犬の写真を撮る時に絶対してはいけない『NG行為』5選

犬の写真を撮る時に絶対してはいけない『NG行為』5選

可愛い愛犬の写真は、たくさん撮りたくなってしまいますよね。もちろん、愛犬の写真を撮ることはまったく問題ありません。しかし、犬の写真を撮る時には、愛犬にストレスを与えないよう注意が必要です。今回は犬の写真を撮る時に絶対してはいけない行為を紹介します。

お気に入り登録

犬の写真を撮る時に絶対してはいけないNG行為とは

カメラと犬

皆さんは日頃、愛犬の写真を撮っていますか。今ではスマホで簡単に写真撮影ができるので、気軽に愛犬の写真を撮ることができますよね!しかし、愛犬の写真を撮る時には、愛犬に対して配慮が必要です。今回は、犬の写真を撮る時にしてはいけない行為を紹介します。

1.フラッシュを焚いて撮影する

フラッシュを焚いて撮影

犬を撮影する際、きれいに写真を撮るためにとフラッシュを焚いて写真を撮影していませんか。最近はスマホのカメラでもフラッシュが焚けるようになって、たしかに夜間であっても撮影しやすいというメリットがあります。

しかし犬の撮影にフラッシュをたくと、ビックリして不安や恐怖を感じやすいだけでなく、目の網膜に悪影響を及ぼし、障害を引き起こす恐れがあります。

夜間にきれいに撮影したいという思いは理解できますが、愛犬のストレスや健康面を考え、フラッシュ撮影はやめましょう。

2.可愛い写真が撮りたいからと無理に服を着せる

「できるだけ可愛い写真を撮ってあげたい!」と、愛犬の写真を撮る際には、誰もが思うことでしょう。しかし、嫌がる愛犬に無理強いをすることはいけません。

特に、可愛い写真を撮りたいという理由で機能的でない服を着せて写真撮影をする飼い主さんは多いですが、犬が嫌がる素振りをみせるようであれば、やめてあげましょう。

犬にとって服を着ている状態は自然ではありません。ストレスを感じる犬の方が多いので、機能的な理由のない単なる装飾としての服を着せて撮影する際は、愛犬がストレスを感じていないか注意深く見ていてあげましょう。

3.被写体として犬と犬に有毒な植物を近付ける

彼岸花

美しい背景や可愛い小物と一緒に愛犬を撮影したい…。一度は思いますよね。しかし、犬と一緒に写す被写体には気を付けましょう。

特に、食べ物や植物は犬にとって有害な物が非常に多いです。最近では、梅雨の時期にあじさいと一緒に愛犬の写真を撮影している飼い主に対し、多くの専門家が警告していました。あじさいは、犬にとって有毒だからです。

秋に咲く真っ赤な彼岸花(曼殊沙華)も犬と一緒に撮影したくなる美しさですが、これも犬にとっては毒となります。

撮影している最中に間違えて食べてしまった場合、物によっては命に危険が及ぶ可能性もあります。一緒に撮影する小物には気を付けてください。

4.長時間写真撮影を続ける

愛犬の可愛い写真を撮影したいからといって、長時間続けて写真撮影をすることはやめましょう。長時間写真撮影を続けることは、愛犬にとって苦痛に感じるからです。

犬にとって写真撮影という概念は基本的にないため、何のために同じポーズをさせられたり、その場から立ち去ってはいけないのかが理解できません。そのため、不安や不満、退屈さを感じてしまうのです。

不安や退屈さは犬にとってストレスになります。長時間の撮影は避け、満足の行く写真が撮れないという場合は、別の日に行ったり、休憩を十分にとってから再チャレンジしましょう。

5.カメラやレンズを近付ける

カメラのレンズに怯える犬

スマホのカメラや、カメラのレンズを犬に必要以上に近付けてはいませんか。犬は自然でない人工的で圧を感じやすいレンズに対し、不安や恐怖を抱きやすいです。

そのため、写真撮影する際は、カメラやレンズを近付け過ぎないように注意してください。可能であれば、望遠レンズを使い、遠くから撮影しましょう。そうすることで、遠くからでも鮮明に撮影できますし、写真に奥行きを出すことができますよ。

まとめ

犬の写真を撮る男の子

いかがでしたでしょうか。犬の写真を撮ることは素敵なことですが、愛犬にストレスを与える行為はやめましょう。できるだけフラッシュを焚かずに済む日中に、愛犬に気付かれないようそっと遠くから撮るのが理想ですよ。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。