犬が飼い主に『お尻をぶつけてくる』心理4選!良い意味なの?それとも悪い意味?

犬が飼い主に『お尻をぶつけてくる』心理4選!良い意味なの?それとも悪い意味?

この記事では、ワンちゃんが飼い主さんにお尻をぶつけてくる時の心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

お気に入り登録

ワンちゃんが飼い主さんにお尻をぶつけてくることがあるかと思いますが、その時のワンちゃんはいったいどのような気持ちなのでしょうか?

良い意味であるかそれとも悪い意味であるのか、いったいどちらなのかを紹介していきたいと思います。

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる心理1:甘えたい

ソファに座る犬と女性

お尻をぶつけてくるワンちゃんの心理として、まず紹介するのが「甘えたい」です。特にワンちゃんが退屈そうにしている時にしてきた場合、飼い主さんに遊ぼうと誘っているのかもしれません。

以前にもワンちゃんがお尻をぶつけて来た際に飼い主さんが構ってあげたことがあるならば、その時の出来事をワンちゃんが覚えていてまた遊んでもらえると思ってこのような行動をした可能性があります。

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる心理2:信頼している

膝にお尻を付ける犬

次に紹介するお尻をぶつけてくる心理は「信頼している」です。これはワンちゃんが野生で暮らしていた頃の習性が由来しています。本来犬は群れを形成して、集団で暮らしていました。その際に寝る時や、休む時にお互いがお尻をつけて各々が向いている方を監視していました。

つまり、飼い主さんのことを仲間であると認識している表れです。仲間とは信頼していなければ成り立たない関係です。そういう意味からワンちゃんが飼い主さんにお尻をぶつけてくる心理として信頼しているからということが考えられます。

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる心理3:安心したい

ベッドで寝る犬

犬は警戒心の強い動物です。そのため何か警戒しなければいけない事が起きたら、それに対応するための行動をします。そのような時にワンちゃんが飼い主さんにお尻をぶつけて来たら、ワンちゃんは「安心したい」という心理からこの行動をした可能性があります。

日常生活において考えられるのが、何も用意していないのにいきなり大きな音が断続的に鳴った時や、知らない人が近くに来た時です。

このような時にワンちゃんがお尻をぶつけてきたら、飼い主さんにお尻をぶつけることによって安心したいと思っている事が多いです。

お尻をぶつけてきた後もしばらく警戒していたら、まだ安心出来ていないと考えられるので大丈夫であるということを優しく伝え、撫でてあげるなどしてワンちゃんのことをリラックスさせてあげてください。

犬が飼い主にお尻をぶつけてくる心理4:リラックスしている

飼い主の足に座る犬

最後に紹介するお尻を飼い主さんにぶつけてくる心理として紹介するのが「リラックスしている」です。前述のとおり、犬は警戒心の強い動物です。そのため背中を見せるという行為をするのは信頼している相手でないとしません。

しかし、お尻をぶつけてきてそのまま飼い主さんにくっついたまま休んでいたり、寝てしまった場合は安心出来る飼い主さんの近くでリラックスしていると考えられます。

まとめ

振り向く犬

このようにワンちゃんが飼い主さんにお尻をぶつけてくるのは良い意味であるということが分かりました。

お尻をぶつけてくるワンちゃんの姿はとても愛くるしいものです。その様子を見たり、そのままワンちゃんのお尻を撫でるなどしてたくさん癒されてみるのはいかがでしょうか?ワンちゃんも大好きな飼い主さんに構ってもらえて喜んでくれると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。