犬に絶対してはいけない『間違ったお手入れの仕方』4選

犬に絶対してはいけない『間違ったお手入れの仕方』4選

良かれと思って毎日しているお手入れ方法が実は間違っていた!ということは割とよくあったりします。もしこれからご紹介するお手入れの仕方に心当たりがあるのでしたら、お手入れの仕方を改善する必要があるといえるでしょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.毎日シャンプーするのはNG

浴室でシャンプーされている犬

人間は毎日頭や体を洗って綺麗にすることが多いですよね。同じように愛犬にも毎日シャワーやシャンプーを使って清潔に保つようにしている。そんな飼い主はいると思います。

しかし、人間と違って犬の場合は毎日シャンプーする必要はありません。むしろ毎日シャンプーで体を洗うと必要な皮脂を取り過ぎてしまって、皮膚が乾燥したり皮膚トラブルを起こしやすくなったりするので要注意。

犬のシャンプーは基本的に2、3週間に一度行うくらいで十分です。もし散歩などで体が汚れてしまいひどい汚れではない場合は、タオルを濡らして汚れたところを拭き取ることをおススメします。

2.週に何度も綿棒を使って耳掃除するのはNG

耳掃除をしてもらうチワワ

あなたは愛犬の耳を週に何度も掃除していませんか?もし心当たりがあるのでしたら、それはやりすぎなお手入れとなります。特に綿棒でゴシゴシ擦りながら汚れを取っている場合は耳の皮膚を傷つけてしまう危険性がありますので、間違った手入れをしているといえるでしょう。

基本的には犬の耳掃除も2週間に一度ほどで良いといえます。耳掃除をするときに綿棒を使うと犬が突然動いたときに耳の奥まで綿棒が入ってしまって耳を傷めてしまう可能性があったり、綿棒で強く擦ってしまうとその刺激で耳が炎症しやすくなったりします。

また刺激によって過剰に皮脂が出てしまうようになると耳の中が不衛生になって、耳の病気を発症してしまうことも多かったりするのです。

ですので、自宅で耳掃除をするときは基本的に綿棒を使わないようにしましょう。犬用のイヤークリーナーを耳の中に数滴たらして耳を優しく揉んでから、湿らしたガーゼで耳の中を優しく拭き取るように掃除する。もしくはイヤークリーナーを染み込ませたガーゼを使って耳の中の汚れを優しく拭き取る。といった方法をおススメします。

ちなみに耳はとてもデリケートな部分ですので、私の個人的な意見としては動物病院やトリミングサロンで耳掃除してもらうのが一番良いと感じています。

3.力を入れながらお手入れするのは逆効果

飼い主に歯磨きされている犬

  • ブラッシング
  • シャンプー
  • 耳掃除
  • 歯磨き

などのお手入れ全般にいえることなのですが、お手入れをするときはゴシゴシ力を入れるのは絶対にNGです。なぜならガンコな汚れを取ろうと思って力を入れながらお手入れすると、皮膚などにダメージを与えてしまい、トラブルを起こしてしまう危険性がとても高いからです。

例えば力を入れながら歯磨きをした場合は、歯ぐきを痛めてしまって歯肉炎になってしまう可能性が高いといえます。シャンプーのときにゴシゴシ力を入れて洗ったり、皮膚にブラシを擦りつけるようにブラッシングしたりしてしまうと、皮膚が炎症をおこすなどの皮膚トラブルが起きやすくなります。ですから、お手入れをする際は力を入れないで優しく行うようにしてくださいね。

4.犬の体をアルコール(エタノール)で消毒するのは絶対NG

消毒液で手を消毒する人

新型コロナウイルスの影響によって、一日に何度もアルコール消毒液で消毒を行うようになった。という人はたくさんいることと思います。

「愛犬がウイルスによって病気にならないように体を消毒してあげよう!」そう感じて一日に何度か愛犬の体をアルコール消毒液で拭いている飼い主もなかにはいるのではないでしょうか?ですが、犬にアルコール消毒液を使うのはすごく危険なことなので絶対にやめてください。

犬はアルコール(エタノール)の成分を分解することができません。もし体内にアルコールが入ってしまうと中毒を引き起こしてしまうことになってしまいます。犬がアルコール中毒になってしまうと…、

  • よだれがでる
  • 嘔吐
  • 心拍数の増加
  • 呼吸がはやくなる
  • ふらつく
  • 震えがでる
  • 呼吸困難
  • 昏睡状態になる

といった症状が出てしまうことになります。酷い場合だと命を亡くしてしまう危険性もあるそうです。アルコール消毒液を使うときは直接犬の口にアルコールが入る可能性は低いといえます。しかし、アルコール消毒液で拭かれた自分の足や毛を犬が舐めて中毒を引き起こしてしまうというケースは割とよくありますので注意が必要といえるでしょう。

体や毛に付着しているアルコール消毒液を少し舐めたくらいだと酷い中毒症状がでてしまう可能性は低いと思いますが、体質によっては少量でも重度の中毒症状が出てしまうことがあるので、愛犬の安全のためにアルコール消毒液は使わないようにしてあげてくださいね。

まとめ

ブラッシングしてもらう犬

今回は犬に絶対してはいけない間違ったお手入れの仕方を4つご紹介しました。愛犬のことを思ってしている行為が実際には愛犬に悪影響を与えてしまっていた…ということは珍しくありません。

もし今回ご紹介した間違ったお手入れの仕方に心当たりがあるのでしたら、いつも行っているお手入れの方法を変える必要があるといえるでしょう。正しいお手入れの仕方でこれからも愛犬の体を清潔に保ってあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。