犬に与えてはいけない『水』5選!実はこんな水がNGだった!

犬に与えてはいけない『水』5選!実はこんな水がNGだった!

毎日愛犬が飲んでいる水。基本的には水道水を与える飼い主が多いですが、中には犬に与えてはいけない水もあることをご存知でしょうか。今回は犬に与えてはいけない『水』について解説していきます。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

毎日愛犬が飲んでいる水…何を与えてる?

草むらに置かれたボウルから水を飲む犬

皆さんは毎日愛犬が飲む水に何を与えていますか。多くの人が水道水を与えていると思います。水道水は犬にとって無害なので、毎日常用する水としては、水道水が最適です。

しかし、もしもどうしても水道水をそのまま与えることに抵抗があるのであれば、水道水を一度沸騰させたり、軟水であれば与えても問題ありません。最近では、犬や猫などのペットに与えられる水を市販しているペットショップもあります。気になるようであれば、こちらもチェックしてみましょう。

犬に与えてはいけない『水』とは

砂浜でペットボトルから水をもらう犬

水の中には、犬に与えてしまうと危険な水もあることをご存じでしょうか。ここでは、犬に与えてはいけない水の種類を紹介します。以下のような『水』は愛犬に与えないようにしてください。

1.炭酸水

まず、市販されている炭酸水はNGです。犬にとって刺激が強すぎますし、炭酸によって不自然な満腹感を抱いてしまうため、ごはんを食べなくなる恐れがあります。また、市販されている香料の付いた炭酸飲料の場合、多くの糖分や人工甘味料が含まれています。与えてしまうと肥満になってしまうため、絶対に与えないでください。

2.フレーバーの付いた水

最近では、軟水であってもフレーバーの付いた水が販売されるようになりました。季節によっては旬のフルーツなどを使っているものもあるため、それを楽しみにフレーバー水を購入している人も多いでしょう。

しかし、香料が付いた水は、犬にとって嗜好品となってしまうためNGです。また、フレーバー水の中には、人工甘味料や糖分が僅かながら含まれている物もあります。

3.水たまりの水

水たまりの水を飲む犬

雨の日や雨が降った次の日、散歩中に水たまりの水を犬が飲んでしまったという経験はありませんか。水たまりの水も様々な菌や汚れが含まれているので、犬にとって良くありません。

また、水たまりの上を車が通っていた場合、ガソリンなどが水たまりに落ち、含まれている恐れもあるので非常に危険です。散歩中は水たまりの水を誤飲しないよう、注意を払いましょう。

4.プールの水

犬と一緒に入れるプールも少ないですがあります。しかし、プールには、消毒液などが含まれている可能性があるので、ゴクゴクと大量に飲まないようにしましょう。水遊びをしている最中に誤って口に入ってしまう程度であれば、問題ありません。

5.海水

海辺を走る2匹の犬

海水はご存じの通り、塩分が非常に濃いです。そのため、海水を飲んでしまうと、塩分過多となり、塩中毒や様々な病気を引き起こす恐れがあります。海遊びをしている最中に、誤って口に入ってしまう程度であれば、こちらもプールと同様、問題ありません。しかし、海遊び中に水分補給として海水を飲ませるのは避けてください。

これらの水は注意が必要!なるべく避けて

ペットボトルから直接水を飲む犬

上記で紹介した水を飲ませるのはNGですが、それ以外にもできるだけ避けるべき水が存在します。以下の2つの水は、常用しても問題ありませんが、条件次第ではNGとなりますので気を付けましょう。

  • 硬水
  • 温泉水

硬水は硬度が高すぎる物はNGです。温泉水は飲料用の水も販売されているため、飲料用であれば問題ないとされています。しかし、飲料用ではない温泉水は、様々な成分が含まれています。その中には、犬にとって悪い影響を与える成分が含まれていることもあるので、飲料用以外は与えないようにしてください。

まとめ

水道から流れる水を飲む犬

いかがでしたでしょうか。基本的に犬に与える水は水道水が適しています。しかし、どうしても気になるようであれば、最初に紹介したような種類の水を与えましょう。今回紹介したようなNGな水は与えないようにしてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。