犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為5選

犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為5選

皆さんは愛犬の耳掃除をどのくらいの頻度で行っていますか。定期的に掃除してあげないと、汚れが耳に詰まってしまい、耳が臭くなったりトラブルを発症したりする恐れがあります。今回は、犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為を紹介するので、耳掃除の参考にしてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬の耳掃除は1~2週間に1度がベスト

犬の耳

犬の耳は皮膚が薄く繊細なので、あまり強くこすったり奥まで入れたりしてはいけません。また、耳掃除をし過ぎても耳を傷つけてしまう原因になるので、犬の耳掃除は1~2週間に1度くらいがベストだと言われています。

基本的な犬の耳掃除方法

耳掃除する犬

ここで基本的な犬の耳掃除方法をおさらいしておきましょう。犬の耳掃除には、市販されている耳掃除用のウェットティッシュや濡らしたガーゼなどを使い、拭き取る方法が基本です。

汚れを拭き取る場所は、外から目で見える範囲までです。あまりにも奥までガーゼを巻き付けた指を差し込んでしまうと、耳の中が傷ついてしまい、化膿してしまう恐れがあるので注意が必要です。

犬の耳掃除で絶対にやってはいけないNG行為

犬の耳掃除は、1~2週間に1度のペースで行うのが最適です。では、犬の耳掃除でやってはいけないNG行為とは、どのような行為が当てはまるのでしょうか。皆さんの耳掃除方法が、以下に当てはまる場合は、すぐに改善しましょう。

1.綿棒を使って耳掃除する

綿棒

愛犬の耳掃除に人間と同じく綿棒を使用する飼い主さんもいます。しかし、綿棒は必要以上に奥まで差し込んでしまい、耳の中を怪我してしまう原因となるため危険です。

また、犬の耳は小さいので、溜まった汚れを掻き出すのではなく、綿棒によって押し込んでしまい、耳垢が正常に外に出てきにくくなる可能性があります。(正常な耳には耳垢を奥から外に送り出す自浄作用があります。)。

したがって、綿棒を使って耳掃除をするのではなく、ガーゼなどを濡らして、見える範囲の汚れだけ拭き取るようにしてください。

2.ゴシゴシと強くこする

耳掃除してもらうブルドッグ

犬の耳は皮膚がとても薄く、強くゴシゴシと擦ってしまうと、赤くなってしまったり、皮膚が剥けてしまったりと耳トラブルを発症してしまいます。犬の耳掃除は、やり過ぎは禁物です。軽く拭うほどの力でそっと擦ってあげてください。

3.耳の奥の方までこする

ここまで何度もお話ししてきましたが、犬の耳掃除をする際、耳の奥までガーゼを巻いた指を差し込んだり、綿棒を差し込んだりしてしまうと、耳の奥を傷つけてしまう恐れがあるので危険です。

犬の耳掃除は、耳の奥まで行う必要はありません。外から見て見える範囲の汚れをそっと拭う程度で良いのです。

もしも頻繁に耳を振るなど、耳に関して気になる様子が見られた場合は、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。外耳炎を起こし痒みが強かったり、耳に痛みがあるかもしれません。獣医さんに耳処置をしてもらい、点耳薬や内服薬を処方してもらいましょう。

4.耳が乾いた状態で掃除する

お耳なでなでが嬉しい犬

意外と忘れがちな手順に、「耳を軽く湿らせてから掃除する」という手順があります。犬の耳は皮膚が薄く、非常に繊細な部分なので、軽く湿らせた状態で擦らなければ、皮膚を傷めてしまう恐れがあるのです。

ガーゼで耳を拭う際は、ガーゼを軽く濡らしておいたり、あるいは市販されている耳掃除用の薬を垂らしたりして、耳掃除しやすいように耳の環境を整えることが大切です。

しかし、あまりにもガーゼを濡らしすぎてしまうと、違和感から嫌がってしまったり、耳の中に液体が入ってしまい頭を激しく振ってしまいます。濡らしたガーゼはしっかり絞り、耳の外側が少し湿るくらいに抑えましょう。

5.長時間かけて耳掃除する

耳掃除を嫌がる犬は多いので、どうしても耳掃除が数分掛かってしまう人も多いでしょう。しかし、時間が掛かれば掛かるほど犬は耳掃除を嫌ってしまいます。そのため、1回の耳掃除は2~3分以内に止め、無理強いはしないようにしましょう。

まとめ

耳掃除中のパグ

いかがでしたでしょうか。犬の耳掃除は、綿棒などを使わず、湿らせたガーゼで軽く汚れを拭き取る程度がちょうど良いです。やり過ぎには注意して、1~2週間に1度、汚れを拭うように耳掃除してあげましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。