犬が飼い主に呆れている時にする態度や仕草4選

犬が飼い主に呆れている時にする態度や仕草4選

犬は私たち飼い主のことをよく観察している上、多くの感情を持ち合わせています。そのため、飼い主の行動によっては、飼い主に対して呆れてしまうことも…。今回は、犬が飼い主に呆れている時にする態度や仕草を紹介します。

お気に入り登録

犬が飼い主に呆れることはあるの?

サンタの格好をさせられて不満そうに目を細める犬

犬はとても感情豊かな動物なので、人間と似た感情をたくさん抱きます。例えば、「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「寂しい」「イライラする」といった感情は、犬もよく感じます。

また、犬は飼い主や他の人の行動をよく観察しているため、その行動に対して感じる思いも多いです。中には、飼い主の行動に対して「大丈夫?」「しつこいな」と呆れてしまうことも。

過剰なスキンシップや落ち着きのない様子、さらに感情を上手くコントロールできない様子などに呆れる犬は多いです。こうした行動は信頼関係を損なう恐れもあるので、飼い主として気を付けましょう。

犬が飼い主に呆れているときにする態度や仕草

無表情で遠くを見つめる柴犬

犬は感情豊かな動物なので、喜んだり、悲しんだり、怒ったりと様々な感情を抱きます。中には、飼い主の行動に対して「何やってるの」「もういいや」といった呆れた感情を持つこともあるのです。ここでは、犬が飼い主に呆れているときにする態度や仕草を紹介します。

呼んでも反応が薄い

視線をそらしてベッドの上に伏せる犬

犬が飼い主に対して呆れているとき、飼い主が名前を呼んでも普段と比べて反応が薄いことがあります。チラッとこちらを横目で見るだけで、すぐに顔を戻してしまったり、中には耳だけで反応したりする犬もいます。

犬が飼い主の呼びかけに反応するのは、飼い主に対して信頼を寄せているからです。飼い主に呆れてしまっているときは、飼い主に対する信頼が低下しているため、いつものようにパッとこちらを振り向いてくれるなどの反応を見せてくれないことが多いです。

「ふっ」と短いため息をつく

飼い主の行動や様子に対して、不満を抱いたり呆れてしまったりしている場合、犬は飼い主を見ながら「ふっ」と短いため息をつくことがあります。

犬のため息には2種類あり、深い「ふーっ」というため息は満足しているときに見せるため息で、「ふっ」「ふん」といった短いため息は、不満やネガティブな感情を抱いているときに見せるため息です。

飼い主の行動に対して「何やってるの」「落ち着きがないな」と呆れているときにも、「ふん」「ふっ」といった短いため息をついて呆れていることを表すことがあるのです。

ぼ~っと無表情で見つめてくる

犬が飼い主を見つめてくるとき、様々な心理が考えられます。見つめてくるときの表情もよく観察すると違いがあり、不安なときは上目遣いでジッと見つめてきたり、嬉しいときは口角を上げて柔らかい表情で見つめてきたりします。

しかし、飼い主が落ち着かない行動を見せたり、慌てて失敗したりするなどの行動を繰り返し見せていると、焦点が合っていないようなぼ~っとした表情で飼い主を見つめてくることがあります。

これは「またやってるよ」「落ち着きがないな。大丈夫?」と呆れているときに見せる無表情です。少々冷ややかな表情に感じるので、気が付く飼い主さんも多いはずですよ。

動きを見せず脱力した様子で触られる

飼い主の両手で顔を包み込まれて無表情になっている犬

大好きな愛犬とスキンシップをとりたいという思いから、家に居る間はずっと抱きしめたり触ったりとべたべたしている…という人も多いでしょう。「愛犬も喜んでくれているはず」と思いきや、そうとも限りません。あまりにもべたべたと過剰なスキンシップを求めてくる飼い主に対して、「頼りないな」と呆れている犬も少なくありません。

そうした犬は、飼い主に無理やり抱きしめられたり抱っこされたりしているとき、「どうにでもなれ」といった様子で無表情で全く動かず、されるがままの脱力した状態で抱きしめられていることが多いです。

自分からスキンシップを喜び甘えてくる犬は、ポジションを変えたり体を擦り付けてきたりする仕草が見られます。こうした違いを察してあげてくださいね。

まとめ

頭に飾りをつけられて不満そうな犬

いかがでしたでしょうか。犬は様々な感情を抱く動物なので、飼い主に対して呆れることもあります。あまりにも呆れられてしまう行動をとっていると、信頼関係が崩れる恐れもあるので、今回紹介したような態度を見せている場合は気を付けましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。