犬に絶対言ってはいけない『言葉』3選

犬に絶対言ってはいけない『言葉』3選

犬は人間の言葉を理解できていない…そう思っていませんか。実は、近年の研究によると、そうとも限らないのです!今回は、犬に絶対言ってはいけない言葉を紹介するので、このような言葉は絶対に言わないでください。

お気に入り登録

犬は人間の言葉を理解しているの?

首をかしげるシェパード

犬は言葉が話せないため、基本的に行動や仕草、表情などで気持ちを伝えたり、読み取ったりしています。では、犬はまったく人間の言葉を理解していないのでしょうか。

実は、犬がまったく人間の言葉を理解していないとは言い切れません。たしかに、人間の使っている言葉を明確に、すべて理解しているわけではありません。

しかし、飼い主の行動と言葉を日々観察しているうちに、「こういう意味なのかな?」という大まかなニュアンスは理解していると考えられています。

また、人間と共存してきた長い歴史を持つ犬には、遺伝的に人間の表情や声のトーン、行動などから感情を読み取る能力、さらには先を読む予想する能力が長けています。

こうした遺伝的に受け継がれている能力によって、犬はある程度、人間の話す言葉にどのような意味やニュアンスが含まれているのかを理解しているという説が、現段階では濃厚です。

犬に絶対言ってはいけない言葉とは?

悲しそうなパグ

犬は人間の話す言葉を100%理解はできていません。しかし、ニュアンスや意味を大まかに理解することはできます。したがって、犬が傷つくような言葉を言っていると、犬もその意味を理解し、深く傷ついてしまう恐れがあるのです。

では、犬に絶対言ってはいけない言葉には、どのような言葉があるのでしょうか。

1.あっちに行って!

机の下に潜る犬

忙しい時や、こちらに近付いてほしくないタイミングなど、愛犬に向かって「あっちに行って!」と冷たく、強く言ってしまっていませんか。

「あっちに行って!」という言葉自体を明確には理解していなくても、「飼い主さんが自分に嫌な感情を抱いている」「なんだか嫌われた気がする…」といった大まかな意味は理解してしまいます。

すると、「もう僕は必要ないのかも」「もうかまってもらえないのかも」と不安や恐怖といった感情を抱いてしまい、深く傷つけてしまう恐れがあります。

2.邪魔

「あっち行って」と似た言葉ですが、「邪魔」という言葉を言う際、多くの人が無意識のうちに、強い口調で発していたり、面倒くさそうな表情で発していたりします。こうした表情と言葉を組み合わせて、犬はその言葉の意味を理解してしまいます。

また、中には無意識のうちに手をシッシッと払うようなジェスチャーを入れて「邪魔」と言ってしまう人もいます。こうしたジェスチャーを交えてしまうと、余計に犬は明確に意味を理解してしまいます。

「ここにいちゃいけないの?」「一緒にいたいのに、飼い主さんが嫌がっている」と理解してしまうと、仲間意識の強い犬にとっては大きなダメージとなります。このような言葉やジェスチャーは絶対にやめてください。

3.「もう嫌い」

怯える子犬

愛犬がいたずらばかりしている時、あるいは問題行動を頻発している時、ついつい精神的に限界を迎えてしまい「もう嫌い」という言葉を言っていませんか。短い言葉ですが、この言葉を発している時の表情は、ひどく冷たく、声のトーンも低いことが多いです。

すると、その表情の変化や声のトーンの低さに犬は敏感に反応し、「どうしたのだろう」と飼い主のことをジッと観察します。

その後も飼い主がかまってくれない、無視するといった態度によって、「嫌われたかもしれない」と明確に意味を理解することがあります。

こうした心理を活用し、しつけを行う方法もありますが、「嫌い」というように衝撃の強いワードは、犬にとってトラウマを植え付けるニュアンス言葉となる事があります。どんなに大変でも「嫌い」という言葉は言わないようにしましょう。

まとめ

悲しそうなゴールデンレトリーバー

いかがでしたでしょうか。犬は人間の言葉を完璧に理解していません。しかし、そのニュアンスは汲み取る能力に長けているため、大まかな意味は理解できてしまいます。『親しき仲にも礼儀あり』という言葉があるように、犬が傷つくような言葉は言わないようにしましょう。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    50代以上 女性 匿名

    多忙な時や苛々してる時などに言ってしまいそうな言葉です。
    雰囲気でも読み取ってしまうので、愛犬達に使う言葉を選ぶようにしてます。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。