犬が『やめてほしい』と思っている時にする仕草や態度5選

犬が『やめてほしい』と思っている時にする仕草や態度5選

犬は喜怒哀楽の気持ちをハッキリ伝える生き物となり、嫌な気持ちになったときは仕草や態度で「それはやめてほしい」と相手に自分の想いを伝えることがあります。犬が嫌がっているときに行う仕草や態度を知っておくと犬の気持ちを理解しやすくなりますよ。

お気に入り登録

1.ストレスを感じたときに行う仕草をする

あくびをする

人と同じように感情をしっかり持っている犬は「いやだなぁ…」「やめてほしいなぁ」と感じると、様々な仕草や態度で相手に嫌だと感じてる気持ちを伝えることが多かったりします。犬が嫌がっているときは…、

  • あくびをする
  • 体をブルブルさせる
  • 自分の鼻をなめる
  • 自分の足をなめる

などの仕草を見せることがよくあり、この様な仕草には『ストレスを感じている』『気持ちを落ち着かせようとしている』といった共通の意味が込められていて、相手に対して間接的に「やめてほしい」という気持ちを伝えているといえるでしょう。

例えばグッスリ寝ている愛犬を触ったときにこのような仕草をされた場合は「気持ちよく眠っていたのに…」とあなたに対して嫌な気持ちを伝えている可能性が高いといえますね。

2.触られないようにする

少し警戒する犬

犬の前足を触ったら前足を引っ込められた。鼻を撫でようとしたら顔をプイっと背けられた。といった感じで触ろうとした部分を触れられないように避けられたときは、「そこは触らないで」と嫌がっている可能性があります。

犬は『足』『マズル(鼻周り)』『しっぽ』といった部分を触られるのが苦手な傾向にあるので、そういった場所を触ろうとしたときに犬が嫌がった場合は何かしらの目的があるとき以外触るのをやめてあげてくださいね。

ちなみに犬が「やめてほしい」と気持ちを伝えているのにもかかわらず、無理やり何度も触っていると信頼関係にヒビが入ってしまう可能性があるといえるでしょう。ですので歯磨きやシャンプーなど犬にとって必要なことをするときに嫌がる場合は少し我慢させる必要がありますが、それ以外のときはできる限り嫌がる場所を触らないことをおススメします。

3.その場から離れる

視線の端で様子を見ているような犬

くつろいでいる愛犬を触ると愛犬が別の場所に行ってしまった。おそらく犬の飼い主ならそういった経験が一度はあると思います。愛犬を構ったときにどこかに行ってしまう場合は「そっとしておいてほしい」といった気持ちになっていることが多いといえるでしょう。

また、愛犬がオモチャを使ってひとりで遊んでいるときに一緒に遊ぼうとすると、愛犬がオモチャを咥えて別の場所に移動する。といった態度をとるときも同じように「ひとりで遊びたいの!」と嫌がっている可能性があります。

このように愛犬が自らあなたから離れるときは構わないでほしいと思っていることがよくありますので、そういう場合はひとりで過ごさせてあげると良いと思いますよ。

4.歯をむき出しにしながら唸る

歯をむき出しにする犬

犬が強い気持ちで「やめてほしい」と感じているときは『歯をむき出しにする』『唸る』といった警告の意味を込めた態度を示すことが多いといえます。

このような態度は明らかに『怒っている』『嫌がっている』といった気持ちが伝わってくるものとなりますよね。警戒を込めた態度を行うときは限界ギリギリまで耐えている状態となるので、もし犬が歯をむき出しにしたり唸ったりした場合は基本的にすぐ嫌がっていることを止める必要があるといえます。

5.本気噛みをする

腕を噛む犬

犬が「やめてほしい」といった意味を込めて歯をむき出しにしたり唸ったりしているのにもかかわらず、嫌がることや苦痛を感じることをしてしまうと犬は最終手段ともいえる態度をとることになります。

多くの場合『自己防衛』のために攻撃的な態度を見せることとなり、まくし立てるように吠えたり本気で噛むといった行為を行うことがほとんどといえるでしょう。

一度でも愛犬が自己防衛のために本気噛みを行ってきた場合は、残念ながらほとんどの場合その時点で愛犬との信頼関係が大きく崩れた状態になってしまうといえるでしょう。再び愛犬と信頼関係を築き直すのは長い時間と根気が必要となりますので、信頼関係が崩れないよう愛犬が嫌がる素振りを見せたときはできる限り嫌なことをやめてあげてくださいね。

まとめ

程よい距離感の犬と人

今回は犬が「やめてほしい」と嫌がったときに見せる仕草や態度を5つご紹介しました。嫌がっている仕草や態度を見せているのにもかかわらず嫌がることをし続けてしまうと、犬にストレスを溜め込ませることになったり、信頼関係が崩れたりする危険性があるといえます。

愛犬が大好きな飼い主対して嫌がる素振りを見せたときは「嫌なことをしないでほしい」と強く想っていることになりますので、何かしらの目的があるとき以外は信頼関係が崩れないようできる限り嫌なことをやめるようにしてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。