犬が『おねだり』をしている時にする仕草や態度5選

犬が『おねだり』をしている時にする仕草や態度5選

おねだりしている犬の顔は、可愛くてつい甘やかしたくなってしまいます。一番良い顔をしている、と言っても過言ではないかもしれません。そんなおねだりに関する「仕草」「態度」の種類をご紹介していきますね♡

お気に入り登録

犬がおねだりで見せる可愛い仕草

じっと見つめるロットワイラー

1. 飼い主をじっと見つめる

視線を逸らさず飼い主をじっと見ているときは、何か訴えたいことがあるのでしょう。例えば「目の前にあるおやつを欲しがっている」「散歩に連れて行って欲しい」など…。「言わなくても分かるよね?」という犬の心理がひしひしと伝わってきます。

2. 「ワンッ」と大きく吠える

口を開けたテリア

大きな声で吠えるときは、自分に注目して欲しい気持ちを行動で示しています。犬は意味なく吠えたりはしません。「無駄吠え」という言葉はありますが、吠えるときは必ず理由があるはずです。吠え癖が付くと、外出先で周りに迷惑をかけることがあるので、早めの改善に努めましょう。

3. 立ち上がって手招きする

おねだりして立ち上がる犬

後ろ足で立ち上がり、前足を使って手招きしているときは「ちょうだい!ちょうだい!」の全身アピールです。食べ物の要求でよく見られるポーズになります。二足歩行で一生懸命手を動かす姿から、目が離せなくなります♡

4. 鼻でツンツンする

鼻を近づけるビーグル

飼い主の体の一部を犬の鼻でツンツン。これは構って欲しいときに見せる動きです。「一瞬でも良いからこっちを見て〜?」という少し控えめな愛情表現です。遠慮がちな態度というところが可愛らしいですよね。

5. 仰向けでおなかを見せる

仰向けになるキャバリア

おなかを見せる仕草は、飼い主を信頼して安心しきっている証拠です。仰向けでゴロンと寝転び、前足を揃えて待っていたら「撫でて〜♡」とおねだりしています。急所であるおなかを見せるのは、動物にとっては珍しいことなんですよ!

おねだりに応じるのは程々に

横目で見る犬

わがまま犬に育つのは飼い主のせい?

求められたおねだりを全て受け入れ続けていると、犬の要求はどんどんエスカレートしていき、歯止めが効かなくなります。「社会化」に向けたしつけをするのは、飼い主の役目です。過度な甘やかしは、犬のためにならないのです。

たまには「無反応」を貫く

いつでも構ってあげたくなる気持ちをぐっと堪えて、たまには無反応を貫きましょう。目を合わせたら最後、あらゆる手段を駆使しておねだり癖が発動するでしょう。敢えて犬を見たり撫でたりしないように意識します。

人間の食べ物はあげないで!

キッチンにいる犬

ドッグフードは、人間の食べ物よりもずっと薄味に作られています。「見た目は似ているから大丈夫」と安易に考え、与えるのは危険です。また、パンやクッキーのように見た目がそっくりだったとしても、食品に含まれる糖分や塩分の量は、人間用と犬用で全く異なります。

野菜や果物の中には犬が食べられるものもありますが、「ぶどう」や「ネギ」など絶対に与えてはいけない食材があります。手作りごはんをあげる際は十分注意して下さい。

まとめ

楽しそうに走る犬

上記の中で、皆さんの愛犬に当てはまる仕草はいくつありましたか?我が家のチワワは、2匹とも3つの内容が当てはまります。おねだりポーズは様々で、犬の個性が見て取れるのも面白いポイントです☆

気を付けて探してみると、もっと印象に残る仕草が見つかるかもしれません。今回の記事には書かれていない可愛らしい行動を見かけたら、是非教えていただきたいです!

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。