洋服を着せるべき犬種5選

洋服を着せるべき犬種5選

犬は寒さに強い子がいれば寒さに弱い子もいます。寒さに弱い犬は服を着ないでお出かけをしてしまうと体調を崩しやすくなるので、冬は洋服を着せて寒さ対策をしてあげることをおススメします。ではどのような犬種が洋服を着せるべき犬種となるのでしょうか。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.チワワ

モデルなチワワ

  • 体高  : 約15cm
  • 体重  : 約 2kg
  • 原産国 : メキシコ

小さなオオカミ!そんなイメージを抱きやすい外見をもつ可愛いチワワは、寒さに弱い犬種として知られています。チワワの被毛はスムースコート(短毛)ロングコート(長毛)2タイプに分かれます。

どちらも皮膚を保護する被毛と保温効果のある被毛、2種類の被毛をもつダブルコートの犬種となりますので寒さにそれほど弱くないと思われがちですが、体が小さくて被毛も細いので寒さに弱いそうです。ですから寒い時期に外へお出かけさせるときは洋服を着せて温かくしてあげる必要があるといえるでしょう。

2.マルチーズ

仰向けで見つめるマルチ

  • 体高  : 約20cm
  • 体重  : 約 3kg
  • 原産国 :マルタ共和国

真っ白な被毛をもつぬいぐるみのようなマルチーズも寒さに弱い犬種の1種となります。チワワと違って保温効果のある被毛が少なく皮膚を保護する被毛が多いシングルコートタイプの犬種となり、生えている被毛も柔らかくて細いのでどうしても寒さに弱くなってしまいます。

また、マルチーズは古くから船乗りや貴族たちに愛玩犬として可愛がられてきた歴史がありますので、暖房器具のある人間との生活環境に慣れてしまった結果として、寒さに対する耐性があまりないのかもしれませんね。散歩に連れて行くときは寒さ対策として服を着せてあげることをおススメします。

3.トイプードル

可愛く見つめるトイプー

  • 体高  : 約25cm
  • 体重  : 約4kg
  • 原産国 : フランス

テディベアのような巻き毛が特徴的な可愛らしいトイプードルは一見「暖かそうな被毛だなぁ」というイメージを持ちやすいですが、実際には保温効果のある被毛が少ないシングルコートの犬種となりますので寒がりな犬種となります。

また、トイプードルのカールした被毛はホコリなどのゴミが絡みやすいので、汚れ防止などの意味でも外出時は洋服を着せることをおススメします。とても被毛が絡みやすい犬種となるので毎日ブラッシングしてあげることが大切といえるでしょう。

4.ミニチュアピンシャー

森の中のミニチュアピンシャー

  • 体高  : 約30cm
  • 体重  : 約 4kg
  • 原産国 : ドイツ

ドーベルマンのようなカッコいい外見をしながらも小さくて可愛らしいミニチュアピンシャーは、短毛で筋肉質な体型をしている犬種となります。その見た目から寒がりなイメージを持つ人は多いと思いますが…ご想像のとおり実際に寒さに弱い犬種といえるでしょう。

保温効果のある被毛が少ないシングルコートに加えて被毛がとても短く、筋肉質な体型であるために脂肪も少ないという、まさに寒さ対策が必要な犬種といえるでしょう。ミニチュアピンシャーの被毛は洋服を着せているときに被毛同士が擦り合うことで毛玉になってしまう、ということが少ないので被毛のお手入れが楽といえそうですね。

5.ヨークシャーテリア

寝ながら見つめるヨーキー

  • 体高  : 約20cm
  • 体重  : 約3kg
  • 原産国 : イギリス

茶系と銀色系の被毛をもつヨークシャーテリア。パッと体を見ると被毛の量が多いように感じますが被毛は柔らかくて細いシングルコートの犬種となり、体も小さいので寒がりな犬種として知られています。

実際に私の愛犬はヨークシャーテリアの血が濃いミックス犬となるのですが、寒い時期になると布団に潜り込んで眠ったりコタツの中でまったりするのが大好きだったりします。外に出かけるときは洋服が必須といえそうですね。

またヨークシャーテリアやマルチーズなどの小型犬は特に心臓の病気を発症しやすいので、寒い時期は寒さによって心臓に負担をかけないよう外出時は洋服を着せてあげることを強くおススメします。

まとめ

服を着るフレンチブルドッグ

今回は洋服を着せるべき犬種を5種ご紹介しました。ご紹介した犬種以外にも洋服を着せるべき犬種はたくさんいます。たとえば…、

  • 体が小さな犬種
  • 皮膚トラブルが起きやすい犬種
  • 心臓の病気になりやすい犬種
  • 暖房器具の温かさに慣れている犬
  • 寒がりに育った犬
  • シニア犬

といった特徴をもつ犬や犬種は状況に応じて洋服を着せた方が良いといえるでしょう。これから訪れる寒い季節は特に洋服が必要となってきますので、愛犬が寒そうにしていたら体調を崩さないよう洋服を着せてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。