『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている4つの行動

『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている4つの行動

この記事では「『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている行動」をテーマに、飼い主さんのことが大好きなワンちゃんがよくする行動についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている行動1:常に近くにいる

足に寄り掛かる犬

飼い主さんのことが好きなワンちゃんがよくする行動でまず紹介するのが「常に近くにいる」です。

家にいるときに近くを見るとワンちゃんがいることがないでしょうか?その時のワンちゃんの行動は、飼い主さんに遊んで欲しいアピールをしたり、特に何をしてくるのでもなく毛づくろいをしているなど様々ありますが、近くにいるということは警戒していないということです。

ましてや、警戒心の強い犬がリラックスしているならばそれだけ飼い主さんのことが信頼出来て、好きであるということです。

一緒にいるときにワンちゃんが常に近くに来てくれるのは嬉しいことかもしれませんが、寝るときなどの別々に過ごす時にも近くに来て、引き離そうとするとソワソワしたり、吠えたりする場合は分離不安症の可能性もあります。

そのため、日頃から一緒に過ごす時と過ごさない時をワンちゃんに教えてメリハリのある生活をすることを心がけるようにしてください。そうすることによって未然に防ぐことが出来ます。

『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている行動2:帰宅時に歓迎してくる

喜ぶ犬

次に紹介する飼い主さんのことが好きなワンちゃんがよくする行動は「帰宅時に歓迎してくる」です。飼い主さんが帰宅した際にワンちゃんがクーンと高い声で鳴いたり、顔を見た瞬間に尻尾を振りながら歓迎してくることがあれば、ワンちゃんは飼い主さんのことがとても好きです。

中にはしつけをしてこのような行動をしないこともありますが、飼い主さんのことが大好きなワンちゃんであればどのような形であっても嬉しい素振りをするはずです。そのため帰宅時にワンちゃんの様子をぜひ確認してみてください。新しい発見があるかもしれません。

『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている行動3:心配してくれる

寄り添う犬

また、飼い主さんのことが好きすぎるワンちゃんがよくしている行動として、「心配してくれる」もあります。例えば、飼い主さんが悲しんでいたり、どこか体調が悪い時にワンちゃんが近くにきて様子を伺ったり、ペロペロして労ってくれる時です。

飼い主さんのことをとても大切に思っているので心配し、大丈夫だよと話せない代わりにこのような行動をして、愛情表現をしているのかもしれません。

『飼い主が好きすぎる犬』がよくしている行動4:警戒しない

お腹を出して寝る犬

最後に紹介する飼い主さんのことが好きすぎるワンちゃんがよくしている行動は「警戒しない」です。例えば急所であるお腹を見せてきたり触っても平気そうにしている場合や大切なおもちゃを触ったり遊ぶようなことをしてもワンちゃんが嫌がったり怒らない場合、飼い主さんのことを大好きだと思っています。

しかし、実際は嫌がっていることもあるため、あまりしつこくそのような行動をしたり、少しでも嫌そうな素振りをするようならば止めてあげてください。

まとめ

抱きしめられる犬

このようにワンちゃんが飼い主さんのことが好きだと話せない代わりに仕草でその気持ちを表現します。大切に育てて楽しい時間を過ごしてきているならばワンちゃんは間違いなく飼い主さんのことが好きであるため、例え今回紹介した行動をしなかったとしても両思いであることに違いはありません。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。