子供が犬を抱っこするのは危険?抱っこさせるコツや絶対注意すべきこと

子供が犬を抱っこするのは危険?抱っこさせるコツや絶対注意すべきこと

犬が好きな子どもの多くは、触りたがったり抱っこしたがったりすることでしょう。しかし、犬の抱っこは子どもだけで行うと危険な場合があります。犬も子どもも怪我をしてしまう可能性があるので、大人の方がコツや注意点をしっかりと教えて安全に抱っこできるようにしてあげてください。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

①まずは大人と一緒に練習する

抱っこされているMダックス

子どもが犬を抱っこしたがるときは、まず大人の方が正しいやり方を教えて、安全に抱っこできるように練習しましょう。
犬の体の側面にしゃがみ、片手で下からお尻をすくうように支え、もう片方の手で前から胸の辺りを包み込むようにして抱えます。自分の体にぴったりとくっつけるようにすると、犬も安心して体を預けることができると思います。

犬を直立させた姿勢で抱っこすると腰に負担がかかってしまいますし、仰向けに抱っこされると犬は恐怖心や不安感を抱きます。また、持ち上げるだけで足やお尻が空中に浮いている状態では、落ち着かずに暴れやすいので体を密着させるようにしましょう。

犬が落ち着かず暴れてしまうと、子どもの力では落としてしまうこともあり、それによって犬が骨折など怪我する可能性もあるので、抱っこの仕方には十分注意しなければなりません。また、大型犬や10kg以上ある中型犬は、子どもの力で抱っこするのはむずかしいのでやらないようにしましょう。

②慣れるまでは座って抱っこする

座っている男の子と犬

犬の正しい抱っこの仕方を教えて、しっかりと抱っこできるようになってきても慣れるまでは座った状態で抱っこするようにした方がいいでしょう。

座った状態であれば、万が一犬が暴れて逃げ出しそうになっても、高い位置からの落下を防ぐことができるので安全だと思います。できれば大人の人も前に座るなどしてサポートしてあげるといいでしょう。

座っている状態で犬の方が近づいてきたり、ひざに乗ってきたりしたらそのまま抱き上げやすいと思います。抱き上げられることがわかっていてそばに寄ってくるということは、犬も嫌がっていないことがわかるので、子どもの場合はまず座って抱っこさせるようにしてくださいね。

③前足を持って抱き上げないこと

犬の前足

立っている状態から犬を抱き上げる場合など、犬の前足を伸ばすように持って引っ張り上げる人がいますが、これはとても危険なのでやめましょう。

確かに体の軽い小型犬などであれば、ひょいと簡単に持ち上げられると思いますが、引っ張り上げることで脱臼したり筋を痛めたりすることがあるので注意してください。

また、胴長タイプの犬種の場合腰を痛めることもあるので、抱き上げる際は必ずお尻と胴体両方を支えるようにしましょう。

④逃げる犬を捕まえるのはNG!

ジャックラッセルと追いかける男の子

子どもが抱っこをしたいと思っていても、犬はそんな気分ではないということ場合も少なくありません。おもちゃ遊びをしたかったり、自由に歩き回りたかったりと違うことに夢中になっているときは特に抱っこを嫌がることでしょう。抱っこをしようとしたときに、犬が逃げるような様子を見せるときは無理に追いかけて抱っこするのはやめましょう。

抱っこはスキンシップのひとつですが、ある種拘束されることにもなるので好まない犬も少なくありません。追いかけて無理に捕まえてする抱っこは、人に対して不信感を抱かせる原因にもなりかねないので気をつけてください。

まとめ

ゴールデンに抱き着く女の子

子どもが犬と仲良くすることはとてもいいことだと思いますが、抱っこを含めた正しいスキンシップの仕方はまず大人が教えてあげる必要があります。

犬が好まない抱っこの仕方は、関係性を悪くしたりお互いの怪我の原因になったりもします。犬と子どもが楽しく安全なコミュニケーションをとることができるように、まわりの大人がしっかりとサポートしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。