犬が他の犬を遊びに誘っている時にする仕草や行動5つ

犬が他の犬を遊びに誘っている時にする仕草や行動5つ

愛犬が他のわんこと楽しそうに遊んでいる姿を見ると嬉しくなりますよね。今回はわんこが他のわんこを遊びに誘っている時にする仕草や行動についてまとめました。

お気に入り登録

1.上半身を低くしてお尻を突き出す

プレイバウの姿勢をしている犬

前脚全体をペタッと地面につけるように上半身を低め、お尻をプリッと突き出すポーズは「プレイバウ」と呼ばれます。直訳すると「遊びのお辞儀」となる通り、これは相手を遊びに誘っているときの典型的な仕草の1つです。

興奮状態によっては、プレイバウの姿勢をとったままでピョンピョンと飛び跳ねたりすることも。「ねえねえ、僕と遊ぼうよ!」と相手に激しく訴えかけているのです。

2.しっぽを振る

立っている犬のしっぽ

わんこの感情を最もよく反映してくれる体の部位といえば、しっぽ。しっぽを左右にフリフリする仕草も相手を遊びに誘っているときによく見られます。先にご紹介したプレイバウの姿勢のときも、突き出したお尻の先でしっぽをフリフリしていることがよくあります。

わんこがしっぽを振るときは、嬉しいときや興奮しているとき。「君に会えて嬉しい!早く遊ぼう!」もしくは「君と遊んでいることを想像すると興奮しちゃう!」と訴えているのかもしれません。

3.ワン!と吠える

芝生の上で吠えているリードをつけた犬

体の動きだけで興奮やワクワクを抑えきれないと「ワン!」と声に出して吠える場合もあります。最初からワンワンと吠えて誘ってくる場合もありますが、特に相手がなかなか誘いに応じなくてじれったいと思ったときによく見られる行動です。
太い声で吠えることもあれば、甘えるような「キュンキュン」といった声を出すこともあります。

いずれにしても、吠えることで相手を自分に注目させ「早く遊ぼうよ!遊びたくてたまらないよ!」とアピールしているのです。

4.相手を見ながら走り出す

広場で元気よく走っている犬

吠えるときと同様に、相手を遊びに誘い出したいという思いが先走ってしまった場合、相手の方を見ながら走り出すこともあります。わんこ同士の遊びの定番といえば、狩猟本能をかき立ててくれる追いかけっこですよね。

「ほらほら、早く追いかけてきてよ!」と相手を挑発しているわけです。それでも相手が誘いに応じてこない場合には、相手の近くに戻ってきてはまた走り出すという行動を何度も繰り返すこともあります。

5.甘噛みする

口を開けて嬉しそうにこちらを見つめる犬

わんこによっては、相手の耳やマズル辺りなどに軽く歯を当てる「甘噛み」によって相手を遊びに誘おうとする子もいます。初めて会った相手でその子の性格や癖がわからないと「攻撃してきている!?」と心配になってしまうかもしれません。

牙を立てない程度の甘噛みで、噛まれた方も嫌がっていないようであれば問題はありませんが、お互いの相性や力加減によってはそのままケンカに発展してしまうこともあるので、様子を見ていて危ないなと思ったら引き離すようにしましょう。

まとめ

広場で仲良く遊んでいる犬たち

いかがでしたでしょうか?他のわんこが苦手という子もいますが、他のわんこと遊ぶのが大好きという子の場合には、こんな仕草や行動で遊びを始めようとします。

ここでご紹介した遊びに誘うときの仕草や行動は、他のわんこ相手だけではなく、飼い主さんや人間に対してもとることがあります。愛犬がこんな行動で遊びに誘ってきたら、ぜひ遊びに加わってあげてください。きっと喜んで可愛い姿を見せてくれますよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。