりはしない?

冬には犬も洋服を着た方がいいの?寒すぎて病気になったりはしない?

身体の芯まで凍えるような真冬になると、愛犬の体調も心配になってしまいますよね。中には寒さ対策に洋服を着せているという人もいるかもしれません。冬はやはりわんこも洋服が必須なのでしょうか?

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

心配御無用!わんこは夏より冬が得意

雪の中に座って同じ方向を見つめるニット帽を被った2匹の犬

結論から言ってしまうと、冬だからといって無理にわんこに洋服を着せる必要はありません。わんこは一般的に暑さよりも寒さの方が得意な動物だからです。普通に寝転んでいて寒い場合には体を丸める、部屋の隅っこや温かいものに身を寄せるといった具合に、洋服で体温調節をしなくても自らの被毛や工夫で十分に暖をとることができます。

要注意!洋服を着せた方がいいわんこ

暖かそうな冬服を着ている犬

とはいえ、全てのわんこが寒さに適応できるわけではありません。犬種や健康状態、地域によっては寒さが命取りになることもありますので、そんな場合には洋服を着せる必要が出てくるでしょう。具体的な例をご紹介します。

温暖な地域原産の犬種

わんこを含め、あらゆる生き物はその生息地の気候に適応できるよう進化してきました。日本は国土のほとんどの地域が温帯に属し、世界的に見てそれほど冬の寒さが厳しい国ではありませんが、赤道直下の国々等、温暖な地域が原産となっている犬種のわんこにとっては話が別です。

温暖な地域原産のわんこは被毛が二重構造になっていないシングルコートであったり、そもそも被毛が薄かったりするので、寒さに対応できません。寒さで体調を崩してしまう場合もあるので、洋服を着せて体温調節を助けてあげましょう。

シニア期のわんこ

ソファーで休んでいるシニアの犬

体の大きさや犬種にもよりますが、わんこは7歳頃からシニア期に入り徐々に年老いていきます。年をとると筋肉量が減り、基礎代謝も下がるために体温が低くなり、寒さに弱くなる傾向があります。

ただでさえ病気が顕在化しやすいシニア期のわんこにとっては、多少の風邪であっても心配なもの。若い頃よりも体を丸めて寝ている頻度が増えた、寒さに震えていることがある等のようすが見られる場合には、洋服を着せてあげましょう。

病気を患っているわんこ

すでに何らかの病気を患っており免疫力が下がっているわんこにとっては、寒さが命取りになる可能性も考えられます。体が弱っているときには体を温める必要があるのは、わんこも人間も同じです。暖房で温度管理した室内で寝ているのが一番ですが、どうしても外出しなければならない場合や事情があるときには洋服を着せて体温低下を防ぎましょう。

豪雪地帯のわんこ

日本は国土のほとんどが温帯と述べましたが、北海道や東北地方など一部の地域は亜寒帯に属しています。これらの地域では寒さに適応できる犬種の数がぐっと狭まってきます。また豪雪地帯で冬の間は常に雪の中を散歩しなければならないといった場合には、しもやけ防止の観点からも洋服だけでなく靴の着用がベターになるでしょう。

まとめ

マフラーを巻いて帽子を被ってサングラスをした犬

いかがでしたでしょうか?最近ではわんこ用の洋服は様々な種類が市販されているので、ついつい財布の紐が緩んで買いたくなってしまいますよね。洋服を着るのを嫌がらない子であれば、モコモコした洋服やフワフワの洋服を着せて冬のファッションを楽しむのも良いでしょう。

ですが洋服に抵抗があるという子の場合で、上でご紹介したような事情がない場合には無理に洋服を着せる必要はありません。ただでさえ寒さがストレスになりやすい冬ですから、洋服でストレスを倍増させてしまっては逆効果です。暖房の使い方や過ごし方の工夫で、愛犬と一緒に寒さを乗り切りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。