飼い主以外に懐かない犬が反抗的な態度をとるときの対処法

飼い主以外に懐かない犬が反抗的な態度をとるときの対処法

飼い主さん以外の人には懐かない犬が、ほかの人に対して反抗的な態度を見せる時、飼い主としてどう対処すればよいのでしょうか。

お気に入り登録

犬が飼い主以外の人に懐かない理由

上目づかいで伏せている犬

飼い主さん以外の人が怖いから

飼い主さん以外の人に懐かない犬にとっては、飼い主さん以外の人は正体のわからない、何をするか全く予想もつかない、宇宙人のような存在でしかありません。どんな怖いことをされるかわからないと考えているのなら、強い警戒心を持つのは無理のないことです。

飼い主さん以外の人に興味がないから

人に対して警戒心を持つことがなくても、飼い主さん以外の人に懐かない犬にとって飼い主さん以外の人には全く興味がありません。無視する、というよりも全く眼中にないのです。

飼い主さん以外の人に好意を持てないから

飼い主さんを深く強く愛し、飼い主さんだけに依存しているような犬は、飼い主さん以外の人に対して、興味を持たず、当然好意も持ちません。

人間に対する犬の反抗的な態度

ベンチに座って目を細めているチワワ

威嚇する

歯をむき出し、鼻先に皺を寄せて目に怒りを帯びている時は「近づくな!」という強烈な意思表示です。

ぶるぶると震える

体を低くし、全身をぶるぶると震わせている時は怯えて、竦み上がっている状態です。そんな状態で無理に近づいたり、抱き上げたりするのは、犬にとっては目の前に棒を振り上げた人間が立ちふさがっているのと同様の恐怖です。

全く関心を示さない

呼んでも来ない、全く飼い主さん以外の人が名前を呼んでも全く無視し、呼んでも来ません。そして、決して目を合わせず、完全に無視します。

犬が反抗的な態度をとる時の対処法

吠える黒い犬

敵意がないことを理解させる

無理にコミニケションを取ろうとせず、同じ空間にただいるだけ、という距離感を保ちます。犬を直視せず、むしろ「あなたには関心がないよ」というくらいのそっけない態度の方が犬の警戒心を解くことが出来ます。

犬が楽しいと感じる時間を共有する

飼い主さんと共に散歩に同行してもらったり、同じ部屋で食事をしたり、あえて犬と親しくして欲しい人と犬が「家族」として過ごす時間を増やし、犬が楽しいと感じる時間をたくさん共有してみましょう。

焦らず、気長に対処する

一番大切なことは、例え飛躍的に進歩がなかったとしても、家族以外の人に懐かなくても、反抗的な態度を取らないようにするために一番大切なことは、決して焦らないことです。

まとめ

飼い主に抱きしめられている犬

飼い主さん以外に懐かない犬、あるいは飼い主さん以外の人に心を開くのに時間が必要な犬は、人間に対して強い警戒心を持っているのと同時に、自分なりの「信頼できる相手かどうか」の判断材料を多く持っているのではないでしょうか。

とすれば、愛犬がどんな人とでも愛想よく出来るようにと焦ったり、人とのコミュニケーションを強要したりする必要はありません。犬が判断できる状況を整えて、犬が自分自身で考え、進化していく愛犬の変化と成長を見守りましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。