犬の興奮を抑える方法3選!やってはいけない間違い行動まで解説

犬の興奮を抑える方法3選!やってはいけない間違い行動まで解説

犬は人間よりも野性の本能を強く残しているため、急激に興奮してしまうことも少なくありません。愛犬に落ち着きを取り戻してもらうためのしつけ方法が間違っていると、かえって興奮を助長してしまう恐れがあります。今回は興奮した愛犬を落ち着かせる方法とNGな対処法を解説いたします。

興奮した愛犬にNGなしつけ方法

暴れる犬を抑えようとする飼い主の男性

1.大きな声を出す×

愛犬が興奮して手が付けられなくなってしまうと、焦って「ダメ!」と大声で叱ってしまいやすいですが、飼い主さんが大声を出してしまうと余計に愛犬を興奮させてしまう恐れがあります。興奮状態の犬は我を忘れてしまいがちなので、飼い主さんの指示がなかなか届かないことが多いです。

2.強引に抑え込む△

お散歩時やドッグランなど公共の場にいるとき、飼い主さんには興奮して暴れている愛犬を制御する義務があります。他の人や犬との接触事故を防ぐためにも、愛犬を力尽くで抑え込む必要がある場合もあります。

しかしこれは最終手段であり、本来はトレーニングによって愛犬が自ら落ち着きを取り戻せるようにしておかなくてはいけません。その場限りで強引に抑えつけるのではなく、しつけトレーニングによって制御できるようにしておく方が根本的な解決に繋がります。

3.喜んで興奮している愛犬に応える×

犬が興奮するときは怒っているときや怖いときだけでなく、嬉しいときにも激しく興奮することがあります。分かりやすいのが「飼い主さんの帰宅時」で、帰ってきた飼い主さんに飛びついたり高くジャンプしたりして「会いたかった!」を伝えることがよくあります。

飼い主さんもつい抱きしめたり、お腹をなでたりして愛犬に応えてしまいがちですが、これは愛犬に「興奮癖」をつけやすくなってしまいます。

愛犬を落ち着かせるトレーニング方法

飼い主のそばにお座りする黒い犬

1.原因となる物事を排除する

外からの大きな音やインターホンの音など特定の原因があって興奮しているときには、原因となる物から愛犬を遠ざけてあげるのが効果的です。例えばお庭を歩く地域猫ちゃんを見て興奮してしまうなら、地域猫ちゃんが歩く場所の窓に目隠しを施して見えなくしてあげると良いでしょう。

インターホンの音に反応して興奮してしまうなら、インターホンの音量を小さくしたり「インターホンが鳴ったらハウスの合図」としてケージに入ったりするトレーニングをマスターするのも良いですね。おやつを活用すれば「インターホン=警戒」から「インターホン→ハウス→おやつがもらえて嬉しい」へのイメージチェンジが期待できます。

2.「待て」や「お座り」をマスターする

ただ「ダメ!」と叱るだけでは、犬には「どうすれば良いのか」が伝わりにくいです。しつけの際には叱るだけでなく「正しい行い」まで明確に指示してあげることがポイントです。正しい行いをして褒められたりおやつがもらえたりしたら、愛犬は「暴れるより静かにしていた方がメリットあるぞ」と理解しやすいです。

先ほどの「インターホン=ハウスの合図」のように、愛犬に明確な指示を覚えてもらうことは愛犬を制御するためにとっても重要です。犬のしつけと言えば「お座り」や「待て」ですが、これらはただの芸ではなく大変役立つコマンドなのです。

「待て」は愛犬の「グッとこらえる心」を育むしつけです。もしも愛犬が興奮して暴れまわってしまっても、「待て」をマスターできれば動きを止めてもらえます。「待て」ができたなら、次に「お座り」の指示を出してもっと冷静になってもらいます。犬は座ると冷静さを取り戻しやすいため、座った状態で静かに待っていられるようになることが目標です。

3.嬉しくて興奮しているときは「無視のしつけ」

飼い主さんの帰宅時や来客時など、愛犬が嬉しくて興奮しすぎているときには「無視のしつけ」が効果的です。もちろん犬にも感情があり、言葉が話せないからこそ態度で嬉しい気持ちを伝えてくれています。しかし犬の全力はとても強いので、飼い主さんや他の方の安全のために愛犬には「落ち着いたら構ってもらえる」ということを理解してもらいましょう。

少し胸が痛いのですが、喜んで大興奮中の愛犬には声をかけず、目もあまり合わさないようにしましょう。愛犬が落ち着いた後でコミュニケーションを取ったり、来客の方に遊んでもらったりしましょう。

遊んでいる最中に興奮がMAXになってしまい、お部屋を全力疾走してしまうわんちゃんも少なくありません。この場合も同じように、愛犬が興奮し始めたら遊びを一時中断し落ち着いた後で再開すると良いでしょう。

コツは「冷静な態度で接すること」

言葉で詳細に説明できない愛犬に何かを伝えるには、飼い主さんの「態度」がとても重要です。大きな声を出したり派手に愛犬を構ったりするなど、飼い主さんが冷静でない態度を取ると愛犬も冷静ではいられなくなってしまいます。興奮状態の愛犬の前では冷静さを保って接するよう意識し、コマンドや話し声も落ち着いたトーンを心がけることがコツです。

まとめ

立ち上がって飼い主を見つめる犬

愛犬の興奮を鎮めるために大きなポイントとなるのは、「お座り」「待て」「ハウス」などの基礎的なコマンドをマスターしてるかどうかです。コマンドはただの芸ではなく、愛犬の行動や情緒を制御するためにも重要なトレーニングです。まずはじっくり愛犬と向き合ってコマンドを完璧にすることが大切です。

それと同時に、飼い主さんが冷静な態度で興奮状態の愛犬に接するということも重要です。お散歩時やドッグランなどの公共の場、そして来客時などに愛犬の興奮をセーブできないと、他の人やわんちゃんとのトラブルのリスクが高くなります。1日2日では完璧になることはできませんが、ぜひじっくりと愛犬と一緒にトレーニングを乗り越えていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。