犬の散歩中に絶対してはいけないNG行為5選!最悪の場合、大事故に繋がることも…!

犬の散歩中に絶対してはいけないNG行為5選!最悪の場合、大事故に繋がることも…!

大好きな飼い主さんと一緒に歩ける散歩の時間を楽しみにしている犬は多いですが、愛犬との散歩中にNG行為をしていませんか?大事故に繋がってしまうこともあるので、この機会にチェックしてみましょう。この記事では、犬の散歩中に絶対してはいけないNG行為についてご紹介します。

お気に入り登録

愛犬との散歩中のNG行為に要注意

飼い主と道を散歩しているパグ

犬は飼い主さんと散歩をすることによって運動不足やストレスが解消されたり、脳に刺激を与えたりすることができます。

散歩は犬の心身の健康を維持していくために欠かせないものなのですが、散歩中にNG行為をしてしまうと犬を危険にさらしてしまう可能性があります。場合によっては、大事故に繋がることもあるので十分注意しなくてはいけません。

そこで今回は、犬の散歩中に絶対してはいけないNG行為をご紹介したいと思います。愛犬に危険が及ばなくても、周囲に迷惑をかけてしまうNG行為もあるので要チェックです。

NG行為①ノーリード

ノーリードで飼い主と走るポメラニアン

犬にリードをつけないノーリードでの散歩は危険なだけでなく、各地方自治体の条例違反にもなるため絶対にNGです。

普段はおとなしくお利口な犬でも、ノーリードでの散歩中に何かに驚くなどしてパニックになった場合、急に走り出して車にひかれてしまったり、他人や他犬に飛びかかってしまったりする可能性はゼロではありません。

またリードで制御できない状態で歩いている犬は、犬が苦手な人にしてみれば怖いものです。世の中は犬好きな人ばかりではないということを忘れないようにしましょう。

NG行為②リードを長く持つ

リードを長く持つ女性とダックスフンド

条例違反にはなりませんが、リードを長く持って散歩をするのもNGです。伸縮リードを伸縮自在の状態にしての散歩も同様です。リードが長い状態だと、何かあってもすぐに犬を制御できません。口にしてはいけないものを拾い食いしてしまったり、車や自転車、人、犬に突進してしまったりする可能性があり、大変危険です。

愛犬の散歩へ行くときは必ずリードをつけて出かけ、散歩中はリードをしっかりと短く持って、飼い主さんのそばを歩かせるようにしましょう。リードを長くするのは、周囲に迷惑のかからない、広くて安全な場所にとどめましょう。

NG行為③排泄物の放置

ウンチ袋をくわえるチワワ

愛犬が散歩中にした排泄物の放置は、人に不快感を与える迷惑なNG行為です。「誰も見ていないから」「自分一人ぐらい」といった気持ちで愛犬の排泄物をそのままにしていってしまうと、他の飼い主さんや犬たち全体が世間から厳しい目で見られるようになってしまうかもしれません。

散歩中に愛犬が排泄をしたら、必ずウンチは持ち帰って各自治体のルールに従って処分し、オシッコはペットボトルに入れた水で流すようにしましょう。

アスファルトにしたオシッコは水で流すとかえってオシッコが広がってしまうので、トイレシーツでオシッコを吸い取ってから水で流し、さらにトイレシーツで吸い取るのがおすすめです。トイレシーツは、4分割にしたものを持ち歩くと便利です。

NG行為④人の迷惑になる場所でのマーキング

散歩中にマーキングをするキャバリア

犬が片方の後ろ足を上げて電柱などに小出しにオシッコをすることを『マーキング』と言います。散歩中にあちこちに自分のにおいをつけて、他の犬に存在をアピールしているのです。多くのオスに見られる行動ですが、メスも自分の発情期をオスに知らせるためにマーキングをすることがあります。

マーキングは犬の習性ですが、よそのお宅の敷地やその付近(門扉や塀、玄関前、花壇など)など人の迷惑になる場所でのマーキング(オシッコ)は避けるように、飼い主さんが配慮する必要があります。

愛犬がマーキングしたあとに飼い主さんがしっかり水で流したとしても、それでも衛生面やにおいが気になる人はたくさんいます。またマーキングが同じ場所で繰り返されれば、コンクリートや鉄の素材のものも劣化や腐食してしまいます。

他の犬のオシッコのにおいを嗅ぐとマーキングが誘発されるので、マーキングさせたくない場所では足早に去るなどして、におい嗅ぎをさせないようにしましょう。また、なるべく自宅で排泄を済ませてから散歩に出かけるようにしましょう。

NG行為⑤リードを引っ張らせる

リードを引っ張る2頭のシベリアン・ハスキー

散歩の時間を楽しみに待っていた犬は、外に出るとはやる気持ちを抑えきれずにグイグイとリードを引っ張って進んでしまいがちです。でも、飼い主さんが犬に引っ張られるまま進んでしまうのはNGです。「リードを引っ張ると進める」と学習してしまうと、大事故に繋がりかねません。

例えば、犬が道の反対側に気になるものを見つけて急にリードを引っ張って車道に飛び出して交通事故に遭ったり、急に犬に引っ張られた飼い主さんが転倒してケガを負ったりする恐れがあります。「うちは小型犬だから大丈夫」と思うかもしれませんが、小型犬であっても瞬間的に出る力は想像以上です。

愛犬がリードを引っ張ったら飼い主さんはそれを許して進むのではなく、すぐに止まって愛犬が引っ張るのをやめたら進むようして、「リードを引っ張らなければ進める」と学習させましょう。

愛犬がリードを引っ張ったときに引っ張ってやめさせようとすると、さらに愛犬が引っ張り返し、不毛な引っ張り合いっこになってしまうので注意を。

まとめ

散歩中に芝生で休むジャック・ラッセル・テリア

今回は、犬の散歩中に絶対してはいけないNG行為を5つご紹介しました。愛犬の命にかかわるような大事故が起きてしまってから後悔しても遅いです。愛犬の身を守るためにも、周囲に迷惑をかけないためにも、愛犬との散歩中にご紹介したようなNG行為をするのは絶対にやめましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    20代 男性 匿名

    ノーリードは皆さん知ってますよね。さすがにいないと思いますがいるのが現状です。実際数年前に見ました。利口で従順でも制御可能でも着けましょう。
    収縮リードは賛否両論あると思いますが俺的には指示で制御できたり側帯歩行出来れば良いと思う。
    排泄物の放置は人だけでなく犬も苦しめる。苦しめるは言い過ぎか?居場所を減らすと言った方が適切か。そんな非常識な行動すれば当然出入り禁止になる。実際そんな事例があった。
    ここにあるNGする人は散歩しないで欲しい
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。