なぜ犬は自分のウンチを食べてしまうの?3つの理由と改善方法

なぜ犬は自分のウンチを食べてしまうの?3つの理由と改善方法

犬が自分のウンチを食べてしまう「食糞」は、飼い主さんにとっては衝撃的なことかもしれません。しかし、動物が食糞をすることはそれほどおかしなことではないのです。この記事では、犬がウンチを食べてしまう理由や改善方法を解説します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

理由①食べ物のにおいがする

舌なめずりをしている犬

原因や心理

犬がウンチを食べる理由として、ウンチから食べ物のにおいがしたり、とてもお腹が空いていたりと、食欲が影響していることが考えられます。

基本的に適切な食事を与えていればひどい空腹になることはないと思いますが、過度なダイエットを行っていたり、虐待などで適正な飼育環境でなかったりする場合などには、ウンチを食べて空腹をしのぐことがあります。

また、ウンチに食べ物のにおいが強く残っている場合に、つい口にしてしまうということもあります。犬は味覚よりも嗅覚が優れているため、においが食欲と直結しています。においが残りやすい食事をした場合や、子犬や老犬など十分に消化吸収が行えていない場合などに食べ物のにおいがウンチに残ってしまうことがあります。

対策や改善方法

消化機能が未熟でウンチに食べ物のにおいが残りやすい上、好奇心旺盛で何でも口にしてしまう子犬は食糞をしやすい傾向にあります。また、食糞はくせになりやすいので一度経験すると、その後繰り返し行ってしまう傾向にあります。

そのため、くせにならないうちにできるだけ早くやめさせることが大切です。子犬や老犬の場合は、消化吸収を助けるためにドッグフードをふやかしたり、少量ずつこまめに食べさせたりするなど食事の与え方を工夫しましょう。また、消化酵素のサプリメントを追加するのも効果的です。

理由②退屈しのぎやストレス解消

トイレットペーパーを散らかして遊ぶ犬

原因や心理

留守番中に退屈しているときや、何らかのストレスを感じたときに吠えやいたずら、自傷行為などの問題行動を起こすことがあります。その問題行動のひとつに、食糞も入るのです。

ストレスを感じたからといってなぜ食糞をするのかと、理解できない飼い主さんもいると思います。しかし、ストレスや不安を感じているときに起こす行動は、犬自身も無意識・無自覚に行っていることが多く、ただ体を動かすことでそれらの感情を緩和しているのです。

対策や改善方法

退屈を感じたときに遊びのつもりで食糞を始めてしまった犬の場合は、留守番中や一人遊び用のおもちゃを工夫してあげるようにしましょう。ボールやぬいぐるみなどのおもちゃをポンッと渡すだけでは、犬はすぐに飽きてしまいます。遊んでいる最中に形が変わるおもちゃや、おやつを詰めて遊ぶおもちゃなど、犬が頭を使う知育系のおもちゃを用意してあげてくださいね。

また、ストレスを感じている場合はその原因自体を解消することが必要です。この状態で食糞だけを叱ったりやめさせようとしたりしてもなかなかうまくいかないでしょう。

理由③飼い主に構ってほしい

退屈そうに伏せているパグ

原因や心理

飼い主さんの気を引くために犬がウンチを食べてしまうということは非常に多くあります。犬がウンチを食べると、飼い主さんはとてもびっくりすると思います。

そこで、慌てて駆け寄って抱き上げたり、大きな声を出したりすると、犬は飼い主さんに注目してもらえたと喜んでしまうのです。ちょっとした騒ぎのようになると、犬は飼い主さんも遊んでいると勘違いしたり楽しい気持ちになってしまったりして、食糞をすることが増えてしまいます。

また、トイレのしつけをする中で強く叱ったことがあると食糞するようになることもあります。飼い主さんはそんなつもりではなくても「ウンチをしたから叱られた」「早くウンチを隠さなきゃ」という心理が働いて、ウンチを食べてしまうことがあるのです。

対策や改善方法

食糞をすると、飼い主さんは驚いたり慌てたりすると思いますが、そうした反応が犬を喜ばせてしまっている可能性があります。特に飼い主さんから注目されたり、構ってもらったりすることが大好きな犬は、いたずらなどわざと怒られるようなこともします。

食糞をやめさせたい場合は、ウンチをしたらすぐに片付けて食べるタイミングを与えないようにしたり、ウンチをした瞬間におやつを離れた場所に投げてトイレから遠ざけるようにしたりしましょう。万が一食べてしまっても、慌てず騒がず冷静に対応するようにしてください。

まとめ

トイレシートに座ってじっと見つめるチワワ

犬がウンチを食べる食糞は、動物にとっては異常な行動ではありません。食欲やストレスなどが原因になることはめずらしくなく、飼い主さんの気を引くために食糞をする犬もいます。

しかし、見ている飼い主さんからすると、食糞は絶対にやめさせたい行動のひとつだと思います。食糞をやめさせるためには、とにかくウンチを食べるタイミングを与えないことと、食べてしまいそうになったときに大騒ぎしないことです。

犬のトイレは即座に片付け、ウンチを食べそうになったらテーブルを叩くなど、大きな音で一瞬びっくりさせて犬の動きを止めます。そして、もし食べてしまっても無視するか、目を合わせず無言で片付けをするようにして「ウンチを食べても飼い主さんは構ってくれない」ということを学習させましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。