『犬と一緒に寝てはいけない』って本当?その理由や考えられるリスク

『犬と一緒に寝てはいけない』って本当?その理由や考えられるリスク

犬と生活をする中での幸せな瞬間のひとつが、犬と一緒に寝ることではないでしょうか?そのため、「犬と一緒に寝てはいけない」という情報を目にして心配になる人も多いはず。やみくもに不安がるのではなく、その理由やリスクを知り正しい判断をできるようにしましょう。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

理由やリスク①不衛生・アレルギー

足が汚れているレトリバー

犬と一緒に寝ることで気になるリスクとして、寝具の清潔を保つことがむずかしく(大変に)なるということが挙げられます。

犬は散歩中にどうしても体が汚れてしまいます。特に汚れやすい足やお腹、お尻などはきれいに拭いたり洗ったりしている人もいるかもしれませんが、地面に近い位置にいる犬の体には砂ぼこりがついていたり、ノミ・ダニなどの害虫が毛の中に入り込んでいることがあります。

毎日シャンプーしているという家庭はほとんどないでしょうから、どうしても汚れた体で布団に入ることになってしまいます。

多少汚れても気にしないというのであれば問題ありませんが、赤ちゃんが寝る布団や肌が弱い・アレルギー体質の人がいる場合などは注意した方がいいでしょう。花粉症の季節などは、犬の毛に花粉が入り込んでしまっていて、犬と寝るとくしゃみが止まらなくなってしまうなどということもめずらしくありません。

理由やリスク②お互いに怪我をする可能性がある

後ろ足を怪我している犬

犬とくっついて寝る場合、寝返りを打った時に犬の足や尻尾を体で踏みつけてしまったり、ベッドから落としてしまったりすることがあります。そうすることで犬が骨折などの怪我をすることもありますし、痛みに驚いた犬が反射的に近くにいる人のことを噛んでしまうことなどもあります。

お互い寝ている時に、無意識で起こることだからこそ力加減ができず、さらに防御の態勢や受け身を取ることができないので思わぬ怪我につながることがあることを覚えておきましょう。

理由やリスク③精神的自立ができない

外を眺める犬

犬と一緒に寝ることは、犬も飼い主さんもお互いにとても幸せな気持ちになることだと思います。しかし、飼い主さんへの依存心が強くひとりきりでいることが苦手なタイプの犬の場合は注意が必要です。一緒に寝ることでその時は安心できるかもしれませんが、依存心がより一層強くなってしまい分離不安になってしまう可能性があるからです。

留守番などひとりで過ごす時間に不安を感じてしまい、いたずらや吠えなどの問題が起きている場合には、一緒になることも控えた方がいいと思います。ひとりの時間を落ち着いて過ごせるようにあえて離れて過ごす時間をつくることも大切です。

まとめ

寝ている女性とビーグル

実は、「犬と一緒に寝てはいけない」という考え方が広まったそもそもの理由は、ここで紹介したような衛生面や安全面の問題でありません。少し前まで犬のしつけや関係性づくりにおいて、飼い主が犬の“リーダー”になることが必要とされ、寝床を一緒にすることでその関係性が崩れてしまうと考えられていたのです。

これと同様の考えから「ドアは飼い主が先に出なければいけない」「食事は飼い主が先」といったルールも大切だと言われていました。

しかし近年ではその“リーダー論”自体が疑問視されるようになり、一緒に寝ることや食事・ドアの出入りの順番は関係性づくりにおいてそれほど重要ではないと考えられています。

犬と一緒に寝ることで単純にお互い幸せを感じられるだけでなく、ストレスの軽減や血圧低下、血行促進などの健康効果も得られるということも研究により明らかになっています。犬と一緒に寝ることにはこのようなメリットもあるので、衛生面や安全面を確保すれば悪いことではないでしょう。

ただし、日頃のしつけや関係性づくりがうまくいっておらず、分離不安の症状や攻撃性を伴うワガママさなどが見られる場合は一緒に寝ることは避けた方がいいと思います。愛犬と一緒に寝るために、まずはしっかりとしつけを行い適切な関係を築きましょうね。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 男性 匿名

    私はいつも一緒に寝て癒されてます!
  • 投稿者

    男性 匿名

    ほんとに、我がワンコと一緒に寝ることは血圧を下げる薬と同等以上の降圧効果があります!
  • 投稿者

    40代 男性 ミンパパ

    いつも布団の中に入ってきますが、しばらくすると出ていきソファーで寝たり押入れで寝たり、他の家族のベッドに潜り込んだり。
    その後また戻ってきて、布団に潜り込みます。
    以上を夜の間に2〜3回繰り返してます。
    これはどういう心境なんでしょうかね?
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。