犬に構いすぎるのがNGな理由3選!愛犬にとってはストレスになっているかも?

犬に構いすぎるのがNGな理由3選!愛犬にとってはストレスになっているかも?

1日のうち、どのくらいの時間を犬のために費やしていますか?愛犬のためなら、無理にでも時間を作ろうとする方もいるでしょう。しかし、それは本当に正しい行動でしょうか…?犬にストレスを与えていませんか?

お気に入り登録

適切な距離関係を保つ

パソコン作業をする女性に寄り添う犬

犬と人間が共存していくためには、付かず離れずの適度な距離感が大切です。犬が求める距離感は、犬種や性格によっても変わってきます。お互いが快適に心地良く生活するために、一緒に遊ぶ時間と自由な時間を作って過ごしてみましょう。メリハリがあることで、より良い関係性を保てるようになります。

犬に構い過ぎはNG。その理由は…?

紙を撒き散らしていたずらをした犬

1. 留守番ができなくなる

家にいる間、過剰なスキンシップで甘やかしてばかりいると、飼い主が出掛けた途端、犬の心は不安と寂しさでいっぱいになります…。その結果、どうにか飼い主の気を引こうとして、留守番中の問題行動に繋がるのです。

《問題行動の例》

  • 無駄吠え
  • 食糞
  • 部屋や家具を破壊する
  • ペットシーツを噛みちぎる

2. 飼い主に依存する

ドアの前で飼い主を待ち続ける犬

犬を溺愛する気持ちは、飼い主なら誰しも持っている感情です。「我が子が世界一可愛い♡」と思うのは当然ですが、過保護や過干渉は犬の成長を妨げる原因となります。飼い主への依存心が強いと、家中飼い主の後ろ姿を追い掛け、姿が見えないだけで鳴きながら探し回るようになります。

3. ワガママになる

ベンチの上で目を細めているチワワ

「ワガママ」という言葉は聞こえが良くないかもしれませんが、ワガママな犬は愛情深い性格の持ち主です。言うことを聞いてくれなかったりするのは、飼い主の育て方・接し方が原因となっている場合が多いのです。

犬がストレスを感じる瞬間

不機嫌そうな顔で伏せているフレブル

睡眠を妨害される

ベッドで眠る犬に寄り添う女性

犬の睡眠はほとんどが浅い眠りなので、しっかり体を休めるには、長い睡眠時間が必要です。眠りが浅い分、周囲の気配に対し、敏感に反応します。睡眠不足は稀に「ナルコレプシー」という睡眠障害を引き起こし、健康面に悪影響を及ぼします。

家族がよく喧嘩している

喧嘩するカップルに挟まれている犬

犬は平和主義な生き物です。家族が言い争いをしていたり、怒鳴ったりしている声は心理的ストレスを与えます。身の危険を感じて隠れたり、飼い主に恐怖すら覚えたりしていきます。大好きな犬に嫌われたら、飼い主としては切ないですよね…。犬の察知能力を侮ってはいけません。

自分だけの時間がない

ソファでクッションを枕にして眠る犬

甘えん坊な性格の犬でも、たまには飼い主の元から離れて気ままな時間を過ごしたくなるものです。自らトコトコ歩いてハウスに戻っていく日は、疲れているか、体調を崩している可能性が考えられます。自分に置き換えて考えてみると、体調が悪いときは安静にしていたいですよね。

長時間の留守番は極力控える

立ち上がって窓の外を見つめる子犬

犬が自分のペースで寛げる時間は必要ですが、決して留守番を推奨している訳ではありません。「犬がひとりでいる時間」と一括りにしても、飼い主がいるときといないときでは、犬の心境に違いがあるはずです。

各家庭で事情はあると思いますが、食事やトイレ、室温など配慮すべき点があるため、長時間の留守番はできるだけ控えるようにしましょう。

まとめ

寄り添って寝転ぶ男の子とゴールデンレトリバー

飼い主に構い過ぎの自覚がなくても、自分の時間を犠牲にしてまで犬のために捧げていたら、客観的に見て「構い過ぎ」に該当します。大好きな愛犬に甘えられたり要求されたりすれば何でも応えてあげたくなりますが、それは将来的に社会化の妨げになるかもしれません。何事もやり過ぎはNGです。程良いバランスを維持するよう心掛けてみてください!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。