愛犬にイライラしてしまう時に絶対してはいけないNG行為3選

愛犬にイライラしてしまう時に絶対してはいけないNG行為3選

犬を育て、一緒に生活をしているとどうしてもイライラしてしまう時があると思います。しかし、どんなにイライラしたとしても絶対にしてはいけないことがあります。ここでは愛犬にイライラしてしまう時のNG行為を紹介します。

お気に入り登録

NG行為①感情的に怒る、体罰を与える

握りこぶしと犬

愛犬にイライラしてしまうのは、「しつけがうまくいかない」「思ったような生活ができない」など、犬が原因で苦労する場面が多いのではないかと思います。

確かに、何度教えてもトイレを失敗されたり、忙しいタイミングで部屋をぐちゃぐちゃにされたり、近所迷惑が心配な時間に吠えて騒がれたりすると焦ったりイライラすると思います。

しかし、そうしたイライラとした感情を思いのままに愛犬にぶつけるのは絶対にNGです。イライラしたからといって、「バカ!」「うるさい!」などと感情的に怒鳴りつけたり、体罰を与えたり、物に八つ当たりしたりすることは絶対にやめましょう。

感情的な怒りをぶつけることは、しつけではありませんし、ただ怒鳴りつけられたり痛めつけられるだけでは飼い主がなぜ怒っているのか理解できないでしょう。理解できないということは、また同じ粗相やいたずらがくり返されるということです。

そうすると「昨日怒ったのに、また同じことをして!!」とさらに怒りが増長されてしまいます。ただ感情的に怒るだけでは、どうすることが正しいかということが犬には伝わらないのです。

また、怒られている理由がわからないことから、飼い主さんに対して不信感を抱くようになる危険性もあります。飼い主さんの怒りの原因が自分の行動だということを理解できないと、「急に怒られるからあまり近寄らないようにしよう」と思われてしまうでしょう。

NG行為②無視、放置する

窓際にいる犬

愛犬にイライラした時に、感情的に怒ることは犬に恐怖心や不信感を持たせてしまうことになるのでNGです。そのため、イライラとした気持ちがおさまるまで、愛犬から離れてクールダウンすることはとても有効な手段だと思います。

あえて距離を取ることで気持ちを落ち着かせて、穏やかに接することができるようになれば問題ありませんが、長時間に渡って無視し続けることはやめましょう。愛犬に対して腹を立てながら無視を続けたり、イライラするからといってお世話やしつけを放棄することはしてはいけません。

飼い主さんのことが大好きな犬たちにとって、無視されることはとても悲しいことです。そのため、いたずらをした時や騒いでいる時などに無視をしてやめさせるというしつけの方法もありますが、ただ見放すように無視や放棄をすることは愛犬との関係性を悪化させてしまうことにつながるでしょう。

NG行為③自分自身を責める

落ち込む女性

犬を飼い始めたばかりの飼い主さんに多いようですが、愛犬にイライラしてしまう自分自身を責めて落ち込んでしまうということがあります。楽しみにしていた犬との生活が、思っていたよりも大変で楽しみよりも苦労の方が多いと感じることもあると思います。

特に子犬や家庭に迎え入れたばかりの犬は、しつけも出来ておらず、飼い主さんとの生活リズムも簡単には合わないことでしょう。そうした中でイライラしてしまうのは、ある意味当然のこと。いくらかわいい愛犬でも、粗相やいたずらばかりされたり、伝えたいことが伝わらなかったりすればどうしてもイライラしてしまうと思います。

そのため、愛犬に対してイライラしてしまうことはおかしなことではありませんし、責める必要もありません。「飼い主失格だ…」「犬と生活していく自信がない」などと落ち込んでしまう人もいますが、イライラするのは愛犬のことを真剣に考えている証拠です。

「一緒に楽しく暮らしたい」「いい子に育って欲しい」と考える飼い主さんだからこそ、焦りや不安からイライラしてしまうのだと思います。決してイライラする自分を責めることなく、気分転換をしながらゆっくり愛犬と向き合っていくようにしてくださいね。

まとめ

犬を抱きしめる女性

愛犬にイライラしてしまうのは、多くの飼い主さんが経験していることだと思います。イライラするのは、愛犬のことを真剣に考えているからこそ。そのイライラを愛犬に対してぶつけてしまったりすることはNGですが、必要以上に自分を責める必要はないでしょう。

イライラしてしまうことに罪悪感を感じたり、自己嫌悪に陥ったりすると愛犬とのドッグライフを楽しめなくなってしまうと思います。気分転換をしながら、愛犬といい関係を築き楽しい生活を送ってくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。