犬が食べると死に至る『超危険な食べ物』4選

犬が食べると死に至る『超危険な食べ物』4選

人間には無害でも、犬にとっては有害な食べ物は多く存在します。その中には、食べてしまうと命にかかわる超危険な食べ物もあるので、飼い主は注意しなければいけません。今回は、そんな犬が食べると死に至る危険性のある食べ物を紹介します。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬が食べると死に至る超危険な食べ物一覧

犬と危険な食べ物

私たち飼い主が食べることができても、犬にとっては有毒となる成分を含む食べ物は多くあります。量によっては死に至る危険のある食べ物もあるので、要注意です。では、一般的に危険と言われている食べ物の中でも、どのような食べ物が特に危険なのでしょう。

1.ダークチョコレート

ダークチョコレート

チョコレートは犬が食べると腹痛や下痢、嘔吐といった中毒症状を引き起こすため、あげてはいけない食べ物の代表的存在です。しかし、基本的にミルクチョコレートやホワイトチョコレートなどは、板チョコを何枚も食べなければ、中毒症状は起きにくいとされています。

これはカカオの含まれている量が、ミルクチョコレートやホワイトチョコレートでは非常に少ないためです。

しかしダークチョコレートは別です。ダークチョコレートにはカカオが多く含まれているため、少しの量でも死に至る危険性があります。特に小型犬は体が小さい分、少しでも口にしてしまうと重症化し最悪死に至る危険性があります。

2.ぶどう

ぶどうを見る犬

実は、チョコレートよりも危険度の高い食べ物と言われているのが『ぶどう』です。ぶどうに分類される食べ物であれば、干しぶどうやマスカット、レーズンなども危険性が高いと言われています。

しかしぶどうが犬にとって有毒性が高いという話は、チョコレートほど知られていません。そのため実際にどのくらい食べてしまうと致死量に至るのかは明確に示されていないのです。

ですが実際にぶどうを食べたことで中毒症状を引き起こし、犬が死に至ってしまうケースがいくつも報告されています。死に至る事故が報告されている上、致死量が明確にわかっていないため、その分、犬にとっては怖い食べ物と考えられています。

3.キシリトールガム

キシリトールガム

キシリトール入りのガムや歯磨き粉などは多くありますが、キシリトールは犬にとって毒性の高い食べ物です。人間の場合はキシリトールを摂取するとインスリンを抑制する働きがありますが、犬の場合はインスリンの発生を促進してしまいます。インスリンは血糖値が上がりすぎないよう抑える働きのあるホルモンなので、犬の場合はキシリトールを摂取することで低血糖などの状態に陥ってしまうのです。

キシリトールが入っているガムなどを誤食してしまうと、けいれんや昏睡状態に陥ることが多く、最悪の場合、死に至る危険性があります。実際に死亡例が報告されているため、キシリトールガムなどは少量であっても食べさせてはいけません。

4.タマネギ

タマネギ

私たちが日常的に食べているタマネギも、犬には与えてはいけない食べものとして有名ですよね。しかし「実際にタマネギはそこまで危険ではないのでは?」と言っている人も見かけます。

たしかに健康な犬であれば、腹痛や下痢といった症状で治まることも多いため、ネット上でも「うちの子は食べちゃったけれど大丈夫だった」などの体験談も見かけます。

しかしたまねぎの致死量や摂取時の反応には個体差があり、実際に死亡例も報告されています。最悪の場合を考え、タマネギを与えることはやめましょう。

食べ物以外にも死に至る危険物が…注意して!

たばこの吸い殻を見る犬

犬が口にしてしまうと死に至る可能性のある超危険な食べ物を4つ紹介しました。しかし犬が誤食、誤飲してしまうと死に至る可能性のある物は、食べ物だけではありません。以下のような物は非常に危険なので、誤飲しないよう注意しましょう。

  • たばこ
  • 植物(ディフェンバキア、ナンテン、キョウチクトウ、スイセン、スズラン、ツツジなど)

特に散歩中は要注意です。花壇に植えられている花に有毒成分が含まれていたり、道端にたばこの吸い殻がポイ捨てされていたりするからです。

飼い主が少し目を離している隙に、愛犬が興味を持って口に含んでしまう事故も珍しくありません。散歩中はこのような物を拾い食いしないよう注意しましょう。

食べてしまった場合は早急に病院へ

診察される子犬

いかがでしたか。中毒症状とは言え、死に至るほどでもないだろうと高をくくっていると、いざ誤飲してしまった時に取り返しの付かないことになる恐れもあります。今回紹介した食べ物は、愛犬が誤飲しないよう注意して扱いましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。