犬同士でも『いじめ』はあるのか?

犬同士でも『いじめ』はあるのか?

今回は犬同士のいじめをテーマに取り上げてみます。多頭飼いをされている方は気がかりではないでしょうか。この記事では、犬同士のいじめが起こり得る原因と対処法についてご紹介していきます。

お気に入り登録

犬同士でもいじめはあるの?

犬同士のけんか

そもそも犬同士でもいじめはあるのか?についてですが、「いじめ」という言葉は人間同士にのいざこざに対して使う言葉です。ただ今回は、解説のために「いじめ」という言葉を使っていきたいと思います。

犬同士においては順位づけのために、まるで「いじめ」のように争いが起こることがあります。犬は群れで暮らす習性を持つため、自分以外の相手に優越を付けるからです。たとえ人間と暮らすときでも、自分と相手のどちらが優位なのかを確かめます。

犬を飼う中でもいじめが起こり得る原因がいくつかあり、とくに多頭飼いをする方は参考にしてください。

犬のいじめが起こる原因

引っ張り合い

では、犬のいじめが起こる原因について見ていきましょう。これから新たな犬を迎え入れようとしている方、多頭飼いをされている方は次のような原因に注意してみてください。

1.飼い主が新入りをかわいがる

先住犬が新入りをわかりやすくいじめる原因といえば、ヤキモチです。人間と同じように犬もヤキモチを妬きます。犬にとって飼い主の存在は絶対なのに、後からきた犬が可愛がられてしまえば、つい攻撃してしまうのもたやすく想像できますね。

人間でも上の子が下の兄弟をいじめてしまうことはよくありますが、犬同士も同じなんですね。とくに多頭飼いをする場合は、先住犬を優先しないと「飼い主さんが取られた」という嫉妬と、自分が劣位になるという不安を愛犬に与えてしまうのです。

2.先住犬の縄張り意識が強い

たいていの犬はそうですが、自分の生活ペースや居場所が変わることを嫌がります。とくに縄張り意識が強い神経質な犬の場合は、「ここに入ってくるな!」とばかりに新入りを威嚇して追い払うことも。

すぐに慣れてしまう犬もいれば、いつまでも威嚇する犬もいるでしょう。そんな姿ばかり目撃してしまうといじめられていると感じてしまうかもしれません。

3.新入りの犬が積極的

人懐こい元気な新入りの犬は、先住犬にとって厄介者になることも。「遊ぼう!」としつこく誘っては「あっち行け!」と吠えたり唸ったりされてしまう姿を目撃するでしょう。そこで新入りをかばってしまうと、いじめのような行動はさらに激化してしまうので要注意。

4.犬の衰退

犬同士は順位づけする習慣があるため、先住犬が衰退していくにつれて新入りが攻撃的になるケースもあります。ほかの後輩犬たちと共謀を企てるかのように結束することも。その際には飼い主さんが先住犬を保護してあげる必要があります。

犬同士のいじめが起きたときに飼い主ができる対処法

犬のけんか

犬もいじめのような攻撃をされてしまうと、精神的ダメージを受けてしまい、やがて元気がなくなり食欲も落ちてしまうこともあります。そのような状況にならないための、飼い主ができる対処法については次の通りです。

飼い主さんができることは「先住犬を優先すること」です。もちろん新入りの犬にも愛情を注ぐことは大切ですが、新入りには先住犬の次という順序を理解させることが大切。

先住犬は優先されることで新入りへのヤキモチが減り、新入りも順序を受け入れることで秩序を守ろうという意識が働きます。犬は群れで生活をするので、人間よりも飲み込みは早いものです。

新しい犬を迎える際には、少しずつ距離を縮めるようにしましょう。落ち着くまでは、新入りの行動範囲を制限しながら慣らしてみてください。

まとめ

2匹の犬

犬同士のいじめは順番争いによるものです。多頭飼いされる方は先住犬と新入りの順序への配慮をしながら接してみてください。性格や相性の問題もあるので、必ず仲良しになるとは限りませんが、落ち着いた関係を目指せると思います。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。