犬が飼い主の近くで寝る心理3選!その場所によっても意味が異なるって知ってた?

犬が飼い主の近くで寝る心理3選!その場所によっても意味が異なるって知ってた?

この記事では愛犬が飼い主さんの近くで寝る時の心理についていくつか紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

お気に入り登録

犬が飼い主の近くで寝る心理1:安心したい

飼い主と眠る犬

ワンちゃんが飼い主さんの近くで寝る際の心理としてまず紹介するのが「安心したい」です。

犬は警戒心の強い動物なので眠る場所を決める際にそこで寝ても安全であるかを考えます。寝る時というのはいくら警戒心の強い犬であっても無防備になるわけですので、飼い主さんの近くで寝るというのは安心出来ると思っているからです。

また、今までは違う場所で眠っていたのにある時から飼い主さんの近くで寝るようになったのであるならば、もしかすると以前までワンちゃんが眠っていた場所が安全に眠れる場所ではないと判断して、安心してゆっくり寝たいという気持ちから飼い主さんのそばで眠るようになった可能性も考えられます。

犬が飼い主の近くで寝る心理2:飼い主さんを守りたい

周囲を見る犬

次に愛犬が飼い主さんの近くで寝る際の心理と紹介するのが「飼い主さんを守りたい」です。

先ほども書きましたが犬は警戒心の強い動物です。本来の野生の頃の習性として群れで生活してた際に寝る時はお互いを守るようにしてお尻をくっつけて眠っていました。

そのため、特にお尻を飼い主さんに向けて足元の辺りに眠っていたら飼い主さんが寝ている間は守るという気持ちで眠っているのかもしれません。

また、最近ワンちゃんの周りで何か警戒心を与えてしまう出来事が起きていたらそれも関係している可能性があります。

その出来事によってワンちゃんは些細なことにも警戒するようになってしまい、大切な仲間である飼い主さんのことも守りたいと思うようになって寝る際に無防備になってしまうことから安心して眠れるように「守りたい」という気持ちになったということです。

いずれにしても、愛犬と飼い主さんの間に強い信頼関係がなければこのような気持ちをワンちゃんは抱かないと思います。

犬が飼い主の近くで寝る心理3:暖まりたい

ブランケットを使う犬

最後に紹介する愛犬が飼い主さんの近くで眠る心理は「暖まりたい」です。

特に冬に考えられる心理ですが、寒さに弱い犬種だと眠る際に寒いとゆっくり寝ることが出来ないため、飼い主さんの近くで暖かい状態で眠りたいと思っている場合も考えられます。

夏などの室温がある程度高い時は別の場所で寝ていたのに寒くなってから近くで寝る頻度が増えたのであれば、「暖まりたい」と思っている可能性が高まります。

近くで寝る姿を見るのは嬉しいことかもしれませんが、その時ワンちゃんは寒いと思っているかもしれないので、室温が低い状態ならば暖房器具を使うかブランケットなどを用意してワンちゃんが過ごしやすい環境作りをしてあげると、快適に寒い時期も過ごせるかと思います。

寝る場所によって愛犬の気持ちが違う?

飼い主の横で眠る犬

飼い主さんのことを頼りにしていたり、動物の世界にある上下関係を引き合いに出すと、飼い主さんのことを上の立場と思っていたら足元側に寝て、逆の心理状態だと顔や頭の近くで寝るといわれています。

しかし、これは一般的にいわれていることであってワンちゃんの性格や環境によっては当てはまらない場合もあります。

まとめ

伏せている犬

このようにワンちゃんは飼い主さんの近くで寝る際に色々なことを考えています。今回紹介したこと以外のワンちゃんの心理もありますので、愛犬が近くで寝てた際は一度考えてみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。