犬が『我慢』をしている時に見せる仕草3選

犬が『我慢』をしている時に見せる仕草3選

犬は言葉を話せない分、さまざまな仕草で気持ちを表現します。犬が何かを我慢している時の仕草を知り、適切な対応やストレスケアをしてあげましょう。

お気に入り登録

1.嫌なことを我慢している時の仕草

あくびをするトイプードル

体を掻く

犬はストレスを感じている時や、気持ちを落ち着かせたいと思っている時などに『カーミングシグナル』というボディランゲージを見せます。体を必要以上に掻いている様子が見られた時は、かゆみなどからではなくストレスサインかもしれないということを覚えておきましょう。

この場合、毛が抜けたり血がにじむ程掻きむしってしまうことがあるので、原因追及とともにストレス解消や気を紛らわすことを考えてあげてください。

あくびをする

叱られてストレスを感じている時などに上記で紹介した『カーミングシグナル』としてあくびをする犬も数多くいます。寝起きや遊び疲れた後などにあくびをするのは自然な行動ですが、飼い主さんの顔を見ながらあくびをしたり、短い時間で何度もあくびをくり返している時はストレスによるものである可能性があります。

手足を舐める、尻尾を噛む

留守番でさみしさを我慢している時や強いストレスを感じている時などに、自分の手足の先を舐め続けたり、尻尾を噛んだりすることがあります。この仕草は無意識に行っていることも多く、皮膚が炎症を起こしたり出血したりしても痛みに気づかず行動をくり返してしまうことがあります。

2.トイレを我慢している時の仕草

振り向く子犬

お尻のあたりを気にする

おしっこやうんちを我慢している時には、自分のお尻や陰部を気にする仕草を見せる犬が多くいます。我慢の限界が来ておしっこが少しずつ漏れてきてしまう時などに自分で舐めとっていることもあるでしょう。

頻繁にお尻の辺りを気にしている仕草が見られたら、トイレシートをきれいにしたり外に連れ出すなどトイレへ誘導してあげましょう。

地面のにおいを嗅ぐ

犬は排泄時に場所を決める際、その周辺の地面のにおいを嗅ぐなどして状態を確認します。その場でクルクルと回ったり、軽くステップを踏むような仕草をしてから排泄をするのも、安全な場所であるか確認しているのだと考えられています。

そのため、何かを探るように地面のにおいをかぎ回っている時は排泄を我慢しているサインかもしれません。

3.痛みを我慢している時の仕草

寝ている柴犬

丸くなって動かない

犬は体に痛みや違和感を感じていても、自分から「痛いよー!」「助けて―!」と訴えかけてくることはあまりありません。薬を飲む・病院にいくなど、人間のように痛みに対処する方法を犬は知らないため、体力を使わないようにしてじっと痛みに耐えるしかないのです。

そのため、いつもより長い時間寝ている時やお腹を守るようにして丸くなって身動きしない時には痛みや違和感を我慢している可能性が考えられます。痛みの強さによって、小刻みに震えていることなどもあるのでいつもと違う様子が見られたらしっかりと観察するようにしましょう。

クンクン鼻を鳴らす

痛みをこらえきれない時に、「クーン」「キュンキュン」「ヒーン」などという声を漏らすことがあります。特に骨折など突発的な怪我をした時や痛みに慣れていない場合などに、そのような様子を見せる犬が多いようです。見た目に異変はなくても、関節を脱臼している可能性なども。

かまって欲しくて鼻を鳴らすこともありますが、長い時間おさまらない時は動物病院で健康診断や検査を行ってもらうなどすると安心です。

まとめ

伏せているパグ

犬は言葉を話すことができませんが、表情や仕草・カーミングシグナルを含むボディランゲージなどさまざまな方法で感情表現や意思表示をします。特に強くアピールするような表現ではなく、我慢している時の仕草はとてもわかりにくいので気がつかないことも多いかもしれません。

しかし、その我慢が積み重なることで大きなストレスを抱えてしまったり、身体的なトラブルにつながってしまうことも…。繊細の心と体を守るためにも、犬の我慢している時の仕草やストレスサインに気がついてあげられるよう、日頃から愛犬の様子をしっかりと観察しておきたいですね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。