あなたの家は大丈夫?犬が病気になりやすい『NG環境』4選

あなたの家は大丈夫?犬が病気になりやすい『NG環境』4選

犬が病気になってしまう原因はさまざまあり、そのなかには暮らしている環境によって病気になってしまうケースも珍しくありません。では、どのような環境だと犬が病気をしたり体調を崩しやすくなってしまうのでしょうか。4つのNG環境をご紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.滑りやすい床

フローリングに伏せるフレンチブルドッグ

犬が体調を崩したり病気になったり、ケガをしたりする原因はたくさんあります。普段過ごしている環境が病気の原因になっていることも少なからずあるといえるでしょう。例えばフローリングなどのツルツルした『滑りやすい床』は犬がケガをしたり関節系の病気になりやすかったりするといえます。

床が滑りやすいと犬は滑らないよう常に力を込めて踏ん張らないといけなくなるため、どうしても足腰の関節や筋肉などに負担をかけやすくなってしまいます。その結果、足腰に苦痛を感じる様々な病気…例えば『膝蓋骨脱臼』や『椎間板ヘルニア』などを発症してしまうことが多いそうです。

また、滑りやすい床は転倒しやすいのでケガをしたり骨折などをしてしまったりすることも珍しくありません。ですので、愛犬がいつも過ごしている床が滑りやすい場合はケガや病気を予防するために『滑りにくい床』へと改善しましょう。

コルクマットを敷いたり滑りにくいカーペットを敷いたりする、滑り止め効果のあるワックスを使う、といった対策をすると気軽に滑りにくい床にすることができますよ。

2.段差や家具の多い部屋

ソファの上から見つめる犬

滑りにくい床同様に犬にとってNGな環境となりやすいのが『段差や家具の多い部屋』です。犬が段差やソファなどの家具を何度も上り下りすることで足腰に痛めやすくなり、ケガや病気をすることが多くなってしまいます。

一例をあげると、ジャンプしたときや高い場所から降りたときの衝撃によって『関節炎』や『膝蓋骨脱臼』、『椎間板ヘルニア』といった病気になることがよくあります。

特にダックスフンドやコーギーなどの胴長犬種やトイプードル、チワワなどの犬種は段差を上り下りしたとき足腰に負担をかけやすいので、愛犬がこれらの犬種に当てはまる場合はなるべく段差のない環境を作ってあげることが大切となります。

ちなみに愛犬が過ごしている場所が『滑りやすい床』と『段差のある環境』両方当てはまる場合は、ケガや病気をする危険性がとても高くなってしまいますので、できるだけ早く対策をとることをおススメします。

3.温度の変化が激しい環境

布団の上で横になりながら見つめるヨーキー

暑い時期や寒い時期に室内の温度を適温に保つことは、犬の健康のためにとても大切となります。しかし、一日に何度も冷暖房器具の電源を入れたり切ったりして温度を調整するのは逆に愛犬の体調を悪化させてしまう原因になりやすく、結果的に病気を発症しやすくもなってしまうので温度の変化が激しい環境はNG環境といえるでしょう。

例えば、温度差が激しい生活を送っていると体が変化に対応しきれずに体調を崩す原因になる場合があります。環境の温度変化に伴い、湿度も変化しますので、呼吸器官に負担をかけてしまうことになります。

その結果、呼吸器系の病気に悩まされることになったり人の風邪とよく似たような症状、通称『犬風邪』と呼ばれる病気を発症してしまったりすることが少なからずあるそうです。

ですので、暑い時期や寒い時期に冷暖房器具を使う場合は極端に温度を変えないように気をつけましょう。そして冷暖房器具を切るときは急激に暑くなったり、冷え込んだりしないように気をつけましょう。

また、快適な温度に調整されている室内から外に出たときなども急激な温度変化によって犬の体に負担をかけやすいといえますので、少しずつ外の気温に慣れさせてから外に連れていくことをおススメします。

急激な温度変化によって体調不良や病気になるのは、犬だけでなく私たち人間にもいえることなので、あなた自身も体調不良になったり病気を発症したりしないよう日頃から温度管理には気をつけてくださいね。

4.暑すぎる場所・寒すぎる場所

毛布にくるまって顔を出す犬

暑すぎる部屋や寒すぎる場所も犬にとって病気になりやすいNG環境となります。30度を超える暑い日に暑さ対策をしていないと、犬は『熱中症』や『脱水症』などの病気になることが多いといえます。

さらにパグやシーズー、ボストンテリア、チワワなどの短頭種(鼻が低い犬種)は暑さによって呼吸器官に負担がかかりやすいので、呼吸器系の病気を発症するリスクが高くなってしまうといえるでしょう。

また、寒い環境だと関節炎に悩まされたり寒さによって水を飲む機会が減ることで泌尿器系の病気を発症しやすくなったりします。寒い時期は温度が低いだけでなく空気が乾燥するので犬の鼻や喉が乾燥し免疫力が低下してしまいます。

その結果ウイルスが体内に入り込みやすく、様々な病気を発症してしまうことが多いともいえます。さらに犬が心臓や腎臓の病気を持っている場合は、寒さによって病気が悪化してしまう可能性もあります。

犬種にもよりますが、基本的には犬にとっての理想的な温度は夏場だと22度~26度ほど、冬場は20度前後となりますので、愛犬が過ごしている環境の温度はこのくらいになるように調整してあげると健康を維持しやすくなるといえるでしょう。

まとめ

犬用ベッドの中から見つめるトイプー

今回は犬が病気になりやすいNG環境をご紹介しました。

  • 滑りやすい床
  • 段差や家具の多い部屋
  • 温度の変化が激しい環境
  • 暑すぎる場所寒すぎる場所

これらの環境は犬にとって悪影響を与えやすいといえます。もし愛犬がいつも過ごしている環境に当てはまる場合は愛犬の健康のためになるべく早く改善してあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。