人が多い場所で愛犬と歩く時の『NG行為』4選

人が多い場所で愛犬と歩く時の『NG行為』4選

犬を飼っていると、ちょっとしたおでかけでも犬を連れて行きたくなるのが飼い主の心理。しかし、周囲の人が全員同じ気持ちとは限りません。今回は、人が多い場所で注意して欲しい「NG行為」をお伝えしていきます。

お気に入り登録

人が多い場所へ犬と出かける際のNG行為

人混みの中にいる犬

1. ロングリードを付けて歩く

人が多い場所でのロングリードの装着は、飼い主と犬の距離が遠ざかり、離れ離れになる可能性があります。また、その間に首輪がゆるくて外れてしまったら、犬が迷子になる恐れもあるのです。飼い主の視界に入る位置に犬がいるかどうか、常に注意深く確認する必要があります。

2. 犬を自由に歩かせる

人を見上げる犬

人混みにおいて、足元を見たり犬を気にしてくれる人は少ないです。そもそも犬の存在自体に気付かず、踏まれたりぶつかられてしまう危険性があります。

しかし、犬を守るのは飼い主の管理責任となるため、相手の方を責めることは出来ません。散歩のつもりで、犬を自由に歩かせることは控えましょう。

3. お店の前に犬を繋ぐ

外に繋がれている犬

犬をお店の前に繋いでひとりぼっちにさせることは、犬にとっても飼い主にとってもマイナスとなる行動です。置いていかれた犬は不安でたまらなくなりますし、飼い主も犬の様子が心配でソワソワしてしまうと思います。もしも犬が誘拐されるような事態が起きたら、飼い主は一生後悔することになってしまいます…。

4. 知らない人に犬を触らせる

人が大勢いる場所を好む犬は、恐らくあまりいないでしょう。知らない人に周りを囲まれていたら、犬は緊張して辺りを警戒し、気が張っている状態になります。知らない人に触られたら、その拒否反応で噛み付いてしまうかもしれません。

愛犬と周囲の人、両方に対する配慮

リードをくわえた犬

混雑が予測出来る時間帯は避ける

観光地やイベントでは、混雑する時間帯が予めHPやアプリで予測されていたりします。犬連れで出かける際は、人が集中するピークの時間帯は避け、空いている時間帯が狙い目です。人が少なければ、ゆっくり犬のペースに合わせて歩けるため、飼い主共々負担が軽減出来ます。

犬嫌い、犬アレルギーの人に対する理解

犬を連れていると「可愛い♡」と褒められることもあれば、怪訝そうな面持ちで見つめられることもあります。世の中には、犬が嫌いだったりアレルギーを持っている人がいるため、こればかりは人によって仕方ないと思います。好き嫌いを理解した上で、周囲へ迷惑をかけないように気を付けましょう。

犬を抱っこして歩く

女性に抱っこされる犬

中型犬・大型犬はサイズ的に厳しいかもしれませんが、小型犬であれば抱っこして移動するのが安全です。飼い主に触れていると、安心出来る匂いに包まれて犬がリラックスしてくれます。
ペットバギーにタオルやブランケットを敷き、犬を乗せて連れ歩くのも良いです◎

犬はみんな人見知り!

手を怖がる白黒の犬

犬は生後90日くらいまで巣穴で育ち、母親と兄妹しか知りません。その後巣穴から出て外で見るものは、全て「敵」と判断します。そのため、犬の習性として、人見知りは当たり前のことなのです。子犬のときの経験値が後々の生活に影響してきます。

まとめ

バッグに入るポメラニアン

犬は大きな音を怖がるため、花火大会のようなイベントには、連れて行かない方が無難です。嫌がるのに連れて行くのは、飼い主のエゴです。

犬と一緒にどこかへ出かける際は、「犬が楽しめる場所なのかどうか」「排泄出来る場所はあるのかどうか」おでかけ前にリサーチしておくことをおすすめします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。